【サンモニ】北方領土交渉「終了」に、寺島氏「安倍外交って何だったと検証する必要がある」

サンモニ「安倍外交って何だったと検証する必要がある」北方領土交渉「終了」に寺島氏 記事によると… ・27日放送のTBS「サンデーモーニング」 ・ウクライナ侵攻を巡り、日本がロシアに制裁措置を発動していることから、ロシア側が日本との北方領土を含む平和条約交渉の停止を表明したことを特集。メドベージェフ前大統領がSNSで、交渉について「日本側と一致が見られないことは互いに分かっていた」「交渉は常に儀礼的」とし、改正憲法で領土の割譲禁止が盛り込まれていることから「北方領土問題は終了した」としている。 司会の関口宏から「やっぱりそうかなという感じですが」と問いかけられた寺島氏は、「われわれは安倍外交って何だったの?と真剣に検証する必要がある。27回、プーチン安倍会談が行われ、2島先行返還でいいじゃない?なんていう妥協のシナリオが見え隠れして、今がチャンスだなんて言ってたわけですよ。でもこれがロシアの本音」と安倍晋三元首相がプーチン大統領と蜜月ぶりを強調しながら、現在の事態に陥っていることを疑問視した。 https://news.yahoo.co.jp/articles/91807d882186f79fdcc5ad6a252992da0beafc82 寺島実郎 ネット上のコメント ・安倍政権の交渉過程で起きたことではなく、その後に起きたプーチンの蛮行によって一方的に終了を告げた領土返還交渉の過程を検証する必要があるとはいささか無理な事だろう。 ・左翼の安倍叩きは執拗だね。 ・安倍さんの領土交渉は失敗したものの努力は否定されるべきものではありません。検証して何かが得られるわけでもないでしょう。 ・評論家は気楽な商売だ。彼等も政治家同様、何かを得るのなら、リスクをおかして相手に当たるのは当たり前だ。相手がいる限り、時代や世界情勢の変化の中で当然敗北もある。結果は反省を踏まえ、次に進む姿勢が大事だ。評論家たる者は信念をとして、かくあるべきと将来を語りその責任を明らかにすべきだ。 ・日本が行ってきた北方領土返還交渉については確かに検証する必要があると思う。ただ安倍政権下における返還交渉のみを切り取って、批判というか中傷する必要性には乏しい。そんなの信仰してた9条教の教義がロシアの蛮行で破綻したのを、政敵の安倍元総理を叩くことで紛らわせてるだけの左派の断末魔の自慰行為だから。 ・それ、今じゃないと思うし、研究なら研究所でやってくれ。国会でやることではないし、もっと別の優先すべきことがある。 ・結果論で批判をされないように。意見がある時は、その時に言うのが原則。ただ、安倍外交があったから、経済支援はもうあり得ない、侵略され不法占拠が続いているという姿勢でロシアに対峙していくことができる。北海道は米軍がいない。であれば、軍備力を増強してロシアと対抗する、守りのために核共有を論議するということでしょう。  

Read more

【SDGs】木村カエラさん「お風呂の水は冷めてから捨てるようにしてる」→ 下水道局「温かいまま流れることはあり得ない」

木村カエラの「お風呂の水は冷めてから捨てて」 下水道局の見解は? 記事によると… ・全国のリスナーが一斉に首をかしげたのは、2月下旬、あるラジオ番組にゲスト出演した木村カエラ(37才)の発言だった。 「お風呂のお水は冷めてから捨てるようにしていて。お湯をそのまま捨てると、冬ってそのお水を工場できれいにしても、ちょっと温かいまま川に流れちゃうんだって!」 「川に温かい水のまま流れていくと、温かい水で生きやすい生物はそこでどんどん繁殖してしまうけど、温かい水が苦手な冬の生き物はダメになっちゃう。(中略)グッピーとかが川にたくさんいるみたいよ」 ・番組のテーマは「サステナブルな未来のためにできること」。カエラいわく、お風呂のお湯を冷まして流すのは、「SDGs」のためだという。SDGsとは2015年に国連サミットで採択された、持続可能な社会のために達成すべき目標のことだ。「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等を実現しよう」など17の目標が掲げられており、どうやらカエラの“地道な努力”は「海の豊かさを守ろう」という目標に向かってのものらしい。 ・下水道局総務部広報サービス課 「統計をとっていないので件数はわかりませんが、まれにある問い合わせです。熱湯を流すのは配管を傷めるので避けたいところですが、お風呂のお湯程度であれば気にする必要はありません。 まず、下水道が整備されていれば、家庭の生活排水は下水管に流れ、処理場に集められます。生活排水はろ過や微生物による分解、塩素による消毒など、10時間以上かけて処理され、川や海などに流されるので、温かいまま流れることはあり得ません」 https://news.yahoo.co.jp/articles/0785fdb0de179f444be465f08b07294e8c3f54e3 木村カエラ 木村 カエラは、日本の歌手、ファッションモデル。東京都出身。本名は永山 カエラ りえ。旧姓は木村。血液型はA型。夫は俳優の永山瑛太、義弟は俳優の永山絢斗。 生年月日: 1984年10月24日 (年齢 37歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・下水道接続してない家で、直で近くの小川に流してるんじゃない? ・意識高い系のやってる事ってたいてい無意味なんだよな ・まぁ水の環境を配慮するなら髪を染める化学薬品の事を考えた方がいいよね シャンプーやら化粧落としやら でも環境を考えるのはカエラい!

Read more

坂本龍一&吉永小百合が反戦訴え「みんなで絶対にダメだと言ってあらがえばよい状況になる」

記事によると… ・音楽家・坂本龍一(70)が26日、東京・サントリーホールで13年に東日本大震災復興支援のために立ち上げた「東北ユースオーケストラ」演奏会の東京公演を開いた ・ロシアのウクライナ侵攻について言及。吉永小百合(77)とともに反戦の思いを訴えた。 ・坂本龍一 「本当に争い、なくなると良いですね」 ・吉永小百合 「亡くなった方が、たくさんいる。何としてでも、やめさせなければいけない。黙っていられない。あまりに悲しいし、つらすぎます。ウクライナの人に日本に来て心を休めてと言いたい」 「日本は11年に大変なことがあって世界中の人が頑張ってと言ってくれた。きちんと思いを込めて出来ることをやっていくことが大事」 「ロシアの1人の人の圧力による侵略に、みんなで絶対にダメだと言って、あらがえば良い状況になる」 https://news.yahoo.co.jp/articles/2ac9f67786b4ca94d9ab3b0ab62f0b985d708f4e 坂本龍一 坂本 龍一は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、音楽プロデューサー。東京都出身。 世界的に活動している日本人ミュージシャン。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、ポピュラー音楽にも造詣が深い。愛称は「教授」。近年は環境や憲法に関する運動にも積極的に参加している。 生年月日: 1952年1月17日 (年齢 70歳) 出典:Wikipedia 吉永小百合 吉永 小百合は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町出身。早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業。 1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の映画に出演。吉田正の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。 ウィキペディア

Read more

岸田氏、広島市の平和記念公園を訪問し「核なき世界」主導をアピール 「国際社会をリードしていかなければいけない」/ネット「だめだこりゃ」「日本を護る気あるの?」

岸田首相、米駐日大使と広島を訪問 「核なき世界」主導をアピール 2022年3月26日 岸田文雄首相は26日、米国のエマニュエル駐日大使と広島市の平和記念公園を訪問し、原爆死没者慰霊碑に献花した。両氏は、ロシアによる核兵器使用が懸念されるウクライナ情勢や、核軍縮に向けた取り組みなどについて意見交換。首相は米国との連携を強め、「核なき世界」をめざす姿勢をアピールした。 首相とエマニュエル氏は同日午後、公園内の広島平和記念資料館を視察。2016年に米国の現職大統領として初めて広島を訪問したオバマ氏が自ら折った折り鶴などを見学した。 その後、首相とエマニュエル氏は、資料館内で意見交換。首相は、ウクライナ情勢について「核兵器を含む大量破壊兵器の使用は絶対にあってはならない。そうした中、被爆の実相に触れていただいた。国際社会に強いメッセージを発することになると確信している」と強調した。「日米が国際社会をリードしていかなければいけない」と連携を呼びかけた。 エマニュエル氏もロシアの侵攻を非難し、「政治的な関係がうまくいくためには信頼関係が欠かせない。そして広島ほど平和にコミットする上で重要な場所はない」と応じた。 視察終了後、首相は記者団に「バイデン大統領ともテレビ会議を通じて、核兵器のない世界を目指すことについて協力をしていくと確認したが、大使との間においてもそういった思いを共有した」と述べた。 エマニュエル氏も平和記念公園の原爆の子の像前で記者団に「大使として広島に来ることが大事だった」「私の旅路は広島で終わるものではなく、長崎まで行かないと終わらない」などと語った。バイデン氏の被爆地訪問について「日本に来たら(広島か長崎の)どちらかの都市には行きたいと言うと思う」と述べた。(朝日新聞) ネットの声 今することがそれ?地元広島の選挙対策としか思えない。 あかんわ。この人。 心底、岸田首相にはガッカリだ。 総理大臣がお花畑では、話にならない。 地元の票が欲しいのは分かるが、この時期にわざわざ日本無防備宣言をする意味が分からない。 アピールなんかいらない。こんなことしてる場合か? 国家・国民をどうやって守るのかをはっきりと明示してもらいたい。 核兵器を持っていい国は唯一の被爆国の日本だけでは?  

Read more

【TBS】青木さん「ウクライナ情勢があるせいもあって、日本の中で敵基地攻撃や核共有という話が出てきそうな気がして僕は心配」

2022年03月27日19:34 / カテゴリ:マスコミ 【北朝鮮 「新型ICBM」】 青木理「前略)ひょっとすると、この後4月くらいに色々な実験をしてくる可能性はあるのではないか。その時に日本が、ウクライナ情勢があるせいもあって、敵基地攻撃や核共有という話が出てきそうな気がして、僕は心配」 日本の安全は心配せず北朝鮮などの安全を心配😵‍💫 pic.twitter.com/GTFz4H9LjX — ピーチ太郎2nd (@PeachTjapan2) March 27, 2022  

Read more

【朝鮮ミサイル】松本人志さん「なぜ岸田さんはメモを見ながらなのか。北朝鮮に向けて“自分の気持ち”で怒って欲しい」

ピーチ太郎2ndさんのツイート 松本人志 「ゼレンスキーさんは12分間、もしかしたらカンペがあるのかもしれないが、ちゃんとカメラ目線で訴えていた。今回の次元の違う北朝鮮のミサイルを受けて、なぜ岸田さんはメモを見ながらなのか。北朝鮮に向けて”自分の気持ち”で怒って欲しい」 私もそう思った😖 松本人志「ゼレンスキーさんは12分間、もしかしたらカンペがあるのかもしれないが、ちゃんとカメラ目線で訴えていた。今回の次元の違う北朝鮮のミサイルを受けて、なぜ岸田さんはメモを見ながらなのか。北朝鮮に向けて”自分の気持ち”で怒って欲しい」 私もそう思った😖 pic.twitter.com/PKxPDrc9B2 — ピーチ太郎2nd (@PeachTjapan2) March 27, 2022 普段の国会答弁や、かなり長く話す必要のある国民に向けた記者会見なんかで、手元の紙やプロンプターを見るのは仕方ないと思っている でも今回のような重大事の短い声明ですら、メモを持って手元を何度も見ながら話す姿は、弱々しく映る そう見えないようどう演出したらいいのか、真剣に考えて欲しい — ピーチ太郎2nd (@PeachTjapan2) March 27, 2022  

Read more

【動画あり】松本人志氏「北のミサイルに。岸田さん『僕怒ってますよ』と我々に向けて言うのではなく、もっと自分の言葉で北朝鮮に向けて怒ってもらいたい」/ネット「首相としての気概なし」「官僚メモを読むだけ」

松本人志氏の発言 ゼレンスキー大統領は、12分、きちんとカメラ目線でちゃんと訴えている。 この間、また北朝鮮からのミサイルがあった。 特に今回のは特に次元が違うやつだ。それを受けて、岸田さんがなぜメモを見ながら、ICBMも言えないのかと思う。 もっと怒りを、僕、怒ってる感じですよ、皆さんと、我々に言っている感じだ。そうじゃなくて、北朝鮮に怒ってくれよ。自分の気持ちで怒ってほしい。 あんなとこで、岸田ノートいらんやろ。 松本人志氏「自分の気持ちで怒ってほしい」 松本人志「ゼレンスキーさんは12分間、もしかしたらカンペがあるのかもしれないが、ちゃんとカメラ目線で訴えていた。今回の次元の違う北朝鮮のミサイルを受けて、なぜ岸田さんはメモを見ながらなのか。北朝鮮に向けて”自分の気持ち”で怒って欲しい」 私もそう思った😖 pic.twitter.com/PKxPDrc9B2 — ピーチ太郎2nd (@PeachTjapan2) March 27, 2022 ネットの声 カンペ見ないと素が出てボロが出て、やばい事になった前例がいっぱいいるからかな。 大丈夫ですよ。岸田ノートとやらの中身は真っ白ですから 官房長官も大臣クラスも、皆んな原稿をひたすら読んでいます。 政治屋達は対岸の火事という意識だから官僚の書いた原稿を読むだけ。 要はどうやって銭を稼ぐかの意識。政治屋達は当選したので次の選挙まで休暇中なんです。 心底同意です!なぜ、これくらいの事を自分の言葉で表現できないのか? 心が伴っていないとしか感じません。リンさんの露駐日大使への抗議の時もそう。 首相としての気概が感じられない。

Read more

立民・泉代表、国民に対して「野党であるというならば、野党としてしっかりと振る舞っていただきたい」

立憲民主党の泉代表は、予算案に賛成した国民民主党に対して、「野党であるというならば、野党としてしっかりと振る舞っていただきたい」と述べた。 野党としてふるまうとはどんなことだろう?納得したものでもとりあえず対立の姿勢を見せるべきという事なのだろうか。 国民民主党については同党の小川政調会長が「国民民主党は準与党。橋を渡ったと受け止めている」(参考)と述べたのに対して、泉代表は「兄弟政党」を強調した。 ■「まぁ、兄弟というのは縁の話なので…」 国民民主の位置づけについて問われた泉氏は、「今は多分、(与党と野党)どちらでもないような状況なのかなと思いますよね」と応じ、「与党」という言葉を避けた。これまでの発言からのトーンダウンを指摘されると、「野党であるというならば、野党としてしっかりと振る舞っていただきたい」。次のように話し、協力の余地を残した。 「立憲民主党としては、当然自民党とは異なる選択肢を国民の皆様に提示をしていくということなので、そこに協力的なのか、また協力的ではないのかというところを引き続き見定めていきたい」 国民民主との距離感を示す言葉として、泉氏は「兄弟政党」という言葉も口にしてきた。現時点での認識を問われると、「まぁ、兄弟というのは縁の話なので…もちろん、ね、兄弟の間の距離感というのは、そのときそのときで違うかもしれませんが、兄弟は兄弟じゃないですか?と思います」。立憲、国民民主ともに旧民主党がルーツになっていることを指している。 「今もまだ兄弟」なのかという確認には次のように話し、距離感や行動によって兄弟政党か否かが変わるものではないとの考えだ。 「『まだ』とかじゃないですよね?それはあの、成り立ちからすれば、兄弟じゃないですか。ただ、兄弟だからといって、性格が一緒なわけでもなければ、行動が常に一緒なわけではないというところがあるのかもしれませんね…」 引用元 立憲泉代表、国民民主に「野党として振る舞って」 それでも「兄弟政党」めぐり「兄弟は兄弟です」 泉代表は「兄弟政党」ということで、日本維新の会よりは国民民主党が近い政党であることを訴え、参院選での協力を取り付ける可能性はまだあると思っているようだ。 確かにあるかもしれない。だが、さんざん言ってきたが共産党との関係を明確にすることだ。玉木代表は共産党が加わる協力関係には否定的で、志位委員長も「国民民主は選挙協力の対象にならない」と先日述べたばかりだ。 共産への対応も焦点だ。玉木氏は共産との関係を明確にしない限り、立民との調整には応じない構えだ。共産の志位和夫委員長も24日の記者会見で「国民民主は選挙協力の対象にならない」と立民を牽制(けんせい)しており、泉氏が股裂き状態から脱することができるのかが注目される。 引用元 立民・泉代表、国民民主との関係に苦慮 揺れる言動 国民民主党と協力するために共産党と離れるか、それとも国民民主党との協力を諦めるか、選択が迫られている。このままぐずぐずと時間だけを浪費していては候補者調整が進まず、共闘どころではなくなるかもしれない。 これまでは兄弟政党の兄としてマウントをとってきた立憲民主党だが、弟もいつまでもいう事を聞いてはいられない。兄弟の袂を分かつ時が来たのではないか。  

Read more

【画像】アメリカで大人気の大谷さんグッズが話題にwwwwwwwwwwww

2022年03月26日16:49 / カテゴリ:スポーツ 1: ダルナビルエタノール(中国) [US] 2022/03/26(土) 15:53:58.90 7: メシル酸ネルフィナビル(東京都) [US] 2022/03/26(土) 15:59:12.62 ええな(*´ω`*) 20: エムトリシタビン(東京都) [SA] 2022/03/26(土) 16:09:14.20 これはワロタwww 4: ガンシクロビル(茸) [CN] 2022/03/26(土) 15:56:06.01

Read more

山口二郎氏、この状況で“アベガー”発動…「この男は恥という言葉を知らないのだろう」

山口二郎氏のツイート この男は恥という言葉を知らないのだろう。 まともな人間なら、プーチンに対する数々の媚態を恥じて、謹慎蟄居するはず。 プーチンに騙されたと言いたいのか。 政治家たるもの、騙された方が悪い。 この男は恥という言葉を知らないのだろう。まともな人間なら、プーチンに対する数々の媚態を恥じて、謹慎蟄居するはず。プーチンに騙されたと言いたいのか。政治家たるもの、騙された方が悪い。 https://t.co/sQVMxdv8dq — 山口二郎 (@260yamaguchi) March 24, 2022 山口二郎 山口 二郎は、日本の政治学者、政治活動家。法政大学法学部教授。北海道大学名誉教授。専門は行政学、現代日本政治論。 岡山県岡山市出身。東京大学法学部卒業。 生年月日: 1958年7月13日 (年齢 63歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・お前は一度でも火中の栗を拾う事を試みたのか? 恥を知れ😡 ・気楽な商売だな。落選請負人!

Read more