フジテレビ上席解説委員「私たちが苦しんでいるのは、日本という国が、この社会の空気が、安倍さんを殺してしまったのではないかということなのだ。」→我々は、安倍元総理に甘えていたのではないか??一致団結し、外敵に備えよう!!

0 Shares

フジテレビ上席解説委員の平井文夫氏が、安倍元総理の暗殺を受けて、重大な記事を掲載した!! 「私たちが苦しんでいるのは、日本という国が、この社会の空気が、安倍さんを殺してしまったのではないかということなのだ。」と言うのだ。我々は、安倍元総理に甘えていたのではないか?? 今こそ、国内は、反省し、一致団結し、外敵に備えよう!!それが無念にも倒れた安倍元総理に報いる道だ。 フジテレビ上席解説委員「私たちが苦しんでいるのは、日本という国が、この社会の空気が、安倍さんを殺してしまったのではないかということなのだ。」 平井文夫氏は、7月9日、安倍元総理の死を受けて、記事を寄稿した。 7月8日昼前に安倍晋三元首相銃撃の一報が入った後、心肺停止の情報、「ドーンドーン」という銃撃音、安倍氏が倒れている映像などが次々に入ってきて、胸の中に重い塊が入っているような苦しさを感じた。 引用元 安倍晋三さんを死なせたのは誰だ その通り、だ。だからこそ、多くの人々が安倍元総理の死に衝撃を受け、暗殺現場や自民党本部や葬儀場や山口県の安倍事務所に記帳や献花に訪れているのだ。政治に関心のなかった人たちまでが、多く訪れているのは、ショックで苦しいからだ。 そして、平井文夫氏は、今回の警備への影響に過去の判例が影響したのではないかと、疑問を投げかける。 今回、警視庁のSPや奈良県警による警備が甘かったという批判があるが、3月に札幌地裁で出た判決を思い出した人は多いはずだ。安倍氏の札幌での選挙演説中に「安倍辞めろ」とヤジを飛ばし警官に制止された男女が「政治的表現の自由を奪われた」と訴えて勝訴したのだ。 たとえ明らかに演説妨害に見えるヤジであっても「表現の自由」であるならば、街頭演説における警備というのはやりにくくなるだろう。あの判決以来、現場で警官による職務質問が減っているという話を聞いたことがある。 今回も容疑者がふらふらと近づいてきた時に、なぜ現場の警官が職質しなかったのか不思議だった。もしそういう「空気」があるとしたらこれは極めて危険なことだ。 引用元 安倍晋三さんを死なせたのは誰だ 今回の警備の甘さは、論外だ!海外からの専門家からも批判が相次いでいる!!また、例の判決は、街宣車に走り出した男を取り押さえた行為は、合法だともしている。この判決そのものが事件につながったと言うのは、間違いだ。 しかし、もしも平井氏が指摘するように、職質をやりにくくなる雰囲気が出ていたのであれば、危険な事態であろう。 そもそも、だ。安倍元総理に対する罵倒や誹謗中傷を、我国の社会が放置していたことが、感覚を麻痺させ、安倍元総理暗殺と言う事態に対する現実感を奪ったのではないか???平井氏は、そういう趣旨の指摘をしている。 安倍氏は首相時代に演説の妨害が続いたため遊説日程を公表しないこともあったが、退任して2年近くがたち、最近は予定を公表していた。 「闘う政治家」だった安倍氏に対しては攻撃もまた激しかったが、中には「許さない」とか「死ね」とか明らかに常軌を逸したものもあった。そしてそうした言動に対して私たちは「ダメだ」とはっきり言ってこなかったのではないか。 岸田首相は「卑劣な蛮行は許せるものではない」「決して暴力には屈しない」と言ったがそんなことは言われなくてもわかっている。私たちが苦しんでいるのは、日本という国が、この社会の空気が、安倍さんを殺してしまったのではないかということなのだ。 引用元 安倍晋三さんを死なせたのは誰だ その通りではないか??? 皆、安倍元総理に対し、言いたい放題だった。アベだの死ねだの病気を揶揄したりだの言いたい放題だった。それなのに、安倍元総理が国会でちょっと言い返すと、更に罵倒した。 しかし、安倍元総理は、一度も被害届を出さなかった。名誉棄損で訴訟することもなかった。 我々は、余りに安倍元総理に甘えていたのではないか??安倍元総理の器と大きさに甘えて、甘え切って、こんな事態になってしまった。卑劣な暗殺犯によって、こんなことになってしまった。 もうこんなことが許されてはならない。今こそ、こうした中傷を止め、冷静になり、一致団結し、外敵に備えよう!!

0 Shares
Read more

安倍晋三氏、安倍昭恵氏の取材を重ねてきたライター『「安倍元首相の死は自業自得だ」と言う安倍批判派の人たちに伝えたい…』

0 Shares

「安倍元首相の死は自業自得だ」と言う安倍批判派の人たちに伝えたい「安倍晋三・昭恵夫妻」の知られざる姿 安倍元総理の功罪の検討や、政治手腕に対する批評などはもちろん冷徹に行わなければならない。その中で、昭恵さんに対する批判的言及が出てくるのも避けられるものではないし、冷静客観的、という前提はあるが、避けるべきでもないだろう。 しかし、である。まずは人間として、安倍元総理の逝去、そして「最愛の人」を失った昭恵さんの立場に思いを寄せられないものだろうか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/86d66705f90a9a5a52a09e7cd1d4fb9c17e485f1?page=1 安倍晋三 記事によると… ・安倍晋三元首相は生前、さまざまな批判にさらされた。本当はどんな人物だったのか。 安倍晋三氏、安倍昭恵氏の取材を重ねてきたライターの梶原麻衣子さんは「安倍元総理は、夫婦関係や人付き合いについては極めてフラットで、むしろリベラルだった」という。 ■「晋ちゃん、晋ちゃん」と声をかけた 「行く先々で、初めてお会いした方々が『応援しています』『昭恵さん、頑張って』と声をかけてくださる。そのたびに、『夫は本当に多くの方に支えていただいていたんだな』と思うんです。私も、たくさんのご縁に感謝しながら日々を過ごしています」 こんな一言からも、安倍昭恵さんの夫・安倍晋三元総理に対する思いや姿勢が伝わってくる。 報道によれば、昭恵さんは安倍元総理に「晋ちゃん、晋ちゃん」と声をかけたというが、返事はないままだった。昭恵さんの心中はいかばかりだったか、想像を絶する。 ■「総理をやめてから、ようやくスマホにして、私に自慢してくる」 「主人は総理をやめてから、ようやくスマホになったんですよ。だから機能が珍しいみたいで、私に自慢してくる。『私はあなたよりもずっと前からスマホなんですけど』って(笑)」とも。ほほえましい、どこにでもいる夫婦のやり取りの一端が垣間見えた。 ■夫婦関係や人付き合いは極めてフラットでリベラル 政治思想的、特に家族政策などについては強固な保守と言われる安倍元総理だが、夫婦関係や人付き合いについては極めてフラットで、むしろリベラルだったようだ。 例えば「家庭内野党(昭恵さんがファーストレディでありながら、夫とは違う脱原発政策を主張した際に言われた言葉)」を評価する声が多かったころ、昭恵さんは明確に安倍元総理と政治主張が違う人たちと積極的に会っていた。自分が会うことで「私が話すことで、夫を理解してもらえるかもしれないし、夫にも普段とは違う意見を伝えられるから」だと述べている。 政治家だから、というだけでは済まないほどの困難を乗り越えてきた二人なのだ。 安倍元総理の功罪の検討や、政治手腕に対する批評などはもちろん冷徹に行わなければならない。その中で、昭恵さんに対する批判的言及が出てくるのも避けられるものではないし、冷静客観的、という前提はあるが、避けるべきでもないだろう。 しかし、である。まずは人間として、安倍元総理の逝去、そして「最愛の人」を失った昭恵さんの立場に思いを寄せられないものだろうか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/86d66705f90a9a5a52a09e7cd1d4fb9c17e485f1?page=1 安倍晋三 安倍 晋三は、日本の政治家。 衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、自由民主党幹事長、内閣官房長官、清和政策研究会会長、自由民主党幹事長代理、内閣官房副長官等を歴任した。後述の選挙演説中の銃撃事件により死去。67歳没。

0 Shares
Read more

共産党横浜市議団、安倍元首相の追悼記帳所設置に抗議 自民・三原じゅん子氏が反論「民意を大切にすべき」

0 Shares

© スポーツニッポン新聞社 三原じゅん子氏 自民党の三原じゅん子(57)氏が13日、自身のツイッターを更新。横浜市が選挙活動中に銃撃されて67歳で死去した安倍晋三元首相への追悼記帳所を設置したことについて、日本共産党横浜市議団が中止を求める声明を出したことに言及した。 日本共産党横浜市議団は12日、横浜市が市庁舎に安倍晋三元首相を追悼する記帳所を設置したことについて、市民から「評価の分かれる政治家への追悼に公の市がかかわるのはおかしい」などと抗議の声が寄せられたことを理由に中止を求める声明を発表した。公式ツイッターには「市庁舎への安倍晋三元首相を追悼する記帳所設置と市職員配置は直ちに中止を。本日団長声明を発表しました。市の対応は県に倣ったと説明していますが、設置理由はあいまいであり、公平公正であるべき自治体のあり方に反すると言わざるを得ません」などとつづっている。 これに対し三原氏は「設置理由があいまいと言うなら、その抗議理由こそあいまいだ!」と反論。「何より市民の民意を大切にすべき」と呼びかけた。

0 Shares
Read more

池上彰も思わず「はぁ?」  生稲晃子氏「選挙特番は全局拒否」に呆れる声相次ぐ

0 Shares

2022年7月10日放送の「池上彰の参院選ライブ」(テレビ東京)で、東京選挙区に自民党から出馬している元「おニャン子クラブ」の生稲晃子氏(54)が、全ての選挙特番のインタビューを断っていると伝えられた。 その理由について、陣営側が「国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないからだ」と答えた、との情報も伝えられた。 「なんで立候補したの?」 池上彰氏(71)が、生稲氏について「安倍さんの事件が起きる前に、『是非この番組に出演していただきたい』とお願いをしたんですが、この番組だけではなく全てのテレビ局のインタビューに応じては頂けないという結果になってしまいました」と報告した。 池上氏が「さぁどうしてなんでしょう」と問いかけると、同局の記者は「『どうして生稲さんが中継に出て頂けないのか』と、陣営の関係者に取材したところ、匿名を条件に答えてくれました」と答え、『生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないからだ』と仰っていました」だと明かした。 池上氏は、この回答に「はぁ?」と呆れた調子で反応し、その姿勢に苦言を呈していた。 番組が伝えた生稲氏の対応について、SNS上では「なんで立候補したの?」「有権者を馬鹿にしてるの?」といった声が上がっている。  

0 Shares
Read more

【泣】麻生氏の弔辞、全文公開される

0 Shares

2022年07月13日08:45 / カテゴリ:自民党 1: トンキニーズ(東京都) [SE] 2022/07/13(水) 07:50:40.89 各国首脳から「安倍は何と言っている」、日本人として誇らしい気持ちに…麻生氏弔辞 安倍先生、今日はどういう言葉を申し上げればよいのか、何も見つけられないまま、この日を迎えてしまいました。参院選の街頭遊説のさなかに凶弾に倒れた。いくら何でもそれはなかろう。この事態は私にとって、到底受け入れられるものではありませんでした。そしてまた、多くの国民もやり場のない怒りや悲しみに暮れております。誰もがどうお悔やみを申し上げればよいのか、その言葉すら知りません。 ただただ、ご冥福をお祈りするばかりであります。振り返りますと、先生と私は随分長い時間、お付き合いをさせて頂いたことになります。時に官房副長官と政調会長、時に総理と幹事長、時に総理と副総理として、先生とは政策、また政局において様々な課題に取り組んで参りました。そこにありましたのは、先生との信頼関係。いかなる局面においても、日本という国、及び国益を最優先する信念、先生と私をつなぐ一番の絆であることを確信しております。(略 全文はリンク先へ [読売 2022.7.13] https://news.yahoo.co.jp/articles/ef6f28ab08d22074e034490b536e57e49db50c0f 4: トンキニーズ(東京都) [SE] 2022/07/13(水) 07:51:34.08 ただ先生と苦楽を共にされて、最後まで一番近くで支えて来られた昭恵夫人、またご親族の皆様もどうかいつまでも温かく見守って頂ければと思います。そのことをまた、家族ぐるみのお付き合いをさせて頂きました友人の一人として心からお願いを申し上げる次第であります。 まだまだ安倍先生に申し上げたいことがたくさんあるのですが、私もそのうちそちらに参りますので、その時はこれまで以上に冗談を言いながら、楽しく語り合えるのを楽しみにしております。正直申し上げて、私の弔辞を安倍先生に話して頂くつもりでした。無念です。 令和4年7月12日 元内閣総理大臣 友人代表 麻生太郎 長いです、全文はリンク先へ [読売

0 Shares
Read more

安倍元首相葬儀で麻生氏「私の弔辞、読んでほしかった」「日本を思い、国益を最優先する信念が先生と私をつなぐ絆だった」/ネット「また麻生さんが泣かせる・・」

0 Shares

安倍元首相葬儀で麻生氏「私の弔辞、読んでほしかった」 安倍元首相葬儀で麻生氏「私の弔辞を話してほしかった」https://t.co/8YYzXRTKnL — 日本経済新聞 電子版(日経電子版) (@nikkei) July 12, 2022 自民党の麻生太郎副総裁は12日、銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の葬儀で弔辞を述べた。安倍氏の遺影を前に「正直申し上げて、私の弔辞を安倍先生に話していただくつもりだった。無念です」と語りかけた。 「いかなる局面でも日本という国を思い、国益を最優先する信念が、先生と私をつなぐ絆だった」と振り返った。「各国が進むべき羅針盤を必要とする今このときに、あなたを失ってしまったことは日本という国家の大きな損失だ」と盟友の死を悼んだ。 「私もそのうち、そちらに参りますので、これまで以上に冗談を言いながら楽しく語り合えるのを楽しみにしている」と呼びかけた。 安倍氏の妻、昭恵さんは謝辞で「主人は麻生先生のことを本当に憧れていたので、喜んでいると思う」とこたえていた。 ネットの声 また麻生さんが泣かせることを言う。せっかく乾いた涙がまた溢れてきました。 こんなん泣くわ・・ 人生は理不尽だ。。こんないい人が、こんなに国を想う人がなくなるなんて。。 今まで現実感なくて、どこか違う世界の話って感じだったんだけど、これはもう無理だ。一気に来る。。 うう、これは泣いちゃうな。麻生さんもムリしないで。 泣いた。こんなに泣いたのは親が亡くなって以来だ。 ただただ、悔しくて泣けてくる 麻生安倍中川の3人で自分が最後になろうとは当人には予想だにしなかっただろうに。。。

0 Shares
Read more

共産・志位委員長「日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と言いつつも、維新国民について「与党の補完勢力」

0 Shares

参院選を振り返り、日本共産党の志位和夫委員長が野党共闘について「共闘を進める上ではいろいろな課題を残したと思っている」「今後に課題を残しているが、日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と語った。 志位氏は野党共闘について「だいたい半分の1人区では一本化ということでできた」と評価したが、その1人区の結果が自民党の28勝4敗。 共産党の志位和夫委員長は10日、文化放送に出演し、同日投開票の参院選での立憲民主党などとの野党共闘について「(改選)1人区の共闘を進めてきた。だいたい半分の1人区では一本化ということでできた。ただ、共闘を進める上ではいろいろな課題を残したと思っている」と述べた。 引用元 共産・志位和夫委員長「野党共闘、課題残した」 参院選受け 志位氏はテレビ東京番組で「今後に課題を残しているが、日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と述べた。 引用元 共産、改選6議席に届かず 志位委員長、野党共闘に意欲 記者会見でも次のように述べていた。 一、野党共闘については、今度の選挙でも野党共闘が成功するように、総選挙の結果を踏まえて最大限の努力をしてまいりました。結果として32の1人区のおよそ半分で野党の候補が1人に絞られ、さまざまな形で野党共闘が取り組まれました。その中で勝利を勝ち取った選挙区もいくつか生まれました。とくに大激戦となった沖縄で「オール沖縄」のイハ洋一さんの勝利を勝ち取った意義は大きなものがあります。 ただ、課題を残したことも事実だと思います。今度のたたかいのなかで良かった点とともに問題点も率直に議論して、次の方向をみんなで探求する、そして前途を開拓する努力をしていきたいと思っております。 やはり日本の政治を変えるには共闘しかないと強く確信しております。困難はあっても市民と野党の共闘を発展させるという立場で今後の政治に臨みたいということを申し上げておきたいと思います。 引用元 参議院選挙結果について 志位委員長が記者会見 確かに、与党に対抗するには野党が一つにまとまる必要がある。そのはずだが、志位氏は日本維新の会と国民民主党について「与党の補完勢力と考えている」と選挙前の考えを依然として持ち続け、今後も連携しないという。そんなことを言っている場合ではないと思うのだが。。。 また日本維新の会と国民民主党については「私たちは野党ではなくて、与党の補完勢力と考えている」と述べ、この2党との連携は今後も行わないとの考えを示した。 引用元 共産・志位和夫委員長「野党共闘、課題残した」 参院選受け もちろんこれは日本維新の会と国民民主党も同じ意見だろう。両党とも共産党との連携は考えていない。 参院選の結果を振り返ると、日本維新の会は議席を倍増させ、立憲民主党を脅かす存在になり、国民民主党は議席こそ減らしたが比例票は衆院選よりも増やしている。それに比べ、立憲民主党と共産党は議席数も比例票も減らしている。今後の野党共闘を考えると両党の存在は無視できないはずだ。むしろ、立憲民主党が維新国民と連携を図り、共産社民を切り捨てる方がまとまると思うし、有権者からの支持も受けやすく与党にとっては脅威だろう。ただ、立憲民主党が日本維新の会とバチバチの関係であるうちはまとまることはないだろうが。 それと、なぜ今回の野党共闘が大敗したのかと言えば、やはり国民が現実的に安全保障について考え始めた結果だと思う。戦争回避には外交しかないと訴える立憲民主党や共産党よりも、国防を充実させてほしいという有権者の考えが選挙結果に表れたのだと思う。 ちなみに、志位氏の進退についてだが、党大会に委ねるという。 共産党の志位和夫委員長は10日、日本テレビ番組で、同日投開票が行われた参院選の結果を受け、自身の進退を問われ「党大会で決めること。私は夢中でやってきた。22年務めているが、大会でまた選んでいくことになる」と語った。 引用元 共産・志位氏、進退問われ「党大会が決める」 まだまだ志位委員長体制が続きそうだ。

0 Shares
Read more

安倍元首相へ弔意 259の国・地域など1700件以上

0 Shares

安倍元首相へ弔意 259の国・地域など1700件以上 記事によると… ・林芳正外相は12日の記者会見で、参院選の応援演説中に銃撃され、死亡した自民党の安倍晋三元首相への弔意を示すメッセージについて、これまでに259の国・地域や機関などから計1700件以上寄せられたと明らかにした。 林氏は「安倍元首相が外交において残された大きな足跡を改めて感じている」と述べた。 2022/7/12 14:17 https://www.sankei.com/article/20220712-HN3S44KQ5ROBRNRTNEOUMAQUMU/ 林芳正 林 芳正は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位。 参議院議員、参議院外交防衛委員長、防衛大臣、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣、文部科学大臣などを歴任した。 生年月日: 1961年1月19日 (年齢 61歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・アベガーの異常さが際立ちますね ・岸田政権も含めて最も理解していないのは日本人かもな…亡くなってから気付いても手遅れだよ。 ・国葬にするべきなんじゃないですかね?むしろ国外で国葬にしないのか?と言ってそうです ・これだけ日本の事を考え、国際感覚に優れた政治イデオロギーが強い人はいなかったですよね。その強さに甘えている周りの政治家が多かったのは確かです。良い意味で、その差は目の上のたんこぶでもあったでしょう。 ・葬儀は弔うのはもちろん、残された人びとがお別れして心を整理するためにもある。世界中から声がお悔やみが寄せられているなら、国葬しないのは世界の人々への非礼となる。世界の人たちが冷静になり纏まる機会でもある、是非国葬を。 ・林、お前じゃダメだ ・取り返しがつかない

0 Shares
Read more

少年「日本のためにずっと、批判されたりしながら頑張っていたから、すごいなぁと思う」

0 Shares

2022年07月12日14:50 / カテゴリ:自民党 少年「日本のためにずっと、批判されたりしながら頑張っていたから、すごいなぁと思う」 https://t.co/QWeKobaVHM — もえるあじあ ・∀・ (@moeruasia01) July 12, 2022 これが全てよ — Sea Food :=͟͟͞͞🍣 (@sea_kai06) July 12, 2022 この少年が全部言ってくれた感ある — 真尋 (@mahiro403)

0 Shares
Read more

立憲現職の森ゆうこ氏、落選見込み 参院選

0 Shares

立憲現職の森ゆうこ氏、落選見込み 森友・加計問題で厳しい国会質問 記事によると… ・4選をめざした立憲現職で党参院幹事長の森ゆうこ氏が、参院新潟選挙区(改選数1)で落選の見込み。 7/10(日) 20:00 https://news.yahoo.co.jp/articles/3148d362ea795bd08f50123f633165ece0eac622 森裕子 森 裕子は、日本の政治家である。現在は立憲民主党所属の参議院議員で、立憲民主党参議院幹事長・拉致問題対策本部長を務める。文部科学副大臣、国民の生活が第一幹事長代行、日本未来の党副代表、生活の党代表、同代表代行、自由党幹事長などを歴任した。「森 ゆうこ」とも表記される。 生年月日: 1956年4月20日 (年齢 66歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・民意 ・良かった、新潟ありがとう ・落としてくれてありがとう ・まず一安心 ・森さん… ・新潟の皆様ありがとうございます!!! ・印象としてはまず品よ、品。 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more