大阪府北部の地震発生から、たった2分で活動開始 自衛隊に「さすが」の声

2018年6月18日、午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源地とする地震が起こりました。 電気や水などのライフラインが絶たれる地域が発生するなど、さまざまな被害状況が明らかになる中、防衛省・自衛隊の対応に称賛の声が上がっています。 地震の約2分後から活動開始 同日地震を受け、すぐさま活動を開始したのは、大阪府周辺を始めとする陸上・海上・航空自衛隊の各部隊。 防衛省の公式Webサイトに公開された、主な対応状況がこちらです。 主な対応状況 【18日(月)】 08時00分 防衛省災害対策室設置。 08時04分 防衛大臣の指示 1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。 2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。 3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。 08時14分 第23航空隊(舞鶴)のSH-60×1機が離陸。 08時15分 第6航空団のF-15×2機が基地を離陸。第24航空隊のSH-60×1機が離陸。 08時21分 中部方面航空隊の映像伝送機×1機が離陸。 08時23分 中部方面航空隊の映像伝送機×1機が離陸。 08時35分 第24航空隊のSH-60×1機が離陸。 08時37分

Read more

【IR法案採決】野党速記妨害、速記原本を奪ったり、マイクのコードを引き抜くなど→衆院運委が注意→野党謝罪

1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/06/19(火) 16:16:55.76 ID:CAP_USER9 衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長は19日の理事会で、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案の内閣委員会での採決の際に、野党議員が速記を妨害したとして、「厳に慎んでいただくよう各会派に徹底していただきたい」と注意を促した。 古屋氏によると、速記原本を奪おうとしたり、委員長が使うマイクのコードを抜いたりした。事実関係を調査した与党筆頭理事の石田真敏氏(自民)から報告があり、野党側は謝罪したという。(2018/06/19-15:49) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061900894&g=pol 引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1529392615/ ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://jpsoku.blog.jp/archives/1071345028.html  

Read more

北朝鮮の金正恩氏が3度目の訪中 中国メディアが報道~ネットの反応「親分にご報告?」「急にアクティブになったな。北も米中の間でウロウロするコウモリ外交始めたか」

中国メディアは19日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が19、20両日、中国を訪問すると報じた。金氏の訪中は3月下旬以降3回目。習近平国家主席と会談し、12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談の報告や、朝鮮半島の非核化に向けて週内にも開始予定の米朝高官協議の打ち合わせなどを行う。 金氏が搭乗したとみられる航空機が19日午前、中国の北京国際空港に到着した。金氏にとっては3月下旬に北京、5月上旬に遼寧省大連を訪問したのに続く3回目の訪中となる。韓国の文在寅大統領との南北首脳会談はこれまで2回行っており、習氏と会談すれば最多となる。 北朝鮮としては、非核化をめぐり米国と本格的な協議に入る前に、後ろ盾である中国の存在をアピールすることで、トランプ米政権を牽制(けんせい)する狙いがある。 習氏は14日、訪中したポンペオ米国務長官との会談で、「中国は非核化のために尽力し、朝鮮半島の平和と安定を守る」と述べ、中国が非核化プロセスなどに積極的に関与していく姿勢を強調。 「朝鮮半島問題は複雑であり、解決しようとすれば必然的に順序を追って進めるプロセスになる」とも指摘し、北朝鮮が主張する段階的な非核化を支持している。 https://www.sankei.com/smp/world/news/180619/wor1806190023-s1.html ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://anonymous-post.com/archives/24978  

Read more

『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に…

 18日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)の内容に批判が集まり、炎上状態となっている。 番組は大阪地震の被害を詳しく報道。ヘリコプターを飛ばし、小学校で校庭に避難する児童の様子や、地震が原因と思われる火災、ブロック塀の倒壊、水道管破裂などの様子を淡々と放送する。 富川悠太キャスターも現地入りし、高槻市の様子をレポート。午後5時頃に被害住民の家に上がり込み、「水が出ない」「ガスの復旧に1週間程度かかる」などの様子を伝えた。 視聴者を唖然とさせたのが、地震によってブロック塀が崩れ、下敷きになった女児が亡くなった事件の報道。被害者の実名を報じたうえ、同級生の小学生に「亡くなってどう思うか」などが趣旨と思われるインタビューを行ったのだ。子供は絞り出すようにコメントしていたが、「なぜ子供にこんなことを聞くのか」と怒りの声があがる。 さらに午後8時半、避難所で「帰れなくなった」と不安な日々を過ごしていると思われる男性にインタビュー。また、「生中継」で高槻市の女児が亡くなった現場にて、富川キャスターがブロック塀を見て「鉄筋がない」「違法建築だった」などと糾弾する。 この様子に、「子供に『友達が亡くなってどういう気持ち?』と聞くのはありえない」「被災者にインタビューする神経がわからない」「富川アナはなぜ大阪に行ったのか」などと、怒りの声が噴出した。 さらに、「早く政府が正確な情報をあげ、交通の情報を発信するというタイミングをこの予算委員会(発言のまま)が奪ってしまった。果たしてそれで良いのか。ちょうど3.11のときにも決算委員会があった。このときは菅(直人元総理)さんの政権でしたけども、中断されて直ちに官邸に全員集合した。大都市で起きた地震ですから、官邸に全員集合してですね、対応することも十分可能だったと思いますね」と、菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛するかのような形で政府批判を展開したのだ。 また、小川彩佳アナも「国民の安心のためにもすぐに対応する姿勢を示して欲しい」と、政府を糾弾。この報道姿勢に、視聴者は「大阪地震を政府批判の材料にしている」「結局政府を批判したいだけだったのか?」「菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛しているのか?」などと、怒りの声が噴出することに。 その怒りは凄まじく、放送中、「#報道ステーション」のハッシュタグがTwitterトレンドの上位に上がり、そのほとんどが報道姿勢について糾弾する内容。『報道ステーション』の伝えたかったことは、人々に受け入れられていない。この事実を、関係者はどう見ているのだろうか? テレビ朝日に限らず、阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など、大きな災害が起こるたびにテレビ局による報道が問題になる。最近はメディア関係者による無神経な対応に、不満の声がネットを通じて明るみに出ているが、残念ながら今回も同じような事案が繰り返されている状況だ。 震災時に正確な情報を伝えるテレビやラジオの存在は、被災者にとって頼りになるものだが、過度な取材は現場を混乱させ、落ち込んだ人の気持ちを侮辱する。「視聴率欲しさ」にスクープを欲しがる行動は、慎むべきではないだろうか。 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000005-reallive-ent  

Read more

韓国国防部「独島防衛訓練は定例訓練」 日本の中止要求を一蹴

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は18日、海軍と海兵隊が同日午後から独島と周辺海域で実施する訓練について、独島防衛のための定例訓練だとし、中止を求める日本政府の要求を一蹴した。 同部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官はこの日の定例会見で、日本政府の抗議に対する同部の立場を問われ、「訓練は大韓民国の領土である独島への外部勢力の侵入を防ぐために実施される定例的なものだ」と述べた。 訓練は19日まで行われ、3200トン級の駆逐艦など艦艇6隻、哨戒機P3Cや戦闘機F15K、ヘリコプターUH60など航空機7機が参加する。 日本メディアの報道によると、今回の訓練日程の発表に対し、日本外務省は到底受け入れられないとして外交ルートを通じ韓国側に抗議した。 【関連記事】 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000042-yonh-kr  

Read more

【目黒女児虐待死】ルールを守れないと暴行が待つ“地獄のルール”が10項目以上存在していた事が判明…

【衝撃事件の核心】ルール守れないと暴行待つ“地獄の日々” 死亡直前にも殴られ嘔吐繰り返す 目黒女児虐待死 →結愛ちゃんは死亡直前にも父親に激しく殴られ、嘔吐を繰り返していた→早朝の勉強など10項目以上の“ルール”を課せられ、守れないと暴行が待つ地獄の日々https://t.co/wHHxETQ9LS — 産経ニュース (@Sankei_news) June 18, 2018 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) http://seikeidouga.blog.jp/archives/1071343189.html  

Read more

野党は相変わらず「モリ・カケ」…有権者冷ややか 国民、社民の支持率は0.8%に

安倍晋三首相と全閣僚が出席して開かれた18日の参院決算委員会では、国民民主党など一部野党は相変わらず学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却や、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐる問題に質問時間を費やした。ただ、国際情勢が大きく変容しつつあり、大阪北部地震も発生する中でなお「モリ・カケ」追及にこだわる野党の戦術は、有権者から冷ややかな視線を向けられつつある。(原川貴郎) 国民民主党の石上俊雄氏は18日の参院決算委で、予定していた年金に関する質問を取りやめ、麻生太郎副総理兼財務相に森友関連の質問を繰り出すとともに、首相に加計学園の獣医学部新設問題をただした。 「(平成27年)2月25日に首相が、もしかしたら会っているのではないかとの疑惑が深まっている」 石上氏は愛媛県の文書が、2月25日に首相と加計学園の加計孝太郎理事長が面談したと記載していたことをまたもや取り上げた。 だが、この件について首相は5月28日の参院予算委員会でも否定しており、加計学園側も「実際にはなかった」とするコメントを出して謝罪している。 当事者双方が否定した面談を改めてただしたにもかかわらず、石上氏は特段新たな事実や論点を示したわけではなく、首相にあっさり否定されていた。同じことをいくら繰り返しても、党勢が伸張する道理がない。今回の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で、発足から1カ月ちょっとの国民民主党の政党支持率は0.8%と、はや1%を割り込んでしまった。 「大型国政選挙を経験していないことがあり、なかなか上がりにくい」 同党の玉木雄一郎共同代表は18日の記者会見でこう分かりにくい釈明をした。とはいえ支持率0.8%は、国会議員が衆参合わせて4人の社民党と同率であり、党名に「国民」を冠するのは荷が重くはないか。 その社民党の又市征治党首も、18日の参院決算委で、質問時間の大半を森友問題に割いた。だが、こうした野党のモリ・カケ一辺倒の追及に、有権者の共感は広がっていない。10日投開票の新潟県知事選も、その一つの証左だといえる。 知事選で国民、社民を含む野党6党派は、新人の前県議を推薦し、選挙期間中はモリ・カケ問題を集中的に取り上げ、安倍政権批判に明け暮れた。ところが、結果は与党系候補の勝利に終わった。モリ・カケ論議にうんざりしている有権者は少なくない。 一方、同じ野党でも立憲民主党の風間直樹氏は参院決算委で、森友・加計問題には一切触れず、日本人拉致問題や日朝首脳会談など、北朝鮮問題に絞って質問した。風間氏は新潟選挙区選出であるだけに、県知事選の教訓をいち早く取り入れたとみられる。 一方、共産党の辰巳孝太郎氏は森友学園への国有地売却問題をめぐり、「独自に入手した」という政府の内部文書を手に首相に迫った。辰巳氏は文書の入手経緯には触れなかったが、共産党も引き続き森友問題を追及する構えだ。 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘) https://www.sankei.com/politics/amp/180618/plt1806180030-a.html?__twitter_impression=true  

Read more

スズキが中国企業との合弁を解消―中国メディア

16日、財新網は、スズキが中国の江西昌河汽車との合弁を解消したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資写真はスズキ。 2018年6月16日、財新網は、スズキが中国の江西昌河汽車との合弁を解消したと伝えた。 記事は、「15日、日本のスズキは合弁会社・江西昌河鈴木汽車から正式に資本を引き上げると発表した。近年の自動車販売不振が原因で、販売台数目標を達成できていなかった。スズキは江西昌河鈴木汽車有限公司の46%の株を保有していた」と紹介。スズキは持ち株すべてを昌河汽車に譲渡する。 このニュースに対し、中国のネットユーザーから「『これは中国の大勝利だ。われわれの日本製品ボイコットが効果的であることを証明した』と憤青(反日・愛国思想の強い若者)が言っている」「外資は撤退すればいいさ。われわれは党の指導を堅持し、指導者の核心的地位を堅持さえすれば、中国の夢を実現し、美しい山河の日々に戻れる」などのコメントが寄せられたが、明らかに皮肉が込められている。 また、「(スズキは)俺たちと一緒に夢を見るのをやめたのだな」「スズキを去らせちゃだめだろ」「昌河は何か学べたのだろうか。進歩したのか?」「合弁して数十年たっても何も学んでいないというのは実に惜しいことだ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中) ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)   https://www.recordchina.co.jp/b614881-s0-c20-d0062.html

Read more