トヨタ、ついに悲願のル・マン24時間初優勝! 中嶋一貴が日本車+日本人での初制覇を達成

第86回ル・マン24時間耐久レースは6月17日、フィニッシュを迎え、TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組8号車トヨタTS050ハイブリッドが388周を走りきりトップチェッカー。トヨタが日本メーカーとして1991年のマツダ以来となる優勝を飾った。日本車に日本人ドライバーが乗り込んでの優勝は史上初となる。 1985年にトムスの手によりトヨタ童夢85Cがル・マンに初挑戦し、86年からはトヨタ・チーム・トムスとして参戦。その後1994年までの活動、1998〜99年のTS020での活動、そして2012年からはハイブリッド搭載車で続けられてきたトヨタのル・マン24時間挑戦。これまで1994年、99年、そして残り3分で優勝を逃す悲劇となった2016年と、2位は複数回獲得しているが、その“未勝利”の歴史についに終止符が打たれた。 今季、ハイブリッドを搭載したメーカーワークスのマシンがトヨタのみとなったLMP1クラスで、戦力差はライバルに対し余裕がある状態ではあったが、24時間の戦いで何が起こるか分からないのがル・マン。特に2016年の経験、優位にレースを進めていながらことごとくトラブルに見舞われた2017年の経験があるチームは、スタートから他のLMP1車両を大きく引き離しながら、無用のトラブルを避けるべく走行を続けた。 途中、スタートから6時間ほどで8号車を駆る一貴と、7号車を駆る小林可夢偉が接近したり、7号車が先行するシーンもあったものの、朝にふたたびトップを奪い返した8号車が先行。終盤の11時43分には、7号車をドライブしていたホセ-マリア・ロペスがダンロップコーナーでスピンを喫するなど、2台の差は広がっていった。 8号車トヨタは、残り2時間22分というところで最後のドライバー交代を実施。アロンソから一貴に交代する。一方、7号車はロペスから可夢偉に交代し、チェッカーに向け周回を重ねていった。そして現地時間15時、2台はタンデムを組み、デイトナフィニッシュでチェッカー。メインストレートでアロンソとブエミを乗せた一貴は、恒例のウイニングランを終えると、週末ピリピリとしたムードを漂わせていたドライバークルーたちからようやく満面の笑顔が。 優勝はブエミ/中嶋一貴/アロンソ組8号車で、12年からの挑戦以来プロジェクトを支え続けた一貴が、嬉しい初勝利をポール・トゥ・ウインで飾ることに。また、世界三大レース制覇を目指すアロンソは、これでF1モナコグランプリとル・マン24時間制覇を成し遂げた。 2位はマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ロペス組7号車トヨタで、残り1時間40分というところで、インラップにピットに入り切れず一時スローダウンし、ひやりとさせたほか、燃料使用量や使用可能周回で2回の10秒ペナルティを受けるなどがあったが、TOYOTA GAZOO Racingは初勝利をワン・ツーフィニッシュで飾ることに。11周差の3位には、レベリオン・レーシングのトーマス・ローラン/マティアス・ベッシェ/グスタポ・メネゼス組3号車レベリオンR13が入った。4位には1号車レベリオンR13が入り、その他のLMP1勢はすべてトラブルに見舞われた。 激戦が展開されたLM-GTEプロクラスは、ミハエル・クリステンセン/ケビン・エストーレ/ローレンス・ファントール組92号車ポルシェ911 RSRが優勝。今季、70周年記念として1971年のポルシェ917/20に施された“ピンク・ピッグ”のカラーリングが、47年の刻を越えて優勝にたどり着いた。 終盤まで同じタイミングでピットインし、激しいバトルが展開された2位争いは、往年のロスマンズカラーをまとったリヒャルド・リエツ/ジャンマリア・ブルーニ/フレデリック・マコウィッキ組91号車ポルシェが入り、ポルシェが70周年をワン・ツーで飾った。3位はポルシェ勢と激闘を展開したフォード・チップガナッシ・USAのジョーイ・ハンド/ディルク・ミューラー/セバスチャン・ブルデー組68号車フォードGTが入った。 LMP2クラスは、序盤から首位を守りきったロマン・ルシノフ/アンドレア・ピッツィトーラ/ジャン-エリック・ベルニュ組G-ドライブ・レーシングの26号車オレカが優勝。2位は36号車アルピーヌA470、3位はグラフ-SO24の39号車オレカとなった。 LM-GTEアマクラスは、デンプシー・プロトン・レーシングの77号車ポルシェ911 RSRが優勝し、ポルシェ70周年に華を添えることに。澤圭太が乗り込んだクリアウォーター・レーシングの61号車フェラーリはクラス6位でフィニッシュ。石川資章がフィニッシュを担当したMRレーシングの70号車フェラーリはクラス10位でフィニッシュした。 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) https://www.as-web.jp/sports-car/380961?all  

Read more

【動画あり】NHKニュース7、北朝鮮「拉致は解決された」発言のニュースに、岩手県の「ちゃぶ台返し大会」のニュースを挿入して放送~ネットの反応「完全に拉致問題をネタにして遊んでるよな、これ」

ミトス@宮城@mitos7 2018/06/16 #ニュース7 より。米朝首脳会談で拉致問題のニュースを取り上げたとき、会談の合意がちゃぶ台返しされないかと、突如ちゃぶ台返し大会のニュースが挿入されて驚き。こっちで編集したんじゃなくマジでコレがテレビで流れた。 #nhk 2018/06/16 #ニュース7 より。米朝首脳会談で拉致問題のニュースを取り上げたとき、会談の合意がちゃぶ台返しされないかと、突如ちゃぶ台返し大会のニュースが挿入されて驚き。こっちで編集したんじゃなくマジでコレがテレビで流れた。 #nhk pic.twitter.com/0l1KKVS4ul — ミトス@宮城 (@mitos7) June 16, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://anonymous-post.com/archives/24888  

Read more

「韓国って47年も日本から援助を受けてたの?」血税“23兆円”「支援しても感謝はなし」

韓国、47年ぶりに「食糧援助を受ける国」から脱却 12日付の韓国紙・亜細亜経済によると、 47年間にわたる韓国の 「食糧援助を受ける国」 の歴史が11日、正式に幕を閉じた。 環球網が伝えた。 韓国のペ・ジェヒョン駐イタリア大使は11日、 世界食糧計画(WFP)のアーサリン・カズン事務総長と、 1968年に締結した 「援助協定」 を終了させ、新たな協力関係を構築するための協定に調印した。   次ページに続きます。 韓国は1964年~1984年にWFPから 計1億2000万ドルの食糧援助を受けたが、国力増強に伴い、 2000年以降は計1億 5000万ドルをWFPに出資した。 カズン事務総長は 「1964年からの20年でWFPは韓国に1億ドルを超える 緊急支援を行った。 今回、新たに基本協定を結び、 韓国は国際社会の重要な援助国になった」 と述べた。 韓国外交部関係者もこれについて、 「韓国は今後、WFPなど国際機関を通じて積極的に 人道支援を行っていきたい。 今回、WFPと新たに 協定を結んだことにより、韓国の対外人道支援の基礎が固められた」 と語っている。

Read more

NHK集金人が怖すぎるとネットで話題にwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【拡散希望】NHKさいたま放送局営業部管轄エリア担当の個人事業主、久松加寿美【ひさまつかすみ】の悪質な戸別訪問の様子です。埼玉県川口市、春日部市等で被害報告があがっております。NHKさいたま放送局営業部管轄エリアにお住みの方はお気をつけ下さい。https://t.co/oYX9947Fxx pic.twitter.com/AnqcuIR6z3 — 大橋昌信 NHKから国民を守る党 朝霞市議会議員(埼玉県) (@nanikoratakoko1) June 16, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071324627.html  

Read more

テリー伊藤「朝鮮半島を分断したのは日本に責任があるかも知れない!それを踏まえた所からいかないと…別に北朝鮮の味方をしてる訳ではない!」

近野宏明「拉致問題は本当に理不尽で不条理でってみんな思ってる」テリー伊藤「歴史を遡れば朝鮮半島を分断したのは日本に責任があるかもわからない。そういうことを踏まえた所からいかないと。別に北朝鮮の味方をしてる訳ではない」#深層NEWS 味方してるじゃないか💢進行側も反論する位の酷さ。 pic.twitter.com/IDfkCLWMc7 — ちぢれ麺 (@chidiremen11) June 15, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071313829.html  

Read more

【TBS】金平茂紀「残念ながら日本は一貫してアメリカ頼み、蚊帳の外!」

「外交的な観点から言うと、残念ながら日本は一貫してアメリカ頼み、蚊帳の外」 安倍総理が蚊帳の中のど真ん中にいた証拠が次々と出てきてる。金平茂紀氏はまさかまさかの情報弱者なのか、それとも情報を隠して情報弱者をミスリードする活動家なのか。どっちでもいっか(笑)#報道特集 pic.twitter.com/iHptHI3b7l — 雨雲 (@N74580626) June 16, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071313083.html  

Read more

【これは酷い…】野党の国会パフォーマンスによる暴力で自民議員からついに負傷者が出てしまう…

【野党の強行反対】今日の内閣委員会。採決の際に前回の厚労委員会同様、野党の議員が委員長席を囲み、マイクを奪いました。委員長のそばで発言を聞き取って、中山展宏理事が起立の合図を出してくださったのですが、その際、野党議員に引っ掻かれ、ケガをされました。とても痛そうです。 pic.twitter.com/drdf87fSU3 — 杉田 水脈 (@miosugita) June 15, 2018 http://ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【2兆円w】NHKネット同時配信「インフラ整備に1~2兆円かかる。税金や受信料がもっと必要」

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/06/15(金) 19:57:31.63 ID:HHLc6qq30 NHK常時同時配信、1~2兆円規模の投資必要 NTT次期社長が明らかに テレビとインターネットで番組を同時に流すNHKの「常時同時配信」について、NTTが将来的に光ファイバーの整備など1兆~2兆円規模の投資が必要になると試算していることが14日分かった。 次期社長に内定している澤田純副社長が、同日開かれた放送法改正を議論する自民党の会合で明らかにした。NHKの同時配信には、民放からの反発や受信料新設懸念も出る中、多額の投資を誰が負担するのかという新たな課題が浮上した。 現状では、ネットで番組をテレビと同時配信すると、視聴者が増えた場合に途中で映像が途切れるなどの遅延が起きる可能性がある。NHKは2020年東京五輪・パラリンピックに向けて19年度までに常時同時配信を始める考えだが、将来的に検討する高精細の4K画質の配信には、専用の光ファイバー網の新設などインフラ整備が不可欠となるという。 非公開の会合後に取材に応じた自民党の佐藤勉元総務相によると、澤田氏は、4K画質の常時同時配信のためには「全国規模での通信網の整備に1兆~2兆円規模の設備投資が必要」と述べ、国やNHKの費用負担を議論する必要性を強調したという。 [産経biz 2018.6.15] https://www.sankeibiz.jp/business/news/180615/bsj1806150500005-n1.htm  

Read more

二世俳優「モリカケ、どちらも総理の背任!利益供与の大疑獄事件であることは明白!それでも糾弾しきれないのは政権総出のグル、全員が共犯だからだ!」

モリカケ、どちらも総理の背任、利益供与の大疑獄事件であることは明白。それでも糾弾しきれないのは政権総出のグル、全員が共犯だからだ。 — 宍戸 開 (@quai44) June 14, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071312526.html  

Read more

小池都知事「渋谷のハチ公像を東京五輪PRで全国に移動させたい」

1: ガーディス ★ 2018/06/15(金) 17:03:21.85 ID:CAP_USER9 更新:2018-06-15 東京・渋谷駅のシンボルといえば、亡くなった飼い主を待ち続けた忠犬ハチ公の像。 待ち合わせ場所に使われることが多く、平日休日を問わずハチ公像の周りには人があふれています。 そんなハチ公像に『全国行脚』の案が浮上しています。 賛否の声が上がる 産経ニュースによると、「ハチ公像をPR活動に使いたい」と小池百合子知事から渋谷区に対して打診があったのだそうです。 2020年東京五輪・パラリンピックのPRに一役買ってもらうのが狙いで、都が企画を主導しているという。だが、ハチ公を守り続けてきた地元からは、一時でも渋谷を“離れる”ことに根強い反発もある。 産経ニュース ーより引用 巡回先として、ハチ公の生まれ故郷の秋田県大館市や初代ハチ公像を制作した彫刻家・安藤照さんの出身地の鹿児島県などがあがっています。 2009年に上映された映画『HACHI 約束の犬』の影響もあり、外国人の認知度も高いハチ公。観光客が見込めると巡回先が喜ぶ一方で、渋谷区民からは疑問の声も上がっています。 地元商店主らで構成される任意団体「忠犬ハチ公銅像維持会」の星野浩一副会長(80)も企画の趣旨には一定の理解を示すが、渋谷のシンボルだけに「ハチ公像を目当てに渋谷を訪れる観光客への対応を考える必要がある」と話す。 区民からも「ハチ公の物語の舞台も、語り継いできたのも渋谷。ハチ公像は渋谷にあるから意味がある」「五輪のPR活動のために移動させようという発想は、地元住民の思いのこもったハチ公像をただの銅像と扱うことと同じ」と疑問の声が聞こえる。 産経ニュース ーより引用 ハチ公の全国行脚について、ネット上では否定的なコメントが多く見られます。 ・里帰りは分かるけど、全国を回る理由が分からない。 ・渋谷にいなくちゃ意味がないでしょう。 ・ハチ公がまた飼い主さんと会えなくなっちゃう。 ・渋谷から離れた忠犬じゃなくなる。ハチ公がかわいそう。 渋谷駅のシンボルともなっているハチ公像が全国を巡る日は来るのか…渋谷区が今後どういった判断を下すのかが、注目を集めそうです。 http://grapee.jp/515467

Read more