洞口朋子さん、杉並区議に初当選。中核派の活動家としてYouTubeなどに露出していた

洞口朋子さんの公式サイトより 新左翼「中核派」の学生団体「全学連」での政治活動で知られる洞口朋子さんが4月22日、東京都の杉並区議に初当選した。杉並区の公式サイトで発表された。洞口さんは3275票を獲得。当選者48人中で18位だった。 ほらぐちともこ杉並区議の誕生です! ほらぐちともこ杉並区議の誕生です! pic.twitter.com/J0MjMbLIWH — 全学連 星野文昭さん虐殺を許すまじ (@Zengakuren) April 22, 2019 本人の公式サイトなどによると、洞口さんは1988年、宮城県仙台市に生まれる。2008年に法政大学に入学し、中核派系の全学連に加入。中核派の新聞を紹介するYouTubeチャンネル「前進チャンネル」のキャスターとしても活動していた。 AbemaTimesに2017年に掲載されたインタビューの中で、洞口さんは「暴力を使ってでも民衆の側が国家に対して戦うことはあると思っていますし、私はそういう運動が本当に社会を変える力を持つんじゃないかなと思っている」と訴えていた。 ■中核派とは? 2018年1月の警察庁の資料「極左暴力集団の現状等」によると、「中核派」は正式名称「革命的共産主義者同盟全国委員会」だ。1963年に「革マル派」と分裂して発足。 勢力は約4700人で、機関紙「前進」を発行している。非公然組織を持ち、過去には数多くの「テロ、ゲリラ」事件を敢行したという。 PR 年収1000万円以上? これからの商社で期待されている「新たな風」お母さんがキレイになった理由は?(マイナビ on マイナビ学生の窓口)あなたの信用力はどれぐらい?AIで簡単スコア診断(J.Score on SankeiBiz) 「経営者とビジネスや会社の未来を考える」30歳で決断した外資企業への挑戦児童婚をなくせば、経済は発展する

Read more

田原総一朗「安倍総理は憲法改正が必要ないと言った」

田原氏「安倍総理が憲法改正はないと言った」 4月16日放送の「飯田浩司のOK Cozy Up」(ニッポン放送)で、田原総一朗氏が出演され、安倍総理の憲法改正について語りました。 以下、田原氏の語りです。 「2016年秋、改憲勢力が衆参両院で3分の2の議席を得たので、私は安倍首相に『いよいよ念願の憲法改正ですね』と言った。すると安倍さんは『大きな声では言えないが、実は憲法改正をする必要が全くなくなった』と答えた。『なぜ?』と訊くと『集団的自衛権を認めなければ日米同盟が危うくなる。だが、それを認めたら米国は満足して何も言わなくなった。だから憲法改正の必要はない』」。 安倍総理が田原氏に直接、憲法改正はないと語った、という内容でした。 この件に対して作家の百田尚樹氏は4月20日、自身のツイッターで、 「田原総一郎というジジイは、大嘘つきやね! 安倍総理がお前みたいな奴に大事な話をするはずもなければ、そもそも2人で会うはずもない。よくもまあ、こんな嘘を堂々とつけるものだと思う」とつぶやかれました。 (平成31年4月23日 虎ノ門ニュース) ———————- 「虎ノ門ニュース」で、このニュースを受けて百田尚樹氏がこのように述べた。 「これ、うっかり抜けている。僕が書いたのは『ジジイ』ではなく『クソジジイ』と書いた」 「田原氏の発言が嘘だとは断言できない。本人が言っているんだから。でも多分嘘です。というのは、安倍総理が『憲法改正は必要がなくなった』などと言うわけがないし、仮にこれを本当に言ったとしたら、今頃、左翼メディアが大騒ぎしていますよ。しかし左翼メディアはこのニュースは一切取り上げていない。これはどういうことかと言うと、左翼メディアも『田原さんはデタラメ言っている』とわかっているんです」。 百田氏の言う通りである。 いまや老害そのものの田原総一朗。しかもこんな見え透いた嘘を在日局TBS「報道特集」でも述べていた。 反日左翼メディアからも相手にされない嘘をつくとはお話にならない。 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【中核派】ほらぐち区議「私は何を言われてもいいけど投票した区民を愚弄するのは絶対に許さない!DM大量にくるけど負けないよ!」

私は何を言われてもいいけれど、真剣に考えて投票してくれた区民を愚弄するのは絶対に許さない。 #杉並区議選 私は何を言われてもいいけれど、真剣に考えて投票してくれた区民を愚弄するのは絶対に許さない。 #杉並区議選 — ほらぐちともこ 杉並 (@HoraguchiTomoko) April 22, 2019 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

「逃げだしゃいいんだ」なつぞらでの草刈正雄のセリフに感動の声

「逃げだしゃいい」朝ドラ草刈正雄のセリフに救われる視聴者 2019年4月21日 16時0分 NEWSポストセブン 毎朝8時15分を過ぎた頃、SNSには次のような投稿があふれる。〈今朝も感動しました!〉〈涙があふれて、字幕が読めませんでした〉。すっかり朝の「泣ける」ドラマになっているNHK連続テレビ小説『なつぞら』。中でも、草刈正雄(66才)の演技とセリフに感動する視聴者が多いのだ。 【写真】主演・広瀬すずのプライベート姿 草刈演じる柴田泰樹は、ヒロイン・なつ(広瀬すず)が引き取られた北海道・十勝の柴田家の重鎮。18才の時に十勝にたったひとりで入植して荒れ地を切り開いたという人物で、偏屈で頑固な性格だが深い愛情をもった「大樹」のような男として描かれる。 30~40代の視聴者がグッときたというのは第4話。牛舎で朝から晩まで必死に働いたなつに泰樹が甘いアイスクリームをふるまい、こう諭すシーンだ。 《ちゃんと働けば必ずいつか、報われる日が来る。報われなければ働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。そんなとこはとっとと逃げだしゃいいんだ。だがいちばん悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることだ。人は人を当てにする者を助けたりはせん。逆に自分の力を信じて働いていればきっと誰かが助けてくれるもんだ》 「逃げだしゃいいんだ」という言葉に救いを感じたという声も多かった。『みんなの朝ドラ』(講談社現代新書)の著者でライターの木俣冬さんはこう話す。 「『逃げちゃダメだ』という考え方もありますが、現在は、『一生懸命やっても報われなかったら、場所を変えてもいいんだ』という時代です。ブラック企業も多く、そこから逃げずに頑張りすぎると追い詰められてしまう。『なつぞら』は戦後すぐの物語ですが、現代の価値観もしっかり取り入れています」 この言葉に涙するなつに、再び泰樹が力強く語りかける。 《お前はこの数日本当によく働いた。そのアイスクリームはお前の力で得たものだ。お前なら大丈夫だ。だから無理に笑うことはない。謝ることもない。お前は堂々としてろ。堂々とここで生きろ》 「なつは人の顔色を見て、ニコニコしてかわいがってもらったり、かわいそうと思われることで生きてきました。現代にも無理して笑って過ごす人がいるし、最近の朝ドラのメッセージも『つらい時こそ笑おう』というものが続きました。 でも泰樹は、『無理に笑わないで自分の感情を出しなさい』となつに伝える。つらい時はがまんしなくていいんだよという彼の優しさを感じます」(木俣さん) 泰樹の言葉は、叱咤激励だけでなく、端々に「未来への思いやり」を感じさせる。 「バターを作りをはじめる時、『なつのために作るんだ』と語り、土地の耕作についても『何年かかっても豊かな土地にする』と断言します。泰樹が常に“未来を担う子供たちのことを考えよう”と口にすることからは、少子化で未来を感じられない現代だからこそ、大人たちが子供のためを考えるべきじゃないかとのメッセージも感じます」(木俣さん) 自分のことではなく、なつや未来を担う子供たちのことを視界に入れた言葉だからこそ、泰樹のセリフは人々の胸に突き刺さるのかもしれない。 ※女性セブン2019年5月2日号 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

杉田議員「顔面10センチで罵声されて怖かった」 また在日朝鮮人の仕業

プラカードを持つカウンターの谷口岳 https://twitter.com/BLKMDDYRVR http://noranekonote.icurus.jp/jinbutsuzukanTaniguchiGakutrailightsrecordRecordingEngineer.htm 杉田水脈議員の応援演説に集団80人が「帰れ!!」恫喝 「男性に顔面10センチまで近づかれ罵声、怖かった」 統一地方選後半戦で、“選挙妨害”騒動が発生した。東京・杉並区議選で、自民党の杉田水脈衆院議員が応援演説に入った際、大声で罵声を浴びせ、恫喝するような集団に詰め寄られたのだ。 杉田氏や候補者の声はかき消された。一連の行為はビデオにも撮影されており、捜査当局は重大関心を寄せている。 16日夜、JR高円寺駅前が騒然となった。関係者によると、杉田氏が到着すると、「生産性で人を測るな」といったボードを掲げた70~80人の集団が「辞めろ!」「帰れ!」などと大声で騒ぎ、一部が杉田氏に向かって突進したという。 警戒していた背広姿の警察官(数十人)が一斉に「警視庁」の腕章を付け、規制線を張った。中にはビンを投げつけようとした者まで現れ、警察官に連行されたという。 杉田氏は昨年7月発売の月刊誌でLGBT全体への行政支援に疑問を呈する文章を寄稿した。それ以降、過激な批判を受けているという。 公職選挙法225条は、演説の妨害など選挙の自由を妨害する行為を刑事罰の対象と定めている。 体に触れなくても、大声で相手を威圧する行為は刑法208条の「暴行罪」に問われる可能性がある。ビンなどを投げて相手にケガをさせれば、刑法204条の「傷害罪」だ。 杉田氏は「(体格のいい男性に)顔面10センチほどまで近づかれ、罵声を浴びた。信じられない状況で、怖かった。私が車に乗った後も10人ほどが追い、ナンバーを撮影されたりした。警察は30人ほどで、ビデオ撮影するなどして守ってくれた」と、恐怖体験を語った。 警察当局は、集団の映像を収めており、政治的背景を含めて、調べているとみられる。 (平成31年4月19日 夕刊フジ) ——————— 杉田議員が反日左翼から大々的に叩かれ始めたのは法政大教授の山口二郎の6億円の科学研究費(税金)の使い道を調査して公表してことからである。 それが「LGBT」論文で一気に潰しにきた。 今回はしばき隊の在日朝鮮人など80人ほどの集団が選挙妨害、恫喝、傷害未遂など、逮捕も覚悟のチンピラどもである。 在日を朝鮮に帰せ、というのはこういうことなのだ。 当の松浦候補は演説で「高円寺駅の利用者や住民に騒動に発展したことを謝罪します」と言い、自身のSNSでは「言論封殺とは闘い続ける」「ヤジを飛ばしていた人々には一切謝罪する気はない。数で演説を潰す人々と私は闘い続ける」と書いている。 妨害した在日などはLGBTを問題として「生産性で人を測るな」と詰め寄っていたが、自身をLGBTであるとするSNSアカウントには「LGBTが反差別のならず者に利用されている。一当事者として大変迷惑。LGBTの印象が悪くなる」と書いている。 本物のLGBTが大変迷惑しているのにLGBTを利用する在日とそのことを報じないマスコミ。 また、これまで杉田議員の発言に否定的だった人も「一人の女性に対して、ここまで寄ってたかって罵詈雑言を吐いていいものだろうか。分別はないのか」「議員の発言をずっと批判してきたが、自分はこのような騒ぎを起こす人々と一緒にしてほしくない」と書き連ねた。(平成31年4月18日 大紀元

Read more

杉田議員の家族の情報をバラして脅す しかし杉田議員は脅しに屈せず信念を曲げずに政治家を続ける

杉田水脈議員の選挙応援で、在日らに選挙妨害された松浦たけあき氏と小林優美氏が当選したという。 一連の在日らの騒ぎで、この二人の候補者の名前が有名になった。 在日らのやっていることは本当にアホである。 特に悪質なのは、選挙妨害として罵声を浴びせて脅したり、杉田議員の家族の個人情報をツイッターでばら撒いて、まるで家族に危害を加えるような発信をして、やっていることが卑劣極まりない。 しかしネットの時代、そういう脅迫は全てネットでバラされて広く知られて、なおさら杉田議員への応援が大きくなる。 杉田議員も警察に通報しているが、なぜここまでして杉田議員を脅しまくるのか? 杉田議員は慰安婦問題の嘘を暴きに国連に何度も行ったり、大学教授の科学研究費の無駄遣い、TGBTへの税金投入の警鐘など、杉田議員が国会議員としていることに危機感を感じて潰したいのだろう。 しかしそうはいかない。 日本は在日や反日左翼の思い通りにさせるわけにはいかない。 戦後のゆがんだ日本を正すには、彼らが国民の知らないところでやっている反日工作を白日の下にさらさせなければいけない。 そういう意味でも杉田議員には頑張ってもらわねばならない。 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

国連機関「日本政府は国旗掲揚や国歌斉唱したくない教員に懲罰しないで対話で合意せよ」

卒業式の日の丸・君が代、ILOが「対話を」と通知へ 入学式や卒業式で国旗掲揚や国歌斉唱に従わない教員が懲戒処分などを受けている問題で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)と国際労働機関(ILO)が近く、日本政府に対して「教員団体と対話し、両者が合意できる規則を検討するよう」通知することがわかった。 「教員の自由が侵害されている」などと申し立てていた「アイム89東京教育労働者組合」が19日、東京都内で会見を開いて明らかにした。 教員の地位に関するユネスコとILOの合同専門家委員会(CEART)が、審議をしていた。 CEARTは昨年、ユネスコとILOに勧告し、日本政府に対して①国旗掲揚や国歌斉唱に参加したくない教員の義務について合意できるよう対話する機会をつくる②消極的で混乱をもたらさない不服従への懲罰を避ける目的で、懲戒の仕組みについても教育団体と対話する機会をつくる――ことを促すよう求めた。この勧告を踏まえた通知になるとみられる。 (平成30年4月19日 朝日新聞)   国旗・国歌に反対する教員を懲戒処分しないように日本政府は教員団体と対話するようにユネスコとILOが通知するそうである。 これを申し立てたのは反日極左教職員組合である「アイム89東京教育労働者組合」である。 このアイム89のメンバーの渡辺厚子(元都立北養護学校教員)は「教員の思想良心の自由と教育の自由は保障されることを示した。国旗掲揚や国歌斉唱を強制する職務命令も否定された」(東京新聞)と言っている。 しかしこの勧告には強制力がないので無視すべきである。これは日本国内の問題で国連機関が口出すことではない。 この渡辺という反日極左教師は平成19年に卒業式の「君が代」斉唱起立拒否で学校を混乱させて停職処分となった3人(根津公子・河原井純子・渡辺厚子)のうちの一人である。 渡辺は3か月の停職中に「校門出勤闘争」や「ビラまき」を始めるくらいで、教員というよりも極左闘士そのものである。 その渡辺が「日の丸・君が代」を拒否したのは「戦前の教育を思い、再びかつてのように教育に命令と服従が強められれば、やがて心も身体も国家のために吸い取られ、国家のために人生や生命を捧げさせられると強い危機感を抱いた」と言っている。 そもそも日の丸・君が代を否定して、愛国心もない人間が教員になっていることが間違いなのだ。 その根本は「間違った歴史観」にある。 これは反日左翼共通である。 戦後、GHGが創作した歴史観を日本に押し付けた。これは連合国の罪を全て日本に押し付けるためにすり替えたものであることは明らかになっている。 しかも今の日本の歴史家は「日本軍が如何に過ちを犯してきたか」ばかりを研究している。他国で自国の過ちばかりを研究する国はない。 そして、戦後日本人の間違った歴史観の典型例は、日本は原爆投下を「被害の悲惨さ」や「唯一の核被爆国として核廃絶」を言うが、なぜ原爆が投下されたか、国際法違反の責任は誰にあるのかは一切言わない。しかも原爆の被害は米国ではなく日本に責任があるとして、被害の補償や救済は日本がやってきた。なぜ被害者である日本が加害者の米国でなく、日本国に責任を負わせて補償するのか。このおかしなことに何の疑問を持たないのが今の日本である。 この歴史のすり替えの効果として、チェコの作家ミラン・クンデラは『笑いと忘却の書』の中で「一国の人々を抹殺するための最初の段階は、その記憶を失わせることである。その国民の図書、歴史を消し去った上で、誰かに新しい本を書かせ、新しい歴史を発明させることだ。そうすれば間もなく、その国民は国の現状についてもその過去についても忘れはじめることになるだろう」と述べている。 戦後政策の意図も知らずに、まんまとそれに引っかかっているのが反日左翼である。 その連中が国連機関に行き、反日国とも提携して、日本にこのような勧告や通知を出させている。 国連機関がバカなのは、どこに自国の国旗・国歌を拒否する国があるのか?

Read more

あのアサヒビール、原材料を韓国製に切り替え ⇒ 結果wwwwwww

1: 47の素敵な(大阪府) (ワッチョイ f575-s4yl) 2019/04/20(土) 09:46:04.87 ID:3tfD4mrp0.net 「アサヒは飲むもので、読むものではない」と思っていたが‥ アサヒビール、リニューアルで韓国製造の原材料に切替え。新取締役に朴秦民氏 『アサヒ ドライゼロ』クオリティアップ! 『アサヒ ドライゼロスパーク』新発売 2019年1月18日 https://www.asahibee…ews/2019/0118_1.html pic.twitter.com/fAdAXieKyN — camomille (@camomillem) March 9, 2019 https://twitter.com/camomillem/status/1104365988953305089/photo/1 https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account) ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

コインパーキングに無賃駐車した共産党の野垣あきこ 杉並区で当選してしまう なんでや……

2019年04月22日20:30 | カテゴリ:政治 1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2019/04/22(月) 15:21:40.37 ID:rQG4RF6U0 追記:2019年4月22日 野垣あきこ氏は統一地方選挙で杉並区にて初当選。 票数は3008で自身のTwitterに「日本共産党の #野垣あきこ 3008票の区民のみなさんのご支持をいただき、杉並区議会議員に初当選しました❗ 東原児童館守れ、ゆうゆう館つぶすな、西武新宿線は地下化で、消費税増税ストップなど、区議選でうったえた公約実現のため全力で頑張ります」と投稿。 https://gogotsu.com/archives/50153 引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555914100/ ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【統一地方選】東京都板橋区でテレビ出演の共産党ママが当選

2019年04月22日19:30 | カテゴリ:政治 34: 名無しさん@1周年 2019/04/22(月) 13:43:48.36 ID:6ywpS0bh0 板橋区議会選挙に当選した共産党の『石川すみえ』さん 当選     石川 すみえ     日本共産党     2,888 http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/096/096876.html 関連:【統一地方選】東京都杉並区で中核派のアイドルが当選「倒すか、倒されるか」 https://hosyusokuhou.jp/archives/48848369.html 引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555907766/ ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more