社民党・福島党首「やるっきゃない!」「大変だから助けて」

社民党が政治団体“格下げ”崖っぷち 福島瑞穂党首も危機感「大変だから助けて」 記事によると… ・第26回参院選(7月10日投開票)で、社民党が政党としての存続危機に直面している。現職の国会議員は衆参各1人で、今回の選挙で政党要件を満たすには3人の当選が必要だが、直近3回の参院選では当選者は1人だけ。もう一つの条件である「得票率2%以上」をクリアできなければ、政治団体に“格下げ”となる。自身も改選を迎える福島瑞穂党首(66)は「私も社民党も正念場」と危機感をあらわにした。 ・福島氏は同党で女性初の委員長となった土井たか子氏(故人)の名言を使い、「『やるっきゃない!』という気持ちしかありません」と自らを鼓舞するが、約1万2000人いるとされる党員は、高齢化が進む。 比例に8人、選挙区で4人を公認した今回は、党のホームページでも「2000年代以降は振るわず、今回の参院選挙が背水の陣です」と自虐的に記載するが、福島氏に下を向いている暇はない。「党がなくなることは考えないようにしています。伸びるしかないから。(党が)ニュースになるのは悪くないし、けなされてもいい。大変だから助けて、と。この政党がなくなるのは困る、と思ってもらいたいです」。果たして、悲痛な訴えは有権者に届くのか。 6/26(日) 7:00 https://news.yahoo.co.jp/articles/82d5ff8524fbc93e2d5221e5cf763bd10ac9a0ae 福島瑞穂 福島 瑞穂は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党党首、同参議院議員会長、社会主義インターナショナル副議長。宮崎県出身、神奈川県在住。内縁の夫に海渡雄一を持つ。 内閣府特命担当大臣、社会民主党幹事長、同副党首、学習院女子大学客員教授などを歴任した。 生年月日: 1955年12月24日 (年齢 66歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・政治家が助けてって言ったらおしまいやろ ・自業自得。 ・誰が助けるかよ。お前は誰も助けてないから誰も手を差し出してくれない。国民を舐めるな‼️ ・社民党の存在より 自民党が左傾化していることが問題 ・嫌ですね💢😤 ・諦めて落選しな。

Read more

「首相は外弁慶。外国では軍事費増強を勝手に約束」 共産・小池氏

記者会見する共産党の小池晃書記局長=2022年6月27日午後3時31分、国会、横山翼撮影 ■共産党・小池晃書記局長(発言録) (ドイツで開催中のG7サミットで)岸田文雄首相は日本の防衛力を5年以内に抜本的に強化して、防衛費の相当な増額を確保すると決意表明した。党首討論で聞かれると「政府として数字ありきではない」ときちんと言わない。ところが、この間の日米首脳会談でも相当な増額をバイデン大統領に約束するし、ドイツでは決意表明する。 【写真】記者会見する共産党の小池晃書記局長=2022年6月27日午後3時39分、国会、横山翼撮影 「外弁慶」というか、国内で国民に対してきちんと説明をせず、外国に行って軍事費増強の約束を勝手にするのは大変問題だし、日本は平和国家はやめるというメッセージになるのではないかと大変危惧している。(27日、国会内での記者会見で)

Read more

中国政府、岸田総理のNATO首脳会議初参加に猛抗議!!「アジアは、北大西洋ではない!」と必死の悲鳴!!岸田総理は、NATO会議に参加する史上初の総理!!

岸田総理が我国の総理として、初めてNATO首脳会議に出席するのだ!!そんな岸田総理に中国政府が猛抗議、アジア太平洋は、北大西洋ではないと必死の悲鳴を喚き散らしているのだ。 岸田総理がNATOともに中国を包囲しようとしていることに、不安を中国が感じているのは間違いない!!岸田総理による中国包囲網に期待だ!! 中国政府、岸田総理のNATO首脳会議初参加に猛抗議!!「アジアは、北大西洋ではない!」と必死の悲鳴!!岸田総理は、NATO会議に参加する史上初の総理!! 岸田総理は、参院選の最中ではあるが、6月25日にNATO首脳会議に我国の総理として、史上初の参加をすべく、向かった!!岸田総理は、30日まで参加し、中国がロシアと同じ独裁侵略国家であると訴えると言う。 政局よりも安全保障を重視する岸田総理らしい振舞だ! そんな岸田総理の外交攻勢に、中国政府が猛抗議だ!! 中国外務省の汪文斌(おうぶんひん)報道官は23日の記者会見で、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に日本や韓国などが参加することに対し「アジア太平洋地域の国と人民は、軍事集団を引き入れ、分裂や対抗を扇動するいかなる言動にも断固反対する」と述べた。「アジア太平洋地域は、北大西洋の範疇ではない」とも述べ(略) 引用元 中国、NATOに反発 「アジアは北大西洋でない」 中国外務省は、「アジア太平洋地域の国と人民は、軍事集団を引き入れ、分裂や対抗を扇動するいかなる言動にも断固反対する」「アジア太平洋地域は、北大西洋の範疇ではない」等とは、まるで大パニック状態の悲鳴だ!! どれだけ中国がNATOと我国が結び付き、中国の侵略の野望を打ち砕くことを恐れているか、良く分かる。 だいたい、アジアは北大西洋ではないとは、笑止だ!それならば、上海条約機構等と言う名前の癖に、ロシアや中央アジアが含まれる軍事同盟をさっさと解散すべきであろう。「海のシルクロード」等と言う意味不明な地域協力も辞めるべきだ。シルクロードは大陸にしかないからだ。 怯えたように脅威を叫び、意味不明な批判をするのは、それが図星だからであろう。 これほどまでに中国を怯えさせているのが、岸田総理だ。 一方不安を感じることもある。それは、これだけ、多くの国が分断されるはどうかということだ。今多くの国の会話がなくなっている。これは憎悪が成長するだけで、解決にはならない。この点も含め、岸田政権の更なる外交・安全保障政策に期待したい。

Read more

立憲民主党・泉代表「立てよ、国民」「我々は、正義の戦いをしている」

2022年06月26日21:06 | カテゴリ:立憲民主党 1: パルサー(大阪府) [KR] 2022/06/26(日) 20:03:09.26 ID:0UFhj3Aq0.net この物価高にはもっともっと怒っていただきたい。 まさに「立てよ、国民」。私は皆さんにお伝えしたい。この悲しみ、この苦しみを怒りに変えて「立てよ、国民」。我々は 自由民主党に比べれば戦力は少ないけれど、しかし、正義の戦いをしている。 僕がちっちゃい頃、ラジカセで「機動戦士ガンダム」を録音し、セリフを覚えた。(主要キャラクターの)ガルマが死んだ時、(兄の)ギレン総帥が追悼演説をした。その一節に「悲しみを怒りに変えて。立てよ、国民」っていうのがあった。皆さん、国民って言っても、立憲民主党ですからね。(26日、東京・秋葉原での街頭演説で) https://www.asahi.com/articles/ASQ6V672QQ6VUTFK00J.html  55: 海王星(東京都) [US] 2022/06/26(日) 20:14:10.96 ID:9xZsyzTi0.net すべってるぞ 39: ミラ(SB-iPhone) [US] 2022/06/26(日)

Read more

自民党茂木幹事長「消費税を下げるなら年金3割カットするということになるが良いのか?」

2022年06月26日19:17 | カテゴリ:自民党 1: 太陽(茸) [US] 2022/06/26(日) 15:29:12.36 ID:uMNT199a0 .net 茂木幹事長 「みなさんからお預かりしている消費税、これは大切な財源ですので、これを下げるということになると年金3割カットするということになる」 28: ブレーンワールド(兵庫県) [US] 2022/06/26(日) 15:34:22.55 ID:EmEGLmQy0.net なるわけねえだろカス 29: ポラリス(ジパング) [US] 2022/06/26(日) 15:34:29.76 ID:PO520lc+0.net

Read more

玉木氏「再エネ賦課金」免除を公約に追加「年間1万円引き下げます」/ネットは懐疑的「小池氏と連携してる人が?」「選挙終わったら取り消すんだろ」「リップサービス乙」

国民民主、「再エネ賦課金」免除を公約に追加 2022/6/26 国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、電気料金の高騰対策として、料金に上乗せされている「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」の徴収を一時的に免除する案を公表した。参院選の公約に追加する。財源は予備費を活用するとした。 玉木氏は「標準的な世帯で年間1万円くらい負担が軽減される。予備費は5・5兆円あるが、1年間でも(必要な予算額は)2・7兆円だ」と述べた。 再エネ賦課金は、太陽光などで発電した電力の買い取りに電力会社が要した費用を、料金に上乗せして徴収する制度。平成24年の導入以降、総額は年々増加し、現在では電気料金の1割以上を占めている。 玉木氏は、政府が検討する「節電ポイント」制度については「昨日、今日も暑い。クーラーを無理して切ったりすると、健康被害も生じる可能性がある」と指摘した。 玉木氏のツイート 国民民主党は、電気代高騰対策として「再エネ賦課金の徴収停止」による電気代1割強の値下げを追加公約として発表しました。家庭用電気代の約12%、産業用・業務用電気代の16%が再エネ賦課金なので、平均家庭で年1万円安くなります。減収分(年間最大2.7兆円)については予備費(5.5兆円)で補填します。 pic.twitter.com/1S4Efxj1cy — 玉木雄一郎(国民民主党代表) (@tamakiyuichiro) June 26, 2022 ネットの声 言ってることは正論。その通りですが、玉木国民民主にできるとは思わないです。 玉木氏にできるはずがないでしょ。。。 再エネ大好きの小池党の応援演説に行ってる人が? どうせ選挙終わったらしれーっとやめるんでしょ。 再エネ賦課金を停止ではなく、撤廃してほしい。 嘘ついたらあきまへんで。

Read more

岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

【2022年夏・参院選】 岡山選挙区(改選定数1)は事実上、自民党現職の小野田紀美氏と、立憲民主党などが推薦する元玉野市長の無所属新人、黒田晋氏の一騎打ちだ。この選挙区、公明党絡みでにわかに全国的な注目を浴びる選挙区となっている。 【当落予測リスト】首都圏選挙区の場合 地元の自民党関係者が、理由を明かす。 「小野田氏が1月、ツイッターで公明党の推薦を求めない趣旨の投稿したからですよ。公明党は5月、県本部幹事会で『自主投票』を決定した。自公連立政権下、前代未聞の出来事です」 連立政権を組む自公両党は、これまで国政選挙などで、その都度話し合い、相互に推薦、協力、当選を勝ち得てきた。この推薦によって、例えば自民党候補は各選挙区で、公明党関連票を平均5万~10万票得て、競り合う野党候補に打ち勝ってきたとされる。自民党関係者が明かす。 「だが、今回の参院選については、自公中枢の話し合いが遅れていた。自民党の一部から、公明党との競合選挙区で『なぜ、公明党候補を推薦しなくてはならないのか』と疑問の声があがっていた。業を煮やした公明党の山口那津男代表が1月の段階で、参院選での自民党候補者へ全面的に推薦見送りの検討も辞さないと強気の姿勢を見せたのです」 これに反応したのが小野田氏だ。ツイッターにこう投稿したのだ。 《政党が違うのですから、選挙は他党の推薦ありきでやるのではなく、それぞれ自由にやるのが自然ですよね。公明党さんの推薦見送り検討、共感します。お互いそれぞれ頑張りましょう! ってやつですね!》 小野田氏は、母親は日本人、父親は米国人。米シカゴ生まれで、1歳から母親の地元の岡山県へ。幼いころから「不正」が嫌いで、HPにも「悪事や理不尽が起きない世の中を作ることができたなら…それは最高の正義の味方だ!!」などと政治家志望のきっかけを記している。 産経新聞は25日、WEB版で「〈独自〉中国人留学生のバイト給与の免税撤廃へ」という見出しで、日本でアルバイトをする中国人留学生に適用されている給与の免税措置の撤廃に向け、政府が日中租税条約の改正を検討していると報じた。 これは、小野田氏が14日の参院決算委員会で、日本の大学生と中国人留学生の待遇に乖離(かいり)があると指摘し、見直しを求めていたものだ。小野田氏は同日、「ひとつひとつ、当たり前になっていたおかしい事は直していかねばなりません」とツイートした。 そして、岡山選挙区。 小野田氏の前回2016年選挙の得票は、公明党の推薦を受けて43万7347票で、次点の32万9501票とは約10万8000票差だ。 地元の選挙事情通が言う。 「岡山の公明票は12万前後です。つまり前回の相手候補との票差がまるまる公明票と重なる。公明票が黒田氏に流れれば大波乱が起きかねない」 ネット上では、小野田氏を応援する声も多い。結果が注目される。 (ジャーナリスト・田村建雄)

Read more

自ら戦わない国は、他国からも見放される——葛城奈海さんの体験的国防論

山保全に取り組む中、ある古老の祈りに触れたことで、日本の伝統文化・歴史を守り伝えていく使命に目覚めたというジャーナリストの葛城奈海さん。言論活動だけでなく、実際に漁船で尖閣諸島海域に渡る、予備自衛官捕の公募に応募するなど、自らの行動を以て国を守ることの大切さを訴えていらっしゃいます。 そんな葛城さんに、活動の原点となった体験、激動の時代を生きるいまの日本人へのメッセージをいただきました。 ◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」はこちら 国を守る気概を取り戻せ 〈葛城〉 戦後教育を受けて育ち、以前は国を守ることに全く関心がなかった私に転機が訪れたのは、大学の農学部を出て地元埼玉県の有志グループに加わり、里山保全に取り組んでいた時のこと。 水源確保のため、やむなく森林内の溜池周囲の木を伐採することになった際、指導役の古老が木にお米とお塩とお酒を供え、「命をいただきます。ありがとうございます」と一心に感謝の祈りを捧げたのです。 私はその神々しい後ろ姿に釘づけになり、思ったのです。国を守るというのは、国土や国民など形あるものを守ることだけをいうのではない。いま古老が身を以て示されているような自然観など、先人から連綿と受け継がれてきた大切な文化、伝統、価値観をしっかり継承していくことなのではないか。 その瞬間、国を守ることの意義が、私の中でストンと肚に落ちたのです。 私はその後、ジャーナリストとして活動を始めました。そして国防への意識を行動に移したいという思い、自分の五感を通じて体感した言葉を発したいとの思いから、2000年に市谷へ移った防衛省の新しい庁舎と市ヶ谷記念館を案内するツアーガイドを始めました。さらに予備自衛官補の一般公募が始まったのを機にこれに応募し、第一期生になりました。 こうした経緯から自衛隊を取材する機会にも恵まれるようになった私は、先述の尖閣諸島にまつわる政府の対応にも見られるような日本の矛盾点、戦後体制の闇の深さを痛感するようになったのです。 私が特に気懸かりなのが、国を守るという姿勢がいまの日本に感じられないことです。同盟国のアメリカが守ってくれるといいますが、国民が自ら守ろうともしない国を、どうして他国の人が血を流してまで守ってくれるでしょうか。 それが証明されたのが、アフガニスタンでした。昨年8月に首都カブールがタリバンによって制圧された際、ガニ大統領は国外へ逃亡し、士気を失った国軍は瓦解しました。 同国から米軍を撤退させたアメリカのバイデン大統領は、「アフガン国軍が戦おうともしない戦いで、なぜアメリカ人が戦わなければならないのか」と言いました。私たち日本人は、このバイデン大統領の言葉をしっかり心に刻んでおかなければなりません。 それと対照的なのが、いまロシアに侵略されているウクライナです。 武力では圧倒的に不利であるにも拘らず、ゼレンスキー大統領が「私はここにいる」と決して逃げない姿勢を見せたことで、ウクライナ国民は鼓舞され、海外に在住していた何万人もの国民が祖国防衛のため帰国しました。 さらにポーランドなどの近隣国、そして当初は及び腰だったドイツや、永世中立国のスイスまでウクライナを応援し始めたのです。 一国のトップが肚を括れば、ここまで状況は変わるのです。 日本という国の異常さ ところがいまの日本は、侵略の危機に瀕している尖閣諸島の防衛に自ら積極的なアクションを起こそうともせず、首相や大臣が代わる度に「尖閣は日米安保条約第五条の適用範囲」との言質(げんち)を得ては、胸を撫で下ろしている始末です。 また、日本は他国に拉致された国民を40年以上も救出できずにいます。 拉致被害者の救出に一番熱心だと言われていた安倍政権の時ですら、自衛隊による救出作戦実施の可能性について、「日本には憲法の制約があるためそれはできない。アメリカに頼むしかない」と総理は発言していました。 先日、『平成の自衛官を終えて』というご著書を贈呈いただいた元陸上自衛官の飯塚泰樹氏は、現役中に拉致被害者の救出を成し得なかったことへの慚愧(ざんき)の念を、「任務、未だ完了せず」という副題に込められています。 その飯塚さんが米国留学時に授業で拉致問題について説明したところ、「侵略の被害に遭っている国民も助けに行かないなんて、おまえたちの存在価値はどこにあるのか?」とクラスメートから批判され、答えに窮してしまったそうです。

Read more

辻元清美氏「国会に送ってください」 街頭演説に菅直人元首相も登場「危険な道」と維新批判

菅直人元首相(左)と街頭演説を行う辻元清美氏 公示後初の日曜日となった26日、立憲実民主党から比例代表で出馬した辻元清美氏(62)は、大阪市の京橋駅前で菅直人元首相(75)らと街頭演説を行った。 【写真】菅直人元首相も辻元氏に賛同 辻元氏は、大阪府と大阪市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について「これだけ物価が上がって、コロナでたくさんの人が亡くなって、ウクライナが戦争と、ある意味危機の中で“カジノ、カジノ”と言っているのは、世界広しと言えど大阪だけ」と批判した。 さらに「次の衆院選を待っていたら、カジノは止められない。止めるために、国会に送ってください」と懇願。菅氏は「維新が力を持てば、カジノをつくるだけでなく、原爆まで持とうとする、日本をそういう危険な道に持って行くのか」と熱弁した。

Read more

【?】テレビ:金平さん「軍事基地を押し付けられてる沖縄はウクライナと地続きです!」

2022年06月26日18:53 / カテゴリ:マスコミ 金平「未だに圧倒的な軍事基地を押し付けられてる沖縄はウクライナと地続きです」( ゚д゚)ポカーンちょっと何言ってるかわからない。#報道特集 #tbs — はるお (@tr_haruo) June 25, 2022 金平茂紀「ウクライナ人に涙か出ました。軍事基地を押し付けられてる沖縄はウクライナと地続きです‼」はぁ?????#報道特集 pic.twitter.com/4RXjoeD9Uj — JapanPoliticsChannel (@JpPoliticsChl) June 25, 2022 金平茂紀キャスター 「沖縄へ移住したウクライナ人女性が三線を爪弾き、島唄を歌っている姿に涙が出ました。いまだに圧倒的な軍事基地を押し付けられている沖縄は、ウクライナと地続きです」#報道特集 pic.twitter.com/bkMZsxsOJ3 — たけたけ

Read more