麻生太郎氏「ロシアが東に攻めてこないという保証はない」「自分の国を守るために戦う。そういう意識を若い人たちには頭に入れておいてもらいたい」

0 Shares

ロシアが「東に攻めてこない保証ない」 麻生太郎氏「戦う意思=抑止力」と喝破
記事によると…
・麻生太郎前財務相(自民党副総裁)が2022年6月26日に桜木町駅前(横浜市中区)で行った参院選(7月10日投開票)の応援演説で、ロシアが日本に侵攻する可能性に言及。

・「自分の国は自分たちで守る、それが基本」だとする中で、脅威となりうる対象には「向こうが打ったら打ち返す」構えを示すことが必要だと主張した。

・以下、麻生太郎の応援演説内容
「(ロシアの)西はウクライナがあって、東は北海道。これが、地図を見てもらったら分かる現実。西に攻めてきたけど、東に攻めてこないという保証はありませんよ?少なくとも、つい80年前までは戦争してたんだから。そして21世紀の初頭(編注:「20世紀の初頭」の言い間違いだとみられる)、1905年には間違いなく日露戦争をやっている。色々な意味で『我々は隣国だ』という意味を忘れてもらっては困る」

「従って、『自分の国は自分たちで守る』ということをきちっとしていた、していない、それが大きな差だったでしょうが!」

「『向こうが打ったら打ち返す』『これはもう、ウクライナのように殴り返される』、そういう意識が相手になければ、いいように殴られるだけでしょうが。自分たちの周りでも見てごらんなさいよ。いじめられたらいじめられっぱなしですか?違うでしょうが!戦う意思がある、それが結果的に抑止力になる。戦う意思がなければ抑止力にはならんのです。武器なんかたくさん持ってたってダメ。それを使って戦う、自分の国を守るために戦う。そういう意識、それこそが抑止力になる。大前提です。ぜひともそう言った意味で、この横浜の若い人たちには頭に入れておいてもらいたい。我々はそういったことを正しく理解している、そういった国会議員を多く持たねばならん」

2022年06月27日10時58分
https://www.j-cast.com/2022/06/27440162.html

麻生太郎

麻生 太郎は、日本の政治家・実業家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党副総裁、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問、中曽根康弘世界平和研究所会長。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 81歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・勇ましいのぉ〜

・日本を守りたい気持ちは0なので亡命するわ

・誰が戦うの?麻生?

・徴兵制の準備しとけって話ですね

・当たり前のこと言ってるだけだと思うんだけど麻生が俺も最前線行くからって言ったら納得するんか?

・閣下🥺

・社会保障もスカスカで国民を極限まで粗末にしている国のどこを愛せって言うの?相変わらず竹やりで何を守るの?

0 Shares