国葬出席の可能性「あると思う」 泉立民代表

0 Shares

2022年09月02日22時24分 立憲民主党の泉健太代表は1日のBSフジ番組で、故安倍晋三元首相の国葬に出席する可能性について「あると思う」と述べた。「国会論戦を行う中で最終的に判断していきたい」とも語った。立民は法的根拠が乏しいなどとして、国葬に反対の立場を示している。

0 Shares
Read more

台湾軍、中国無人機を初射撃 蔡総統「強力な措置」指示

0 Shares

【台北時事】台湾国防部(国防省)は30日、中国大陸に近い金門島周辺の二膽島水域上空に飛来した無人機を射撃し、追い払ったと発表した。台湾の主要メディアによると、中国からの無人機を台湾軍が射撃したのは初めて。 台湾離島付近に無人機 所属不明、信号弾で対応―国防部 国防部の発表では、金門島周辺の複数の小島に延べ4機の無人機が飛来した。そのうち1機が警告後も退去しなかったため、防衛のため射撃した。蔡英文総統は30日夜、無人機に「強力な対抗措置」を講じるよう国防部に指示したとフェイスブックで明らかにした。

0 Shares
Read more

TBS「報道特集」金平茂紀キャスター、9月いっぱいで降板決定

0 Shares

【独自】「報道特集」金平茂紀キャスター降板決定 TBSから“筑紫イズム”の火は消えるのか 記事によると… ・TBS系の「報道特集」(毎週土曜)といえば独自の取材でテーマを掘り下げる調査報道がウリで、1980年から続く同局の看板報道番組。その「報道特集」でキャスターを務める金平茂紀氏(68)が9月いっぱいで同番組のレギュラーを降板し、その後は不定期出演の特任キャスターになることが日刊ゲンダイの取材でわかった。 ・局の幹部のなかには金平氏を擁護する声もあったそうだが、「すでに後任キャスターには調査報道ユニットの村瀬健介記者が内定している。2001年入社の中堅ホープです」(同前)という。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b7cfa13768fd2912176c9db1202f581e8b87103f 金平茂紀 金平 茂紀は、日本のジャーナリスト。TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。早稲田大学大学院政治学研究科客員教授。平成22年9月から28年3月まで、TBSテレビ執行役員。 北海道旭川市出身。北海道旭川東高等学校から東京都立西高等学校に転入。東京大学文学部社会学科卒業。 生年月日: 1953年12月18日 (年齢 68歳) 出典:Wikipedia 村瀬健介 村瀬 健介は日本のジャーナリスト。TBS報道局記者。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・本格的な活動の為かな? ・本職の活動家に集中するのか。 ・この輩の後釜が誰になるかは気になるところ。どの道、この番組見ないけど。😑 ・本来ならずっと前に定年退職していたはずだが。 ・TBSの停波でもええで!

0 Shares
Read more

オーストラリアが安倍元首相に外国籍で最高位の名誉勲章授与 クアッド創設評価

0 Shares

安倍元首相にオーストラリアが名誉勲章…クアッド創設評価、外国籍で最高位の授与 記事によると… ・在日オーストラリア大使館は8月31日、同国の連邦総督が、参院選の街頭演説中に銃撃されて死亡した安倍晋三・元首相に同国の名誉勲章を授与すると発表した。外国籍の市民に授与できる勲章としては最高位になるという。 日豪経済連携協定の締結や日米豪印の4か国による枠組み「Quad」(クアッド)の創設などを高く評価しているほか、世界中に大きな影響を及ぼした「自由で開かれたインド太平洋」の提唱などを安倍氏の功績として挙げている。 発表では、安倍氏を「地域の繁栄と安定性」の推進のために「リーダーシップを発揮」し、「日豪関係のために卓越した努力を重ねた」と強調している。 https://www.yomiuri.co.jp/world/20220831-OYT1T50199/ 日米豪印戦略対話 日米豪印戦略対話、または4か国戦略対話は戦略的同盟を組んでいる日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国間における会談。 通称はQuad。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・報道が機能しない日本の報道機関! ・安倍さんに会いたいなぁ ・素直に喜べない人は日本人じゃないからなぁ。必ずそこに辿り着く。 仕方ない。 ・もちろんテレビメディアは完全スルーですね…テレビ人は本当に性根が腐っていると思います…🤔 ・人間感謝という文字がなくなれば人を憎むだけの楽な一生を迎え、哀れな一生をを送ることでしょうね! ・「もったいないねえ」自国の元総理大臣がこんなにも評価されているというのに素直に喜べない人は人生損しているよ ・分からない奴、分かっているけど分かってると言えない奴、色々いますね。 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

動画あり:岸田氏の判断はワイドショーやマスコミに押された情けない判断だ。一時、世論に反対されてコロッと変わるのか。村山内閣の閣議決定を覆すつもりか?(阿比留氏)

0 Shares

岸田氏のツイート 🔵旧統一教会の問題閣僚等を含め、自民党議員について、当該団体と密接な関係を持っていたのではないか、懸念や疑念の声をいただいております。自民党総裁として、率直にお詫びを申し上げます。自民党として説明責任を果たし、国民の皆さまの信頼を回復できるよう、厳正な対応をとってまいります。 pic.twitter.com/QEoi02df9n — 岸田文雄 (@kishida230) August 31, 2022 茂木氏「旧統一教会と関係を立てないなら離党」 旧統一教会との関係をめぐって、自民党の茂木幹事長は、今後、関係を絶てない議員については「同じ党で活動できない」と述べ、離党すべきとの考えを示しました。 自民党は、きょう(31日)に開いた役員会で、旧統一教会=現在の世界平和統一家庭連合、及び関連団体とは、今後、一切関係を持たないことを党の基本方針として正式に決定しました。 自民党・茂木幹事長 「今回の決定、非常に党として重い決定であり、各議員にはこれを守ってもらえるとこのように考えておりますが、仮に守ることができない。こういう議員がいた場合には、同じ党では活動できない。このように考えております」 岸田首相はこの閣議決定を覆すつもりか?そうであれば、きちんとした根拠と説明と、新たな閣議決定が必要だろう。自民党総裁としての立場と、行政府の長としての見解を、ちゃんと整理できているのだろうか。 https://t.co/ze7EfyKVsG — 阿比留瑠比 (@YzypC4F02Tq5lo0) September 1, 2022 村山内閣の閣議決定(平成6年7月12日) 統一教会に関してご質問にあるような訴訟が提起されていることは承知している。しかしながら、政府としては、一般的に、特定の宗教団体が反社会的な団体であるかどうかについて判断する立場にはない 行政府の長がここだけはダメだと言うのはあり得ない話。岸田自民党の判断は、ワイドショーやマスコミに押された情けない判断

0 Shares
Read more

【国葬】蓮舫氏「国民に反対の声が大きくても、閣議決定は絶対… 聞く力とは何だったんでしょう」

0 Shares

蓮舫氏のツイート 国民に反対の声が大きくても、閣議決定は絶対。 政府の意思として安倍元総理の国葬経費2億5000万円が今朝、決定。 警備費用等は含まれていません。今後さらに経費はかかります。 聞く力とは何だったんでしょう、 丁寧な説明はどこでされたのでしょう、岸田総理。 臨時国会開会を引き続き強く要請。 国民に反対の声が大きくても、閣議決定は絶対。政府の意思として安倍元総理の国葬経費2億5000万円が今朝、決定。警備費用等は含まれていません。今後さらに経費はかかります。 聞く力とは何だったんでしょう、丁寧な説明はどこでされたのでしょう、岸田総理。 臨時国会開会を引き続き強く要請。 https://t.co/kAlPiMZlgk — 蓮舫💙💛RENHO🇯🇵 (@renho_sha) August 26, 2022 蓮舫 蓮舫は、日本の政治家。参議院議員、元タレント。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫。 菅直人内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。 生年月日: 1967年11月28日 (年齢 54歳)

0 Shares
Read more

フィフィさん「スパイ防止法も無い中で、せっせと外国人留学生の受け入れを拡大するのは危険」「日本政府は安全保障上の危機意識が低すぎる

0 Shares

フィフィさんのツイート スパイ防止法も無い中で、せっせと外国人留学生の受け入れを拡大するのは危険、これまでも外国人留学生によるスパイ行為が摘発されましたよね、帰国してから発覚したそうですが、日本政府は安全保障上の危機意識が低すぎる。 目先の利益、自分達の利権しか考えて動いてないと、そう思われても仕方ない。 スパイ防止法も無い中で、せっせと外国人留学生の受け入れを拡大するのは危険、これまでも外国人留学生によるスパイ行為が摘発されましたよね、帰国してから発覚したそうですが、日本政府は安全保障上の危機意識が低すぎる。目先の利益、自分達の利権しか考えて動いてないと、そう思われても仕方ない。 — フィフィ (@FIFI_Egypt) August 31, 2022 フィフィ フィフィは、エジプト出身の主に日本で活動する外国人タレント。カイロ出身。中京大学卒業。サンミュージックプロダクション所属。 生年月日: 1976年2月22日 (年齢 46歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・目先というより身内の利益ということになりますね ・危機感が足りない、というより、確信的に国を売り渡そうとしている、と考えてみると、すべての辻褄が合いますね。 ・フィフィさんの仰る通りです。危機感が無さ過ぎ ・利権が大きいハズです。議員は金を稼ぐ為の職業と認識している人が7〜8割位です。国会議員総人数700人。制作アンケートの回収結果が150〜160人位です。そんな数字ですよ。 ・過去に学ばんってことか ・まぁ事実だろうしねぇ ・フィフィさん、いつも日本のことを思い、発信していただきありがとうございます

0 Shares
Read more

24時間テレビ、全く盛り上がらず終わる… 募金額は過去最低か

0 Shares

『24時間テレビ45』放送終了時点の募金額は3億1,819万4,209円 記事によると… ・日本テレビ系大型特番『24時間テレビ45』(27日18:30〜28日20:54)が放送終了時点で発表した募金額は、3億1,819万4,209円となった。 ・昨年の最終的な募金総額は8億8,621万4,435円で、これまでの44年間の総額は414億5,036万6,036円。寄付金は、福祉車両贈呈、環境保護活動支援、自然災害支援などに使われる。 ▼参考 2021:4億2,102万9,826円 https://news.mynavi.jp/article/20210822-1953348/ 2020:5億5200万5762円 https://www.cyzo.com/2020/08/post_250893_entry.html 2019:6億8421万2104円 https://news.mynavi.jp/article/20190825-883264/ https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0828/mnn_220828_6567882043.html 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 1978年より日本テレビが毎年放送しているチャリティー番組。支援対象やテーマを決め、マラソンやスペシャルドラマなど複数の企画を続けて24時間放送する。チャリティーキャンペーン活動なども行い、福祉や社会支援のためのメッセージを伝える。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・やってたことすら知らなかった。 ・私は、久しぶりにTV見て久しぶりに感動しました。 ・経済大国らしく3億も集められたんだから大成功だろ! ・やってたのは知ってたけど、毎年同じだから見なくても大差ない。 ・節電と言われているからテレビは必要最小限しか使わない。 ・だってカルトTVだもん ・元々のコンセプトとテーマが合ってるようで合ってないように思える 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

【初】台湾国防部、金門島で所属未確認の民間無人機(ドローン)を撃墜

0 Shares

2022年09月01日18:23 / カテゴリ:未分類 【台湾国防部、金門島で初めてドローンを撃墜と発表】これまでも台湾側は警告射撃等手順を踏み対応してきたが、今回、所属未確認の民間無人機を初めて撃墜。 pic.twitter.com/2PZ7nYLP9h — 佐藤正久 (@SatoMasahisa) September 1, 2022 中華民国の県。 中国大陸に近接する大金門島などを領域とする。台湾海峡対岸の台湾に依拠する中華民国の「福建省政府」が置かれているが、1996年から省としての機能を「凍結」している。一方、中華人民共和国の行政区分上は、福建省泉州市の管轄とされているが、実効支配できていない。国共内戦で中国大陸から撤退した蔣介石率いる中華民国軍が、1949年の古寧頭戦役や1959年の金門砲戦を経て防衛に成功。それ以来一貫して中華民国の統治下にある。 台湾が表明「中国軍が12カイリ内侵入なら例外なく自衛と反撃の権利行使」 https://t.co/zXGKUjH93K — もえるあじあ ・∀・ (@moeruasia01) August 31, 2022 これはGJ👍 — 千葉桃華

0 Shares
Read more

安倍元総理の国葬は「税金の無駄遣い」札幌で反対集会 鈴木知事は出席について「適切に判断する」

0 Shares

来月27日に予定されている安倍元総理の国葬の実施に反対する集会が31日、札幌のすすきので開かれました。 主催したのは札幌の市民団体で、本来、生活を支えるために使われるべき税金が無駄使いされていると訴えました。また、鈴木知事は31日の会見で、国葬に出席するかどうかについて、国から案内があれば適切に判断すると述べ明言を避けました。

0 Shares
Read more