オデッサ沖でロシア艦艇3隻をトルコ製の高性能攻撃ドローン「バイラクタルTB2」で撃破 ウクライナ軍発表 ※動画あり

0 Shares

オデッサ沖で露艦艇3隻を撃破 ウクライナ軍発表 ウクライナ軍は、南部オデッサ沖の黒海海域で7日、ロシア海軍の哨戒艇2隻と上陸艇1隻をトルコ製の高性能攻撃ドローン(無人機)バイラクタルTB2で撃破したと発表した。別の哨戒艇1隻にも損傷を与えたという。ウクライナメディアが8日伝えた。 https://www.sankei.com/article/20220508-IOXQPP7TNVJIVCSPMMP5H5NAEA/  Ukrainian Bayraktars continue to fuck up the Russian Navy. Russia is running out of Raptor-class patrol boats. pic.twitter.com/FX7O2YmjYE — WorldOnAlert (@worldonalert) May

0 Shares
Read more

宮城・村井知事「インフルと同じ扱いを。国全体で考えるタイミングに来ている」コロナ5類緩和/ネットは支持の声「まともな首長」「コロナ音痴の岸田氏には無理な決断」

0 Shares

宮城・村井知事 「インフルと同じ扱いを」 コロナ「5類」緩和へ 宮城・村井知事 「インフルと同じ扱いを」 コロナ「5類」緩和へhttps://t.co/Bw5pGMX3wY 「コロナの知見がたまり、治療法も薬もでき、4回目のワクチン接種を行う方針も示された。そろそろ通常のインフルと同じ扱いにすることを検討してもよいのではないか。国全体で考えるタイミングに来ている」 — 産経ニュース (@Sankei_news) May 9, 2022 宮城県の村井嘉浩知事は9日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを「2類相当」から季節性インフルエンザ並みの「5類」への緩和を検討すべきとの考えを示した。「コロナの知見がたまり、治療法も薬もでき、4回目のワクチン接種を行う方針も示された。そろそろ通常のインフルと同じ扱いにすることを検討してもよいのではないか。国全体で考えるタイミングに来ている」と語った。(産経) ネットの声 やっとまともな首長に会えた思い。 いい加減、コロナ優遇をやめるべき。隔離でホテル代食事代、ワクチン接種代、医者へかかる代金も無料。そのうち税金が尽きる。 ワクチン一回も打ってない人に、税金還付してもらいたいわ。サービス利用してないんだから。 これは当たり前でしょ。インフルどころか風邪と一緒。やろうと思えば1年以上前からできたことだ。 岸田じゃ無理だろうな。判断能力ゼロだから。 コロナに罹った費用は自分でもてってことだ。 コロナだけを特別扱いしているのはおかしいってことに気づかない国民がおかしい。

0 Shares
Read more

共産党の山添拓氏「安倍晋三元首相の大国に屈従する外交がロシア覇権主義を増長させてきた。」 →安倍総理はウクライナを初訪問した我国の総理で、プリウスのパトカー1600台を大援助しロシアから批判されていましたよ!!

0 Shares

共産党の山添拓参議院議員が、「安倍晋三元首相の大国に屈従する外交がロシア覇権主義を増長させてきた。」と安倍総理の対ロシア外交がロシアを増長させたかのような批判をした!! 安倍元総理がどのような外交をしようが、ロシアはウクライナに侵攻したであろうし、プーチン政権やバイデン政権の対応こそが決定打であろう。 そもそも、だ。安倍総理は、ウクライナを初めて訪問した我国の総理であり、しかも6回もウクライナの大統領と面会もしている。そしてウクライナにプリウスのパトカー1600台等の大援助し、これはロシア大使館からすら批判されているのだ!! 共産党の山添拓氏「安倍晋三元首相の大国に屈従する外交がロシア覇権主義を増長させてきた。」 →安倍総理はウクライナを初訪問した我国の総理で、プリウスのパトカー1600台を大援助しロシアから批判されていましたよ!! 日本共産党の山添拓参院議員は、5月7日、安倍元総理の外交を批判した。 日本共産党の田村智子副委員長・参院議員・比例予定候補は7日、山添拓参院議員・東京選挙区予定候補とともに都内の新宿、台東、大田の各区を駆け巡り、「反戦平和を貫き、暮らしに希望が持てる日本への転換を訴える共産党を伸ばしてほしい」と訴えました。 (中略) 山添氏は「安倍晋三元首相の大国に屈従する外交がロシア覇権主義を増長させてきた。どんな大国にも道理を主張し、憲法9条に基づく平和外交に転換しよう」と訴えました。 安倍元総理が、地球の裏側の戦争すら左右する超巨大な存在だとでも言うのであろうか??プーチン大統領やバイデン大統領の存在を無視して、どうして安倍元総理が批判されるのか理解に苦しんでしまう。 安倍元総理がどのような外交をしようが、ロシアはウクライナに侵攻したであろうし、プーチン政権やバイデン政権の対応こそ開戦の決定打だと考えている。 そもそも、だ。安倍総理はウクライナに大援助した、したたかな総理だ。 しかもウクライナの大統領とは、6回も面会もしている。これは誰にも知られてこなかったが、それはメディアがこれまでウクライナに何も興味を持ってこなかったからだ。 だからいきなり友人などと言われてもウクライナもびっくりだろう。なので、感謝のビデオにも我国の名前はなかったのではないのか? そして例えば、安倍総理は、第二次政権発足時にトヨタの高級ハイブリッドカーのプリウスをパトカー用として1600台も、ウクライナに寄付している。 そしてこの寄附は、当時、ロシア大使館によって批判されたほどだ!! #日本 が #ウクライナ 内務省に1500台のトヨタのプリウスを贈呈したことを受け、ウクライナ大統領は「それはウクライナと日本の友好の象徴となる」と強調しました。その後、あの友好の象徴が酷く事故っているケースが増えている一方です。苦笑 pic.twitter.com/ieT6PwL5Jh — 駐日ロシア連邦大使館 (@RusEmbassyJ) August 20, 2015 しかも、だ。安倍総理は、ウクライナを初訪問した我国の総理であり、それもクリミアをロシアが奪った翌年の2015年にだ!!

0 Shares
Read more

「戦争反対」しか言えない連中は卑しい 「生きるべきか、死ぬべきか…」多くの日本人が知らない『ハムレット』の続き

0 Shares

ウクライナの教訓】 ロシアによるウクライナ侵攻の教訓として、多くの論者が「自分の国は自分で守る」重要性を語る。しかし、不安が募る。この国は大丈夫なのかと。 NHKはじめ地上波には、ウクライナの応戦を批判する大学教授や弁護士コメンテーターが連日出演する。BS放送も例外でない。 東大先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏が、男性司会者に次のように問うた。「自国が侵略されたときに、国民が抵抗するのが、そんなに不思議ですか」(3月16日放送)。後は推して知るべし。 問題はメディアだけではない。当初、在日ウクライナ大使館がツイッター上で、「自衛隊など専門的な訓練の経験を持つ人」を対象に「義勇兵」を募ったが、日本政府は「ウクライナ全土に退避勧告を発しており、目的のいかんを問わず渡航を止めていただきたい」と冷や水を浴びせた。 ならば、現地で取材を続ける日本人特派員らはどうなのか。なぜ、NHKにも「渡航を止めていただきたい」と言わないのか。 あるいは、ウクライナが組織した「ITアーミー」への〝リモート義勇兵〟なら許されるのか。それとも、日本政府はサイバー空間での〝参戦〟すら止めるのか。あるいは平和憲法がそれを許さないのか。 日本には、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)らと交渉した、ウクライナのミハイロ・フェドロフ副首相(兼デジタル担当)のような政治家もいない。それどころか、パソコンも使えない高齢者が平然とIT担当相に就く。 最大の問題は、命と平和の大切さだけが語られる日本の現状だ。 例えば、「人間は避けることのできない死を避けようとして、避けることのできる罪を犯す」(アウグスティヌス)とは、決して考えない。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は英議会での演説で『ハムレット』を引き、「生きるべきか、死ぬべきか」と問うた。だが、後に続く以下のセリフを、多くの日本人は知らない。 「どちらが男らしい生きかたか、じっと身を伏せ、不法な運命の矢弾を耐え忍ぶのと、それとも剣をとって、押しよせる苦難に立ち向い、とどめを刺すまであとには引かぬのと、一体どちらが」(シェークスピア『ハムレット』新潮文庫) ―いまは「男らしい」ではなく、「高貴な」と訳した方がよいかもしれない。 いずれにせよ、英国エリザベス朝時代を代表する作家と、(国際法上許された自衛権行使すら批判する)令和日本の学者やコメンテーターとの乖離(かいり)は本質的である。 「戦争反対」しか言えない連中は男らしくない。いや、高貴でない。つまり卑しい。 「自分は守るが他人は助けない」。命が助かれば、それでよし…。何とも卑しい。少なくとも私は剣を取り、後には引かぬ。 =おわり ■潮匡人(うしお・まさと) 評論家・軍事ジャーナリスト。1960年、青森県生まれ。早大法学部卒業後、航空自衛隊に入隊。第304飛行隊、航空総隊司令部、長官官房勤務などを経て3等空佐で退官。拓殖大学客員教授など歴任し、国家基本問題研究所客員研究員。著書・共著に『安全保障は感情で動く』(文春新書)、『誰も知らない憲法9条』(新潮新書)、『尖閣諸島が本当に危ない!』(宝島社)など。

0 Shares
Read more

中国報道官「日本は『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている」 実際に脅威だから仕方がない。中国がちょっかい出さなければいい話だ!

0 Shares

中国外務省の報道官が、日本の防衛費増額や反撃能力など、国防力増強について「日本はいわゆる『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている。断固として反対する」と批判。 口実も何も実際に脅威を感じているのだから仕方がない。いろいろちょっかいを出して日本の警戒心を煽っているが、あれで中国は日本に脅威を与えていないつもりなのだろうか?だとしたら無自覚ほど恐ろしいものはない。 中国外務省の報道官は、日本の岸田総理大臣が中国を念頭に「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」と述べたのに対して、強く反発しました。 岸田総理は5日、イギリスで行われた記者会見で、中国を念頭に「力による一方的な現状変更をインド太平洋、とりわけ東アジアで許してはならない」「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」などと述べました。 これに対して中国外務省の報道官は、6日の記者会見で「日本はいわゆる『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている。断固として反対する」と批判しました。 さらに「台湾問題は中国の内政であり、ウクライナ情勢とはまったく同列に論じられない」とした上で、「日本が本当に東アジアの平和と安定を望むなら、大国間の対立を煽るのをやめ、地域の平和と安定を促進することに役立つべき」と強調しています。 引用元 「日本は自国の軍備増強のための口実にしている」中国外務省・報道官、岸田総理“ウクライナは明日の東アジア”発言に強く反発 「台湾問題は中国の内政であり」と、報道官は口を出すなと言わんばかりにけん制しているが、日本の国防力増強も内政問題だ。しかも、脅威は中国だけでなく、ロシアと北朝鮮に対しても日本は備えなければいけない。中露北はお仲間で、そんな国に囲まれている日本に防衛力を高めるなというのが無理な話だ。 日本がいくら防衛力を高めようとも、中国が攻めてこない限りは、中国にその力を発揮することはない。それだけの話だ。日本が防衛力を高めるのを警戒しているという事は、中国は日本に侵攻するつもりがあるということだ。それとも、北朝鮮やロシアに日本を攻撃するよう指令でも出して、そのどさくさに沖縄侵攻でもするつもりだろうか?そのつもりがないのなら日本が強くなっても中国が困る話ではない。

0 Shares
Read more

立憲・枝野幸男氏「おかしいことはおかしいと言える勢力を作ります」「まっとうな政治を取り戻す」

0 Shares

立憲・旧枝野執行部、街頭でそろい踏み 「おかしいと言える勢力を」 記事によると… ・立憲民主党の枝野幸男前代表は4日、京都市で前幹事長の福山哲郎参院議員と、辻元清美前副代表と街頭演説に立ち、「もう一度、強い野党を」と訴えた。 枝野氏 「今の政治には緊張感が失われている。おかしいことはおかしいと言える勢力がなければ、政治はぬるま湯の方に行く。まっとうな政治を取り戻す」 辻元氏 「自民党と公明党、それを補完するような日本維新の会に、(改憲発議に必要な衆参の)3分の2の議席をとらせていいのか」 2022年5月4日 21時49分 https://www.asahi.com/articles/ASQ5474KHQ54UTFK006.html 『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら 枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、旧・立憲民主党代表、立憲民主党代表などを歴任。 生年月日: 1964年5月31日 (年齢 57歳) 出典:Wikipedia 辻元清美 辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の前衆議院議員、立憲フォーラム幹事長。 国土交通副大臣、内閣総理大臣補佐官、社会民主党政策審議会長、同国会対策委員長、民進党幹事長代行、旧立憲民主党政務調査会長 、同副代表兼国会対策委員長、同幹事長代行、立憲民主党副代表などを歴任。 生年月日:

0 Shares
Read more

【動画】高市早苗氏、国会で上海電力問題を追求

0 Shares

2022年05月09日 自民党中国 上海電力と関係の深いとされる企業が北海道 当別町の山林に大規模な風力発電所を建設しようとしている。周辺には自衛隊のレーダー基地。当別町長らの請願を受けた高市早苗さんが1月24日の衆院予算委員会で質問している。 pic.twitter.com/eTxYm1U5LQ — 🇯🇵長坂経史🇺🇦マルコウ長坂金物店 (@marukokanamono) May 6, 2022 抑えるべきところはしっかり抑える。やっぱりここぞという時は、高市さんですね。 — 楓🇺🇦🌻🇯🇵🌸 (@MUG27082015) May 6, 2022 高市早苗議員のような方が少ないこと… 地元の地方議員は何しているのですかね… 情報発信は強い武器だと思うのですが… 水道も電力などのライフラインに外資が入ってこないようにしてほしい😎 — りょうま (@Japan_Ryoma_S)

0 Shares
Read more

【陸上日本選手権】NHKカメラクルー、競技中コースに侵入し選手の首にケーブルをひっかける。NHK担当者「おわびする」

0 Shares

2022年05月08日16:41 / カテゴリ:事件・事故 1: 夜のけいちゃん ★ 2022/05/08(日) 15:37:50.40 NHKカメラクルー、1万メートルの選手に接触 陸上日本選手権 日本陸上競技連盟は8日、東京・国立競技場で7日にあった日本選手権1万メートルをテレビ放映していたNHKの中継クルーが走行中の選手に接触したことを明らかにした。選手に目立ったけがはないが、首に痛みを訴えているという。 問題の場面は、タイムレースで争われた男子1万メートル2組目。トップの選手がフィニッシュした後に中継のカメラスタッフ2人がコースに進入し、周回遅れで走行していた三田真司選手(サンベルクス)に接触した。三田選手はカメラのケーブルが首に引っかかり体勢を崩したが、レースを継続し29人中26位でフィニッシュした。(以下略 全文はリンク先へ [毎日 2022.5.8] https://news.yahoo.co.jp/articles/73ff4ae4f7e9e389de2a3f16939e02588ebb43fa 10: ニューノーマルの名無しさん 2022/05/08(日) 15:40:41.95 そもそも近づくなや 96: ニューノーマルの名無しさん 2022/05/08(日) 16:11:47.61

0 Shares
Read more

【憲法?】TBS「報道の自由度ランキングで日本が順位を下げました」「原発・沖縄の基地・憲法を巡る報道・・」

0 Shares

2022年05月08日08:32 / カテゴリ:マスコミ #報道特集 の金平茂紀「報道の自由度ランキングで日本が順位を下げました❗️原因は原発・沖縄の基地・憲法❗️」えっ⁉️憲法⁉️関係あります💦⁉️ pic.twitter.com/vpFeFQhAkU — JapanPoliticsChannel (@JpPoliticsCh) May 7, 2022  

0 Shares
Read more