共産・志位委員長「日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と言いつつも、維新国民について「与党の補完勢力」

0 Shares

参院選を振り返り、日本共産党の志位和夫委員長が野党共闘について「共闘を進める上ではいろいろな課題を残したと思っている」「今後に課題を残しているが、日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と語った。 志位氏は野党共闘について「だいたい半分の1人区では一本化ということでできた」と評価したが、その1人区の結果が自民党の28勝4敗。 共産党の志位和夫委員長は10日、文化放送に出演し、同日投開票の参院選での立憲民主党などとの野党共闘について「(改選)1人区の共闘を進めてきた。だいたい半分の1人区では一本化ということでできた。ただ、共闘を進める上ではいろいろな課題を残したと思っている」と述べた。 引用元 共産・志位和夫委員長「野党共闘、課題残した」 参院選受け 志位氏はテレビ東京番組で「今後に課題を残しているが、日本の政治を変えるのは共闘しかない。この道を断固進めたい」と述べた。 引用元 共産、改選6議席に届かず 志位委員長、野党共闘に意欲 記者会見でも次のように述べていた。 一、野党共闘については、今度の選挙でも野党共闘が成功するように、総選挙の結果を踏まえて最大限の努力をしてまいりました。結果として32の1人区のおよそ半分で野党の候補が1人に絞られ、さまざまな形で野党共闘が取り組まれました。その中で勝利を勝ち取った選挙区もいくつか生まれました。とくに大激戦となった沖縄で「オール沖縄」のイハ洋一さんの勝利を勝ち取った意義は大きなものがあります。 ただ、課題を残したことも事実だと思います。今度のたたかいのなかで良かった点とともに問題点も率直に議論して、次の方向をみんなで探求する、そして前途を開拓する努力をしていきたいと思っております。 やはり日本の政治を変えるには共闘しかないと強く確信しております。困難はあっても市民と野党の共闘を発展させるという立場で今後の政治に臨みたいということを申し上げておきたいと思います。 引用元 参議院選挙結果について 志位委員長が記者会見 確かに、与党に対抗するには野党が一つにまとまる必要がある。そのはずだが、志位氏は日本維新の会と国民民主党について「与党の補完勢力と考えている」と選挙前の考えを依然として持ち続け、今後も連携しないという。そんなことを言っている場合ではないと思うのだが。。。 また日本維新の会と国民民主党については「私たちは野党ではなくて、与党の補完勢力と考えている」と述べ、この2党との連携は今後も行わないとの考えを示した。 引用元 共産・志位和夫委員長「野党共闘、課題残した」 参院選受け もちろんこれは日本維新の会と国民民主党も同じ意見だろう。両党とも共産党との連携は考えていない。 参院選の結果を振り返ると、日本維新の会は議席を倍増させ、立憲民主党を脅かす存在になり、国民民主党は議席こそ減らしたが比例票は衆院選よりも増やしている。それに比べ、立憲民主党と共産党は議席数も比例票も減らしている。今後の野党共闘を考えると両党の存在は無視できないはずだ。むしろ、立憲民主党が維新国民と連携を図り、共産社民を切り捨てる方がまとまると思うし、有権者からの支持も受けやすく与党にとっては脅威だろう。ただ、立憲民主党が日本維新の会とバチバチの関係であるうちはまとまることはないだろうが。 それと、なぜ今回の野党共闘が大敗したのかと言えば、やはり国民が現実的に安全保障について考え始めた結果だと思う。戦争回避には外交しかないと訴える立憲民主党や共産党よりも、国防を充実させてほしいという有権者の考えが選挙結果に表れたのだと思う。 ちなみに、志位氏の進退についてだが、党大会に委ねるという。 共産党の志位和夫委員長は10日、日本テレビ番組で、同日投開票が行われた参院選の結果を受け、自身の進退を問われ「党大会で決めること。私は夢中でやってきた。22年務めているが、大会でまた選んでいくことになる」と語った。 引用元 共産・志位氏、進退問われ「党大会が決める」 まだまだ志位委員長体制が続きそうだ。

0 Shares
Read more

安倍元首相へ弔意 259の国・地域など1700件以上

0 Shares

安倍元首相へ弔意 259の国・地域など1700件以上 記事によると… ・林芳正外相は12日の記者会見で、参院選の応援演説中に銃撃され、死亡した自民党の安倍晋三元首相への弔意を示すメッセージについて、これまでに259の国・地域や機関などから計1700件以上寄せられたと明らかにした。 林氏は「安倍元首相が外交において残された大きな足跡を改めて感じている」と述べた。 2022/7/12 14:17 https://www.sankei.com/article/20220712-HN3S44KQ5ROBRNRTNEOUMAQUMU/ 林芳正 林 芳正は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位。 参議院議員、参議院外交防衛委員長、防衛大臣、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣、文部科学大臣などを歴任した。 生年月日: 1961年1月19日 (年齢 61歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・アベガーの異常さが際立ちますね ・岸田政権も含めて最も理解していないのは日本人かもな…亡くなってから気付いても手遅れだよ。 ・国葬にするべきなんじゃないですかね?むしろ国外で国葬にしないのか?と言ってそうです ・これだけ日本の事を考え、国際感覚に優れた政治イデオロギーが強い人はいなかったですよね。その強さに甘えている周りの政治家が多かったのは確かです。良い意味で、その差は目の上のたんこぶでもあったでしょう。 ・葬儀は弔うのはもちろん、残された人びとがお別れして心を整理するためにもある。世界中から声がお悔やみが寄せられているなら、国葬しないのは世界の人々への非礼となる。世界の人たちが冷静になり纏まる機会でもある、是非国葬を。 ・林、お前じゃダメだ ・取り返しがつかない

0 Shares
Read more

少年「日本のためにずっと、批判されたりしながら頑張っていたから、すごいなぁと思う」

0 Shares

2022年07月12日14:50 / カテゴリ:自民党 少年「日本のためにずっと、批判されたりしながら頑張っていたから、すごいなぁと思う」 https://t.co/QWeKobaVHM — もえるあじあ ・∀・ (@moeruasia01) July 12, 2022 これが全てよ — Sea Food :=͟͟͞͞🍣 (@sea_kai06) July 12, 2022 この少年が全部言ってくれた感ある — 真尋 (@mahiro403)

0 Shares
Read more

立憲現職の森ゆうこ氏、落選見込み 参院選

0 Shares

立憲現職の森ゆうこ氏、落選見込み 森友・加計問題で厳しい国会質問 記事によると… ・4選をめざした立憲現職で党参院幹事長の森ゆうこ氏が、参院新潟選挙区(改選数1)で落選の見込み。 7/10(日) 20:00 https://news.yahoo.co.jp/articles/3148d362ea795bd08f50123f633165ece0eac622 森裕子 森 裕子は、日本の政治家である。現在は立憲民主党所属の参議院議員で、立憲民主党参議院幹事長・拉致問題対策本部長を務める。文部科学副大臣、国民の生活が第一幹事長代行、日本未来の党副代表、生活の党代表、同代表代行、自由党幹事長などを歴任した。「森 ゆうこ」とも表記される。 生年月日: 1956年4月20日 (年齢 66歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・民意 ・良かった、新潟ありがとう ・落としてくれてありがとう ・まず一安心 ・森さん… ・新潟の皆様ありがとうございます!!! ・印象としてはまず品よ、品。 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

【自民】下村博文 前政調会長「安倍氏の国葬を行うべき」

0 Shares

2022年07月12日17:02 / カテゴリ:自民党 1: ボラえもん ★ 2022/07/12(火) 15:09:32.43 自民・下村氏「安倍派を疎んじれば……」人事前に牽制 国葬も求める 自民党安倍派会長代理の下村博文・前政調会長は、安倍晋三元首相の死去を受けて岸田文雄首相が安倍派を軽視すれば、保守層からの支持を失う可能性があると指摘した。また、安倍氏の国葬を行うべきだと主張した。(以下略 全文はリンク先へ [朝日 2022.7.12] https://news.yahoo.co.jp/articles/063e07019e20382fa0623aafb2ff81dd665cbe1b 安倍晋三元総理の訃報に哀惜の念にたえません。このような蛮行は民主主義自由主義に対する挑戦であり、断じて許すことはできません。安倍元総理は日本が誇りと尊厳を取り戻すためになくてはならない存在であり安倍元総理のご功績は国内外問わず大きなものがありました。 pic.twitter.com/NjuNoKOtk2 — 下村博文 (@hakubun_s) July 9, 2022 真の独立国家を目指す政治家を失った大きな喪失感があります。 私は第一次安倍内閣で官房副長官。第二、第三次安倍内閣で文科大臣兼教育再生担当大臣、東京オリパラ大臣の職責を任され、政治を前に進めて参りました。安倍晋三さんは、私にとって同志との思いとともに盟友としての存在でありました。 pic.twitter.com/ScVwNXjpZF —

0 Shares
Read more

安倍元首相死去に259の国や地域、機関から1700件の弔意 これもう反安倍は人類の敵だろw

0 Shares

2022年07月12日14:17 / カテゴリ:自民党 1: 猫又(愛媛県) [JP] 2022/07/12(火) 12:49:54.23 安倍元首相死去に世界から弔意1700件 林芳正外相は12日の記者会見で、67歳で死去した安倍晋三元首相に対し、計259の国や地域、機関から約1700件の弔意のメッセージが寄せられていると明らかにした。 [共同 2022.7.12] https://nordot.app/919433643480678400  5: ノルウェージャンフォレストキャット (ジパング) [ニダ] 2022/07/12(火) 12:51:02.81 在任歴代最長総理だからな 当然だわ 13: ジャガーネコ(光) [US] 2022/07/12(火)

0 Shares
Read more

小野田紀美さん(岡山選挙区)、公明党の支援を断ってもぶっちぎりの圧勝 =ネットの反応「公明の推薦を受けずに挑んだ上での当選は、とても意義のあるものだと思います。民意がそこにあります。これからも応援しています」

0 Shares

20:00に当選確実が出ました。まだ最終の数字は出ておりませんが、私に大切な1票をお預け下さった皆様に心から感謝すると共に、その責任の重さを噛み締めております。ご支援下さった全ての皆様に心から御礼申し上げます。 — 小野田紀美【参議院議員_岡山選挙区】 (@onoda_kimi) July 10, 2022 自民党公認のみで戦い抜く小野田紀美候補。厳しい闘い、彼女の鋼の信念に会場は燃えました。日本を守り抜く小野田紀美候補に力を❗️宜しくお願いします。 pic.twitter.com/vm5vyvj21u — 安倍晋三 (@AbeShinzo) July 7, 2022 創価学会員「小野田紀美を落選に追い込みましょう」 岡山の創価学会員へ呼びかけ =ネットの反応「岡山県民の皆さん、何としても小野田紀美を当選させてやって下さい!」「小野田さんをブッチ切りで勝たせたい!」「公明党と連立解消を!」 https://t.co/44I9IfuFX4 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) July 6, 2022

0 Shares
Read more

「安倍元首相がともした保守のともしび、守りたい」 自民・高市氏

0 Shares

自民党の高市早苗政調会長は10日の参院選投票終了後、文化放送に出演し、安倍晋三元首相(67)が奈良市内で参院選の街頭演説中に銃撃されて死亡した事件に関連して、「元首相のご遺志は憲法改正であり、国防力の強化であり、道半ばであったアベノミクス、コロナ禍で失速した経済成長の実現だ。しっかり仲間と引き継ぎ、元首相がともした保守のともしびは

0 Shares
Read more

【動画】大阪市長時代、福島の瓦礫受入れを猛批判された橋下さん、山本太郎をこてんぱんw 古市も乗っかり「福島の野菜をどう思いますか?食べますか?」

0 Shares

2022年07月12日01:56 / カテゴリ:国内 フジテレビで山本太郎が橋下徹に怒られてて笑った。古市も乗っかって福島の野菜についてどう思うか聞いてくれた! — 🎌日本のコッペパン (@x_coppe) July 10, 2022 フジテレビで山本太郎と橋下徹氏がバトルしている最中に古市憲寿氏が割って入って「福島の野菜についてどう思いますか?食べますか?」と聞いたのは面白かった。 pic.twitter.com/xPrUg9dHQP — 和泉守兼定 💙💛連帯 (@netsensor1) July 10, 2022 2022年7月10日 橋下徹さんvsれいわ新選組代表・山本太郎さん① pic.twitter.com/rNu9vVke7G — MMT太郎🐶日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。 (@MMT20191) July

0 Shares
Read more

台湾副総統、安倍氏追悼で訪日 断交後最高位、中国の反発確実

0 Shares

【台北共同】台湾メディアは11日、演説中に銃撃されて死去した安倍晋三元首相に哀悼の意を表するために頼清徳副総統が訪日したと報じた。1972年の日台断交後、最高位の当局者の訪日。中国が猛反発するのは確実だ。 台湾メディアは「断交以来、最大の進展」だと指摘した。台北市の空港から午前の便で羽田空港に向かったという。日本政府関係者と接触するかどうかが注目される。台湾で安倍氏は「台湾にとって最も親しい首相」として極めて人気が高い。 一方、蔡英文総統は11日、台北市にある日本の窓口機関である日本台湾交流協会台北事務所を訪れ、安倍氏の遺影に花を手向けて弔問した。

0 Shares
Read more