李信恵「台湾の慰安婦像を日本人が足蹴にした件で、『日本人として恥ずかしい』というコメントが多く寄せられた」

1:話題のニュース 2018/09/16(日) 01:39:48.0 台湾の慰安婦像、足蹴にしたのは「女性の人権」 つい先日の10日から、Twitterの通知が止まらない。また炎上か。しかし、今回はいつもと様子が違う。その原因となったツイートは「(ツイッターの私のタイムライン上では)台湾の慰安婦の像を蹴った保守の日本人男性のニュースが、ずっと流れて来る。戦時下の性暴力の被害者を悼む女性の像に蹴りを入れることをおかしいと思わない男性。現代においてこれなんだから、戦時中に支配下にある国の女性への軍の直接的な性暴力は、もっとひどかったんだろうなと思う。」と云うもの。13日の午前中の時点で、2,859件のリツイート4,240 件のいいねがあった。 今月6日、日本の保守系団体「『慰安婦の真実』国民運動」幹部の男性、藤井実彦氏が台湾南部の台南市を訪問し、台南市に設置された慰安婦像を蹴った。この様子が街頭カメラで撮影され、現地で報道されたことから国際問題に発展。また、日本国内でも、当初はインターネット上だけだったが、大手メディア(朝日新聞など)でもこの問題を取り上げられた。 藤井氏はこの問題が公になり、国際的な非難が高まると「長旅でうっ血した足をストレッチで伸ばしただけ」と言い訳をした。また、藤井氏の周囲からは「彼はカメラの前で像を蹴る『ふり』をしただけ」と云った用語の声が上がったりもした。…馬鹿じゃないの、と思った。行為自体もそうだけど、言い訳も本当に呆れる。 在特会系のヘイトデモの取材とカウンターで、何度か参加者からトラメガなどで殴られそうになった時のことを思い出した。彼らは実際に殴るわけではなく(機動隊が必ず制止する)、こちらがおびえる姿や自分たちの強さ(本当の強さではなく)をアピールすること、また、それを誰かが撮影し配信するため行動だった。 また、同じような事件は、昔から何度もあった。鈴木信行氏(現葛飾区議会議員)がソウルの日本大使館の前に設置された従軍慰安婦の少女像に「竹島は日本固有の領土」と書かれた木の杭をくくりつけたのは2012年6月だった。(同月にはソウル市内の「戦争と女性人権博物館」の入り口付近に同じ杭が打ち込まれており、韓国内に波紋を広げた)。 私は、当時記事を書いていたサーチナ社で、「慰安婦博物館の近くに『竹島は日本の領土』と書かれた杭=韓国」、「慰安婦少女像にも『竹島は日本の領土』、日本人の男を特定=韓国」と題した記事でこの問題を取り上げ、また、2013年7月には、「”杭テロ”の鈴木氏が立候補、『選挙ポスターで韓国を侮辱』=韓国」と云う記事も書いた。しかし、当時はこれらの事件は日本ではさほど問題にならなかった。慰安婦問題について触れるたびに、私自身のTwitterは炎上し続けていたが。 6年がたって、この社会で「日本軍」慰安婦問題にちゃんと向き合う人が増えたから、今回の事件がインターネットだけではなく、大手のメディアも取り上げたのだろうか。悲しいけれど、それは違うと思う。この事件が起こったのが、台湾だったからではないのか。 藤井氏には、「親日国」と呼ばれている台湾なら、この行動が支持される、許されるという勝手で傲慢な思い込みがあったはずだ。しかし、「日本軍」慰安婦問題と云うのは、普遍的な女性の人権の問題だ。国際社会のその認識と、藤井氏の間にあった大きなギャップ。彼が蹴飛ばそうとしたものは、ただの像ではなく、「女性の人権」であることにちゃんと気が付いてもらいたい。 かつて韓国で、また米・グレンデール市(2013年12月、「テキサス親父」と日本のネットユーザーから呼ばれる米国のトニー・マラーノ氏が、現地に設置された慰安婦像の顔に紙袋をかぶせ侮蔑的な写真を撮影したこともある)において行った行動について、それをきちんと問題視しなかった日本のメディアをはじめ、傍観者であった私たちにも責任はあると思う。 私のTwitterへのメンション(返事、コメント)の中で多く見られたのが「日本人(の男性)として恥ずかしい」と云うものだった。恥ずかしいという気持ちについて分からなくもないが、そこで止まらずにいて欲しいと思う。あなたが悪いわけでもなく、恥じるとすれば「日本軍」慰安婦問題について、無関心であったことであり、責任を感じるとすればこう云った行為に及んだ人物を育てたこの社会の構成員としてではないのかな、と思う。それは、私も含めて。 また、私が小中学生のころには、日本の教科書に「日本軍」慰安婦問題についての記述がちゃんとあった。今のほとんどの教科書には、その記述は消されている。ちゃんとこの問題について学ぶ機会も失われているし、無かったことにされるか、ねつ造された歴史観が主導権を握って行こうとしている。今回の台南市での出来事は、この社会が育てた病巣の膿のようなもので、その膿を出し切るためには、「日本軍」慰安婦問題についてもっと知り、学ぶことが必要だ。 前回の記事でも書いたが、韓国で初めて声を上げたハルモニたちや、それに続いて2000年の女性国際戦犯法廷で沈黙を破った各国の被害女性たち。その声を聞く機会は、たくさんある。私もその声が届けられるよう、この問題についてこれからもしぶとく書き続けて行きたい。 13日の朝日新聞の報道によると、「『慰安婦の真実』国民運動」は12日、団体幹部が『像を蹴るようなそぶりをしたのは明らか』として、謝罪する声明を発表した」。 https://digital.asahi.com/articles/DA3S13676153.html?rm=150 最後に、台南の慰安婦像について。像の少女は曲げた両腕を頭の辺りに上げている。これは被害者が抱えている、変えられない現状へのやるせなさや抵抗、正義の渇望をイメージしたものだという。この像が伝えたかった声も、きちんとあなたに届きますように。 https://www.lovepiececlub.com/news/mobile/2018/09/14/entry_006962.html 引用元 38:ネットの反応 恥ずかしい?ぜんぜん そんなもの建てる方が恥ずかしいのが本来の日本人です

Read more

「原発事故は安倍のせい」と主張する奇行種が登場。※当時は菅直人が総理大臣

安倍憎しをこじらせた人の脳内でいつの間にか記憶がすり替わってしまったようだ。原発事故が起きたのは安倍総理のせいと主張する人が登場した。 ツッコミどころがありすぎる。 まず第一に張本人という漢字を間違えている。「安倍」を「安部」と間違えずに正しく書けたのはよかったが、気が緩んだのかもっと簡単なところで間違えてしまった。 第二に福島第一原子力発電所事故(2011年3月11日)が起きた当時の日本のトップは菅直人であり、当時の安倍晋三氏は関係なかった。菅総理は東京電力が下した判断をめちゃくちゃにかきまわして迷惑をかけたのは有名な話。 書籍や関係者の証言から菅直人が全ての原因だと結論付けられた。 菅直人は、その事実をメルマガに書いた安倍晋三氏を訴えたが、結局、敗訴した。 むしろ裁判で菅直人が邪魔をしたと認定されてしまったのだ。自分から訴えておいてなんとも格好悪い話だ。 参考:裁判に勝利した安倍総理、菅直人元総理を怒涛の批判ラッシュ その後の菅直人は散々たるもの。 ▼カメラの前で元支持者に説教される。 菅直人、投票してくれた国民にキレられる pic.twitter.com/RPBpjzs1zX — netgeek (@netgeek_0915) July 24, 2018 ▼被災者を無視して怒られる。 参考1:菅直人、被災者を無視してブチ切れられていた ▼元総理大臣が演説しているのにガン無視される。 参考2:菅直人の街頭演説、人気がありすぎると話題に!さすが元総理大臣! かつてここまで支持されない元総理大臣がいただろうか。ピンクのプラカードを掲げた女性に是非この記事を読んでもらいたい。原発事故は安倍総理のせいではない。 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

新疆に強制的な教育施設 中国治安当局、存在認める

国連の委員会が中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で少数民族が大量拘束されていると懸念を示した問題で、同自治区の治安当局者は産経新聞に対し、再教育施設「教育・転化センター」に多数のイスラム教徒を強制的に収容している事実を認めた。一定期間、中国語や国家の法律・規則などの教育を行っているという。中国政府は大量拘束や強制的な収容について全否定している。(新疆ウイグル自治区ウルムチ 藤本欣也) イスラム教徒による暴動が頻発する新疆ウイグル自治区では、中国当局が治安維持を名目に、住民監視を徹底して行うなど人権侵害が問題となってきた。 8月には国連人種差別撤廃委員会が「(同自治区に)大規模な秘密の収容所が存在することを示す報告が数多くある」と懸念を表明。「ウイグル族ら100万人以上が収容されている」との見方も示したが、中国政府代表は「完全な捏造(ねつぞう)だ」と否定していた。 これに対し、同自治区の治安当局者は、ウイグル族などイスラム教徒を対象にした収容施設の存在を認め、強制的に教育を受けさせていると証言した。 同当局者は約20万人が居住するある地域を例に挙げ、「教育・転化センターと呼ばれる施設が8カ所にあり、施設ごとに約3千人を収容している」と指摘した。この地域では全住民の1割以上が収容されていることになる。同地の収容期間は最低5カ月という。 またこの当局者は、少数民族は中国語の能力が極めて低く、国家のルールについても無知だと強調。施設では中国語や中国の法律などを学ばせているとした。その理由に関しては「彼らが働けるようにするためだ。仕事がないと、社会的な問題を引き起こす可能性が高くなる」と主張した。 8月の国連人種差別撤廃委で中国政府代表は、同自治区に強制的な収容施設が存在することを否定する一方、「軽微な罪を犯した者を職業技術教育就業訓練センターで学ばせている」と説明している。 しかしこの当局者によると、「軽微な罪」とは関係なく強制的な教育が行われているのが実情のようだ。同当局者は「路上で職務質問を2つ3つすれば、トラブルを起こしそうな人間かどうかはすぐわかる」とし、職業の有無や信仰の度合い、海外に知人がいるかなどを質問し、再教育施設に収容するか否かを決めている実態を明らかにした。 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

蓮舫とか山尾志桜里とか辻元清美とか初鹿とか人材豊富だな!犯罪者内閣って斬新かも ~ 主要野党で「次の内閣」検討を 原口一博氏が提案 共産は歓迎

【国民民主党】主要野党で「次の内閣」検討を 原口一博氏が提案 共産は歓迎 (衆・佐1) 1: プティフランスパン ★ 2018/09/15(土) 08:22:04.20 ID:CAP_USER9 ※ 土日政治三昧 2018.9.17 http://www.sankei.com/smp/politics/news/180914/plt1809140099-s1.html 国民民主党の原口一博国対委員長は14日、立憲民主党や共産党などの国対委員長らとの会談で、主要野党による「次の内閣」をつくるべきだと提案した。旧民主党時代の「次の内閣」に触れ「野党合同ヒアリングを深化させる意味でも検討してほしい」と求めた。 会談後、原口氏は立民の枝野幸男代表を「次の内閣」の首相とした上で、政権構想を含め人選については立民が主導すべきだとの考えを記者団に示した。 ただ立民幹部は「国民民主内で意思統一されたものなのか。現時点ではあり得ない」と語った。 共産党の小池晃書記局長は取材に「野党共闘を前に進めようとの意思だ」と歓迎した。 3: 名無しさん@1周年 2018/09/15(土) 08:23:13.84 ID:hjuWo/Nx0 >>1 シャドウ内閣のお遊びをまだやるきなのか。 あほだろ、さすがに。 66: 名無しさん@1周年

Read more

公安監視団体ですよね ~ 【日本共産党の綱領改定】未来社会を「社会主義・共産主義社会」に

【日本共産党の綱領改定】未来社会を「社会主義・共産主義社会」に 1: 大道寺あや子 ★ 2018/09/15(土) 13:15:16.81 ID:CAP_USER9 ※週末政治三昧 日本共産党は綱領を改定し、社会主義と共産主義が同じ意味だと表現した 筆者は、共産主義社会の第1段階が社会主義社会であり異なるものだと主張 未来社会を「社会主義・共産主義社会」と表現するのは理解できないと述べた http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/15289378/ 23: 名無しさん@1周年 2018/09/15(土) 13:22:01.31 ID:9EXMM5Wi0 >>1 どっちも時代遅れだがな 36: 名無しさん@1周年 2018/09/15(土) 13:28:12.11 ID:83NeXAxf0 >>1

Read more

終わってる政治家ゴロに言われてもね ~ 【自民党総裁選】東国原氏「石破さんの方が圧倒的に政策力もあるし、未来の希望もある。」

【自民党総裁選】東国原氏「石破さんの方が圧倒的に政策力もあるし、未来の希望もある。」 1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/09/15(土) 20:35:11.11 ID:SGYdgMVT0 BE:882533725-PLT(14141) 東国原 自民党総裁選を予測「石破さんの方が未来の希望ある。ただ…」 9/15(土) 13:18配信 デイリースポーツ 元宮崎県知事、元衆院議員でタレントの東国原英夫(60)が15日、カンテレの生番組「胸いっぱいサミット!」で、20日に投開票される自民党総裁選を予想した。 総裁選には石破茂元幹事長と安倍晋三首相が立候補している。 東国原は、石破氏の勝利が「よっぽどこの数日間でスキャンダル等々が、非常事態が起きない限りない」と、厳しいとの見方を示した。 その上で「地方票をどれだけ取るか、これが3年後につながる。僕は最大で150(票)、地方票で。最低でも130、これがラインだと思います。これより下回ると“ずいまー”(まずい)。3年後もちょっと」と、今回を次回へのステップにすべきとした。 東国原は「政策的には石破さんの方が圧倒的に政策力あるし、未来の希望もありますわ」と、石破氏を高く評価。その上で「ただ、見た目が…重要よ、見た目って。安倍さん爽やかや」と、安倍氏とのルックスの差を指摘していた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000043-dal-ent 8: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/09/15(土) 20:36:55.07 ID:K/F4tkyP0 こいつは誰に忖度してんのかよくわからん立ち位置だわ

Read more

朝日新聞「選挙戦、ネットのデマ警戒」。玉城デニー陣営はネット監視体制。さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

選挙戦、ネットのデマ警戒 国政選挙や地方選挙の際にネットに流れるデマや誤情報が問題になっている。沖縄県知事選(30日投開票)でも有権者の判断に悪影響を与えるのを防ごうと、主要陣営が対策に取り組む。 「沖縄県知事選挙2018」「沖縄基地問題.com」。こんなウェブサイトが8月下旬、登場した。中立を装っているが、知事選に立候補した玉城デニー前衆院議員や急逝した翁長雄志知事らを中傷する動画が数多く載っていた。 記者が両サイトを解析したところ同一人物が作成した可能性が極めて高いことが分かった。作成者のメールアドレスも判明し、10日夜に質問を送った。だが12日、ネットメディア「バズフィールド」が作成者に迫った記事を配信すると、サイトは間もなく閉鎖された。 デマや中傷、不正確な情報にどう対応するのか。 佐喜眞氏を支える自民党県連の関係者は「デマやフェイクニュースは起こりうる、その前提で戦うしかない」と気を引き締める。 一方の玉城陣営は選挙事務所とは別の拠点に、ネット対策専門チームを設けた。陣営関係者によると延べ数十人体制でSNSの投稿を調べ、デマや中傷を監視。スピード感を重視し、必要に応じ反論も発信する。 NPO法人ファクトチェック・イニシアティブは6日、東京都内で記者会見し、沖縄県知事選に関するツイートや政治家の発言などを検証する「ファクトチェック」をメディアや個人に呼びかけた。 楊井人文事務局長は沖縄の現状について「基地問題を巡って対立が深刻であるがゆえに、事実に基づかない情報が多いのではないか」と分析。「民主主義で選挙は一番重要だ。議論の前提の事実に誤りがあると、議論自体がおかしい方向に行ってしまう」と訴えた。(平成30年9月16日 朝日新聞) ———————— 朝日新聞の一面トップで「ネットのデマ警戒」とある。 “デマの朝日新聞”が何を言うか、と多くの日本人が感じているはずだ。 「ネット警戒」と朝日が言うが、朝日は慰安婦のデマを訂正した英語版と日本語版を検索できない「メタタグ」を設定していたことが発覚し、そのことがネットで大拡散された。 これをメディアが報じない中、ネットで朝日のひどさが広まったため、朝日は「作業漏れ」という言い訳をした。 しかし、これはどう見ても意図的に隠すために検索できないようにしたとしか思えない。 こういうズルいことをしていた朝日が、無神経にも「ネットのデマ警戒」と書いたのだ。 ネットでは過去の朝日のデマや捏造が次々拡散され、真実を知る国民が増えたため、朝日はネットで徹底攻撃されている。そのため朝日はネットを敵視している。 しかも真実を発信するネットに困った朝日などの反日左翼達は、正しい発信をする者を「ネトウヨ」と呼んで言論を封じようとしているが、そういうことをすればするほど真実が拡散されるのがネットである。 沖縄知事選。佐喜眞陣営はネットに対しては起こりうることであり、受けて立つようであるが、玉城陣営は別働隊として数十人体制のネット対策専門チームを設けてネットを監視しているという。 沖縄県民はこの事実をよく見ておくべきである。玉城デニーが知事になったら沖縄は反日左翼による監視社会になることを覚悟した方がよい。 同時にこれは、裏を返せば玉木陣営はネットにバラされて困ることをしているのではないかと勘繰ってしまう。 すでに玉城陣営は公職選挙法違反をしている。告示前の選挙運動で、その画像もネットで拡散されている。 またツイッターで玉城陣営が、亡くなった翁長前知事を利用し、安室奈美恵氏をも無許可で使用して、まるで玉城を応援しているかのように発信した。 しかしネットでおかしいと指摘されて削除した。

Read more

日本を貶め、軍事挑発している中国になぜ日本政府は年300億円も“貢ぐ”のか…いつまで続ける対中ODA、総額3.6兆円の“受け入れ難き現実”

尖閣諸島(沖縄県石垣市)への領海侵犯を繰り返し、東シナ海上空に防空識別圏を一方的に設定するなど、膨張主義的な政策を取り続けている中国。その中国に対し、日本が政府開発援助(ODA)をいまだに続けており、その額は1年で300億円にもなる。日本固有の領土である尖閣諸島を虎視眈々と狙い、歴史問題を振りかざして国際社会における日本の名誉を徹底的におとしめようとしている中国に資金提供とは…。にわかには信じられないが、動かぬ事実でもある。 この瞬間も…3.65兆円の対中ODA ODAは、低利で資金を貸す円借款、返済義務のない資金を供与する無償資金協力、技術や知識のある専門家の派遣や開発計画を支援する技術協力の3つに大別されている。 中国に対するODA供与は昭和55(1980)年に始まった。以来、平成23年度まで、日本は円借款3兆3164億円、無償資金協力1566億円、技術協力1772億円を中国に対して供与している。 円借款はかつて中国国内の空港・港湾、鉄道・交通網整備、発電所などの大型インフラ整備に投下され、中国の経済発展を支える基盤となった。しかし、「インフラの整備は結果的に中国の軍事力増強を下支えすることになりかねない」「円借款が中国国内でどのように使われているか不透明な部分がある」などの批判を受けて、20年の北京オリンピック前までに新たな供与を終了することで日中両国政府が折り合った。 平成19(2007)年12月に日中双方が確認した6つの案件を最後に円借款を新たに供与することを中止。だが、無償資金協力と技術援助についてはいまだに継続されている。 外務省が出している24年のODAに関する国別データブックによると、23年度の中国に対する無償資金と技術協力の額の合計は約41億円に上る。ただ、これはあくまでも外務省分であって、経済産業省や文部科学省などほかの省庁を合わせた数字はさらに跳ね上がる。 中国に年300億円も「贈与」する事情 改めて外務省が出している24年版ODA白書をみてみると、23年の中国に対する無償資金協力は約1300万ドル、技術協力は2億8700万ドルの計約3億ドルに上る。1ドル100円で換算してみると、300億円にも及ぶ資金が日本から中国に流れていることになる。 低利で資金を貸し出す円借款は、中国が拒否しない限り、いずれ日本に回収される。しかし、無償資金協力と技術協力は「贈与」であり、日本には1円も返ってこない。 円借款の供与中止を決めた際、無償資金協力と技術援助が継続されたのは、黄砂、感染症、大気汚染などの対策や留学生を軸とした人材交流を深めて、日中両国の互恵的な関係を構築しようという狙いがあった。背景には巨額の資金を提供する円借款では日本国内の理解は得にくいが、環境対策や日系企業の進出を念頭に置いた中国国内の社会制度整備に対する援助ならば、大きな反対の声は上がらないだろうとの読みも政府内にはあったという。 だが、中国国内で発生した微小粒子物質「PM2・5」が流れ込むことに伴う日本国内での健康被害への懸念や頻発する反日暴動による日系企業への甚大な被害などを考えたら、こうした無償資金協力や技術協力がどの程度効果を上げているのかは極めて疑わしいといえるのではないか。 無償資金協力と技術協力は残ったが… 無償資金協力と技術協力の継続を決めた当時、外務省内には留学支援などの人材育成について「将来の中国を担う幹部候補生を『親日派』に育成する意義は大きい」との声があったが、中国国内に吹き荒れる反日の嵐をみれば、こうしたもくろみは完全に外れたといえる。 ところが、中国に対するODA供与を改めて見直そうという目立った動きは外務省に起きていない。むしろ、無償資金協力や技術協力の成果や効果を強調している。ODAに関する国別データブックは、中国に対するODA供与について、「両国民間の相互理解の増進も日中関係の健全な発展を促進するために重要であり、そのような分野におけるODAを通じた取組は依然として一定の意義を有している」と記している。 中国は戦争賠償の代替とのとらえ方 そもそも中国側には日本によるODA供与は、中国に対する戦争賠償の代替の意味合いを持っているとの認識がある。昭和47年9月に出された日中共同声明の第5項では、中国は日本に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言しており、中国が戦争賠償の代替という認識を持っているとすれば完全な誤りだ。 しかし、平成12年5月に来日した中国の唐家●(=王へんに旋)外相(当時)は「中国に対するODAは、戦後賠償に代わる行為である」との認識を示した。つまり、「日本がわれわれ中国に対して資金を提供するのは当然であり、むしろ義務といえる」という意識が彼らの根底にあるといっていい。 まだ見えない見直し論 中国は22年に国内総生産(GDP)で初めて日本を追い抜き、25年のGDPは名目で日本の約2倍となる。中国は経済力をバックに軍事拡張を続け、その海軍艦船は東シナ海や南シナ海をわが物顔で遊弋(ゆうよく)し、西太平洋でも頻繁に軍事演習を展開している。しかも公然と日本の固有の領土である尖閣諸島を奪い取ろうとしているのだ。その国に対して資金援助をする必要はどこにあるのだろうか。 安倍晋三政権がどのような対中ODA政策を打ち出してくるのか今のところ見えてきていない。だが、その答えはもうとっくに出ているはずだ。こんな対中ODA政策を放置していけば、後世の物笑いの種になるのは間違いない。 ODAで建設も鉄道に表示なし、「釣魚島どう思う?」と尋ねる運転手…人民は“本音”を知りたい 天安門事件…中国の反政府暴動は年に数十万件、人民はマグマの如き不満 ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

これってマスゴミの終焉が近いんじゃない? ~ 安倍首相「ネットがありますから、マスコミだけではなく様々な情報を取って自分の頭で考えてもらいたい」

【若者へ応援メッセージ】安倍首相「ネットがありますから、マスコミだけではなく様々な情報を取って自分の頭で考えてもらいたい」 1: おでん ★ 2018/09/16(日) 19:29:21.83 ID:CAP_USER9 安倍候補 「ネットがあるから様々な情報をマスコミだけではなく情報を取って自分の頭で考えてもらいたい。 若者から我党が支持されているのに対しマスコミは現状を維持だけだと言ってますが、それは絶対違う。情報を取って自分で判断している」 ▼ネット上のコメント ・昔は新聞、ラジオ、地上波テレビだけしか情報収集手段無かったですが、今はネット、BSテレビ、CSテレビ、その他諸々ありますからね。 ・その通りです。 ・凄え、さすが安倍さん。全く持ってその通りです。 ・テレビや新聞の言う事を頭から信じていた時もありましたが、腑に落ちない事があってもそのままでした。 ネットのお陰でやっと納得のいく所まで自分で調べて、多種多様な意見がある事に気がつく事が出来た。本当にネットがあってよかった。 ・石破氏はなんて言ったんやろ ・よくぞ言ってくれました!メタタグ然り、意味不明の政権批判然り、今のマスゴミは、特に若い国民を舐めすぎ。 ・マスコミは完全に若者を下に見て、バ◯にし過ぎている事を、若者は気づいているよ。だから余計に信用されないんだ。まぁバ◯な若者がいるのは確かだが……でも、バカさ加減は若者の特権。寧ろ20代後半過ぎてもバ◯な事やっている奴らの方が問題。 ・できれば政府発信での公共放送をして欲しいですね。政府→マスコミ→国民 ではなく、政府→マスコミ&国民 という情報の並列化。あと何よりも放送法の改正と電波オークション化。 ・あ~あ、言っちゃった (^○^) ・むしろマスコミは変化を認めずこのままで良い。そのうち無くなる。 発言の動画はソースにあります

Read more

英国傘下に戻るしかない ~ 【香港独立派】「独立こそが民主主義を実現する唯一の道」と講演 中国外務省「絶対許さぬ」

【香港独立派】「独立こそが民主主義を実現する唯一の道」と講演 中国外務省「絶対許さぬ」 1: ザ・ワールド ★ 2018/08/15(水) 17:37:11.63 ID:CAP_USER 香港独立を主張する政党「香港民族党」の陳浩天代表が14日、外国人記者クラブ(FCC)で講演し、 同党への活動禁止命令を検討する香港政府を批判、独立こそが「民主主義を実現する唯一の道」と主張した。 中国外務省の香港出先機関は「報道の自由の乱用。独立勢力とFCCがレッドライン(許容できない一線)を踏むことは絶対許さない」とする 非難声明を発表。香港政府も「独立を吹聴する場を提供したことは不適切」だとして、遺憾の意を表明した。 記者クラブが入居する建物の周辺では、講演に反対する親中派と、言論の自由を主張する反中派がデモを行った。 大きなトラブルはなかったが、警官ら数十人が警戒する中、親中派ら約100人が「FCCは香港から出て行け」などと叫んだ。 2016年設立の香港民族党は「香港共和国」の樹立を主張。香港政府は7月、 国家の安全を守るため関連条例に基づく民族党への活動禁止命令を検討すると発表した。(共同) https://www.sankei.com/world/news/180814/wor1808140021-n1.html 44: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/08/15(水) 19:51:33.71 ID:gQP4AeQr >>1 香港が独立するには単独では余りにも地勢的に 不利すぎで難しいです。

Read more