自民・小野田紀美氏RT「日本のNPO、マネロンに悪用懸念 テロ資金への低い危機意識指摘 !2021年の記事ですが、重要な指摘!」

0 Shares

自民・小野田紀美氏RT「日本のNPO、マネロンに悪用懸念 テロ資金への低い危機意識指摘 ! 2021年の記事ですが、重要な指摘!」 日本のNPO、マネロンに悪用懸念 テロ資金への低い危機意識指摘 https://sankei.com/article/20210830-NGBYM6M27NILXIMI754JUPIC5U/… 2021年の記事ですが、重要な指摘。 自民・小野田紀美氏RT「日本のNPO、マネロンに悪用懸念 テロ資金への低い危機意識指摘 ! 日本のNPO、マネロンに悪用懸念 テロ資金への低い危機意識指摘 https://t.co/lWpxFgrSKe 2021年の記事ですが、重要な指摘。 — 小野田紀美【参議院議員/岡山】 (@onoda_kimi) January 20, 2023 ホンマに、よろしくお願い致します。 — NUNA (@Front_and_back2) January 20, 2023 colabo問題ですね〜。

0 Shares
Read more

週刊朝日が休刊へ、5月30日発売号が最後…「今後はウェブニュースなどに注力」

0 Shares

週刊朝日が休刊へ、5月30日発売号が最後…「今後はウェブニュースなどに注力」 朝日新聞出版は19日、週刊誌「週刊朝日」が5月30日発売号をもって休刊すると発表した。 同誌は1922年に創刊し、総合週刊誌として、司馬遼太郎の「街道をゆく」などを掲載した。現 在の平均発行部数は約7万部。 同社は「週刊誌市場の販売部数・広告費が縮小するなか、今後はウェブニュースや書籍部門に、 より注力していく判断をしました」としている。

0 Shares
Read more

朝日新聞出版発行の『週刊朝日』、5月で休刊へ

0 Shares

朝日新聞出版発行の『週刊朝日』、5月で休刊へ 週刊朝日、5月休刊へ 記事によると… ・朝日新聞出版が発行する週刊誌「週刊朝日」が5月で休刊することが18日、分かった。 ・近年の週刊誌市場の縮小により継続が難しくなったためだという。 ・同誌は1922年の創刊で、昨年2月に100周年を迎えた。 1/19(木) 7:12 https://news.yahoo.co.jp/articles/147785892cd7d3b9b54b5fc1c4935cf944b193ee 『週刊朝日』は、朝日新聞出版発行の週刊誌。1922年に創刊され、『サンデー毎日』と並ぶ、日本 の新聞社系老舗週刊誌。毎週火曜日発売。発行部数16万5,958部は『週刊アサヒ芸能』に次いで業 界第8位。 発行部数: 99,785部(2021年1月〜3月日本雑誌協会調べ) 出版社: 朝日新聞出版 刊行期間: 1922年 – 現在 刊行頻度: 週刊 発売国: 日本 出典:Wikipedia

0 Shares
Read more

山上徹也被告、拘置所内で担当刑務官に対し「ボケ」「アホ」などと暴言を繰り返し懲罰を受ける … → 元検察官「懲役30年あるいは無期懲役が相当」

0 Shares

2023年01月18日 時事ニュース 山上徹也被告、拘置所内で担当刑務官に対し「ボケ」「アホ」などと暴言を繰り返し懲罰を受ける … → 元検察官「懲役30年あるいは無期懲役が相当」 #山上徹也 被告「懲役30年あるいは無期懲役が相当」と元検察官 懲役30年となった場合、模範囚として過ごし刑期満了の数年前に仮釈放されたとしても、出所する頃には70才前後の高齢者になっている。 #安倍晋三 #旧統一教会 #NEWSポストセブンhttps://t.co/W64RKWxRdg — NEWSポストセブン (@news_postseven) January 16, 2023 罪軽い 何故? — ベルマロハッピーちゃん (@y1026y1) January 17,

0 Shares
Read more

マツコデラックスが韓国タレントにブチギレ…「だったら出て行けよ!受け入れてやってるんだよ」

0 Shares

マツコデラックスが韓国タレントにブチギレ… 「だったら出て行けよ!受け入れてやってるんだよ」 日本と韓国の文化と考え方の違い マツコ・デラックスさんが 「K-POPが日本の芸能界より上」の発言に大反論します。 日本人からしたらマツコデラックスさんが話してることが正論だとは思うんですが、 韓国人からしたら全然納得できないご様子。 これはもう文化とかそういう違いからくる価値観の違いだと思ってしまう。 ■日本の芸能界は草野球レベル、 韓国の芸能界はプロ野球レベルと発言した 韓国人タレントにマツコさんがブチ切れ! ネットでの反応 ・アメリカからも世界からも嫌われ者の韓国人って嘘つき遺伝子持ってる!キモーイ。 ・K-POPは日本に住んでる在日がファンになりすましてる。 ライブ会場なんかに来てるのもファンでもなんでもない在日。いわゆるサクラ。 ・K-POPをみたアメリカの子供の反応は? これ他にもk・popが好きって反応してる子も居たのに 何でk・pop嫌いって言ってる子だけをだしてるんですか? ・K-POPは日本がいないと赤字。 日本は人口が多いから日本だけでやってける。だから考え方が違う。 ・韓国にいる、住んでいる日本人、可哀そうだね。 自分の住んでいる国が同じ日本人に貶されているんだから

0 Shares
Read more

“暴走”盗難車に警察官発砲 容疑者死亡 住民恐怖…元刑事語る“選択”迫られた心情

0 Shares

13日、暴走する盗難車に警察官が発砲し、運転していた男が死亡した事件。拳銃の使用が適正だったのか、警察が調査を進めています。 2人で2発ずつ発砲…「口論も」容疑者死亡 事件から2日経った15日も、現場には規制線が張られ、大勢の警察官の姿がありました。 目撃者:「(スピードは)120キロくらい。100キロは確実に出て」「(Q.普通じゃない様子?)もう全然、あのスピードは」 現場近くの防犯カメラに映っていたのは、パトカーが乗用車を猛スピードで追跡している様子です。 パトカーに追われていた盗難車は一方通行の道で、信号待ちをしているトラックの後ろに停車。その後ろに並んだパトカーにバックでぶつけます。 八尾警察署の巡査長が助手席側から、警部補が運転席側から警告しましたが、盗難車は前進とバックを繰り返し逃げようとしたため、2人は2発ずつ発砲しました。 盗難車を運転していたのは、住居・職業不詳の石橋健太容疑者(41)です。腹などを撃たれたまま、なおも逃走し、20メートルほど先の信号の柱に衝突し、停止しました。 目撃者:「見に行ったら、車がもう今の状態で大破してて。警察官が『大丈夫か、大丈夫か』って。運転手は暴言をバーッて吐いていて。そういうやり取りがあった」「(Q.警察官に対して暴言を?)口論してて、何と言ってるかは分からなかった」 石橋容疑者は、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、搬送先の病院で死亡しました。 警察官が発砲…住民恐怖「よっぽどのこと」 “警察官の発砲”について、地元住民は、次のように話します。 地元住民:「発砲って聞いた時は、驚きましたけど。犯人じゃなくて警察が止めようとして、撃ったってことだったので。子どもが保育園に行ってたので、良かったです。捕まってというか、それで解決したなら、良かったです」 地元住民:「怖いは、怖いんですけど。やむを得なかったのかなって気持ちも。よっぽどのことかなと」 日常生活で遭遇することのない事態に、不安を覚える人もいました。 地元住民:「やっぱり怖い。発砲するのは、相手だって車には乗ってるけど、武器を持ってるわけではないから。何を持ってというところはありますよね」 地元住民:「反対ですね。撃たなあかんほどではないやろって。何とかして、止める方法はあったやろとは思うので」 元刑事「違法ではないと」 2012年にも… 元埼玉県警刑事の佐々木成三氏は、「今回の発砲は、違法ではない可能性が高い」と話します。 佐々木氏:「(発砲せずに)もし容疑者が逃げた場合は、さらなる犯行を繰り返して国民に危害が及ぶ。もしくは警察官の体にも、危害を及ぶ。緊急避難と正当防衛のなかで、違法ではないんじゃないか。結果的に男性が亡くなったのは、とても残念な結果だなと感じています」 2012年、大阪市西成区でワゴン車が暴走し、歩行者ら6人を次々とはねて重軽傷を負わせました。 当時、駆け付けた警察官は警告して拳銃を構えましたが、発砲せず、ワゴン車は警察官の制止を振り切り逃走。再び暴走を続けました。 “発砲の選択”迫られた心情「ちゅうちょ」 「発砲するか、しないか」。その選択を迫られた警察官の心情について、佐々木氏は自身の経験を踏まえ、次のように語ります。 佐々木氏:「強盗です。コンビニ強盗。刃物を持ってコンビニ強盗に押し入って、被害者に刃物を向けてる状態のところを、拳銃を取り出しながら行ったんですけど。犯人は抵抗というか、逃げてきたんですよね。その時は、やっぱり拳銃を撃てなかったですね。拳銃を撃つと、これは適正なのかという議論になってしまうんじゃないか。そういったことでちゅうちょする。実際、僕もちゅうちょした一人です。(今回)拳銃を使った警察官においては、それなりの判断をして、責任を持って拳銃を撃ったということだと思います」

0 Shares
Read more

【ブチギレ….】バス運転手に小学生が悪質なイタズラを何度も繰り返し… その後、血も涙もない仕返しが待っていた。

0 Shares

【ブチギレ….】バス運転手に小学生が悪質なイタズラを何度も繰り返し… その後、 血も涙もない仕返しが待っていた。 【ブチギレ….】バス運転手に小学生が悪質なイタズラを何度も繰り返し… その後、 血も涙もない仕返しが待っていた。 25日、あるTwitterユーザーが バス運転手がイタズラを繰り返す乗客の小学生を 泣かせたことを報告し、大きな反響を呼んでいる。 ユーザーによると、 バスに乗り合わせた 「アホ小学生」が停車ボタンを何度も押し、 バスがバス停に停まるたびに笑いながら 「間違えました」 「うっそでーす」 と降車を撤回するイタズラを繰り返していたそうだ。 すると運転手が、数回目で停車したまま 「今ボタン押した人降りて」 と一言告げたという。 小学生がそれまでどおり 「違いまーす」 と返したところ運転手は 「降りるまで発車しないから」 と譲らなかったという。 小学生はこの状況に半泣きとなって

0 Shares
Read more

鳩山元総理、韓国で平和のために活動した人に授けられる「友堂特別賞」受賞「歴史的事実を認め無限責任下に謝罪する心を忘れず、平和構築に努めていきたい!」

0 Shares

鳩山元総理、韓国で平和のために活動した人に授けられる「友堂特別賞」受賞「歴史的事実を認め無限責任下に謝罪する心を忘れず、平和構築に努めていきたい!」 2023年01月16日韓国 鳩山元総理、韓国で平和のために活動した人に授けられる「友堂特別賞」受賞「歴史的事実を認め無限責任下に謝罪する心を忘れず、平和構築に努めていきたい!」 韓国に一生頭を下げ続けて、日本に二度と帰ってこないでください💢日本政府はいつまで野放しにしておくのかしら😠 ▼鳩山元首相、平和のために活動した人に授けられる韓国の「友堂特別賞」受賞https://t.co/8PyyyC5zmo pic.twitter.com/tGAQEMEHiN — 🇯🇵+α🌸 (@ZMBLb7B9fV7xKpN) January 12, 2023 ①ロシアに行けばクリミアの併合を民主的。②中国に行けば 尖閣は中国が日本に盗まれたといっても仕方ない 。③韓国に行けば土下座。④中国の取材では南京問題を話し、韓国の取材でも慰安婦の謝罪を話し続けます。ほかの国なら〇刑になってもおかしくはありません。母親の祖国にお帰り下さい。 pic.twitter.com/3Cc4UYjWKD — 🇯🇵+α🌸 (@ZMBLb7B9fV7xKpN) January 12, 2023 コイツのせいでどれだけの国民が苦しんだことか。今も苦しめられてるけど。 — gaku (@manabun48506028)

0 Shares
Read more

【ネットで話題】colabo炎上問題、そもそもの発端が指摘される → wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

0 Shares

【ネットで話題】colabo炎上問題、そもそもの発端が指摘される → wwwwwwwwwwwwwwwwwwww 【ネットで話題】colabo炎上問題、そもそもの発端が指摘される → wwwwwwwwwwwwwwwwwwww 2023年01月06日 ジェンダー民進党(元民主党) 今話題のcolaboや若草の炎上って、元は米山隆一が「政治家はジェンダーよりも経済を前に出すべき」と指摘して、これにキレた仁藤夢乃が暴言吐きまくったのが発端なんだっけな…。で室井佑月に怒られた仁藤が話題そらしに温泉むすめに放火し、暇空茜を刺激して今に至ると。延焼しすぎだろ。 pic.twitter.com/75AEgknp5g — 水流 (@Kim_Sueil) January 1, 2023 やっと自分と同じ考えの人に辿り着けた。そう今回の件は米山夫婦が影のMVPなんですよね。https://t.co/ulI4gJh9aT — 橘 (@jAoT39) January 1, 2023 colabo大炎上、全ては一人の男のJD買春から始まった事を考えると何とも感慨深いですね。ハッピー米山知事の買春辞任、その後の復活当選からの「軽率なジェンダー論」ツイートが無ければ仁藤氏からの口撃もなくパンドラの箱は封印されたままだった可能性が高いでしょうから。https://t.co/Hsa2Qr3qO1 —

0 Shares
Read more

杉田水脈さん、またまたパヨクを発狂させるツイートをしてしまう → wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

0 Shares

2023年01月14日 自民党左翼悲報 宮古毎日新聞の記事。反対派のことが記事になってますが、写真に写っているようにほんの数人しかいませんでした。 pic.twitter.com/odOUSF6rpn — 杉田 水脈 (@miosugita) January 12, 2023 はい、毎日ですから.察します — 🇯🇵もちもちちゃん🇺🇸🇹🇼 (@WuyezwpGtG8BHYO) January 12, 2023 何時もの事です。報道特集の画も同じ手口ですよ! — sangokujinka (@sangokujinka) January 12, 2023

0 Shares
Read more