世良公則がEV車の問題点を指摘「現場の声を聞き多角的に再度検討すべき」

0 Shares

© 東スポWeb 世良公則(東スポWeb)
ロックミュージシャンの世良公則(66)がツイッターでEV車(電気自動車)の問題点を指摘した。

政治・経済問題で多くの投稿をしている世良は最近、JAF(日本自動車連盟)の人と話す機会があったといい「EV車の問題を知る」と投稿。

その問題点をつづった文章の画像を貼付した。その際「EV車は30個から80個ものマイコンで基板、呼ばれても我々では何もできない。ディーラーに連絡し運ぶだけ。修理は困難で基板ごと載せ替え高額。修理には半導体不足で数か月~見通しが立たない事も」「EV車普及で修理工場の廃業が加速して、ガソリン車にも影響が出ている。廃業で東京を離れ遠方の工場まで運ぶ事が多くなった」というJAFの人のコメントを掲載。

その上で「政府は2035年までに新車販売はEV車100%と宣言。これは現場の声を聞き多角的に再度検討すべき」と訴えた。

EV車は走行時は二酸化炭素排出がなく環境に優しいと言われている。だだし、製造過程ではガソリン車以上のエネルギーが必要と言われている。また、電力供給の問題も指摘されている。

ロックミュージシャンの世良公則(66)がツイッターでEV車(電気自動車)の問題点を指摘した。

政治・経済問題で多くの投稿をしている世良は最近、JAF(日本自動車連盟)の人と話す機会があったといい「EV車の問題を知る」と投稿。

その問題点をつづった文章の画像を貼付した。その際「EV車は30個から80個ものマイコンで基板、呼ばれても我々では何もできない。ディーラーに連絡し運ぶだけ。修理は困難で基板ごと載せ替え高額。修理には半導体不足で数か月~見通しが立たない事も」「EV車普及で修理工場の廃業が加速して、ガソリン車にも影響が出ている。廃業で東京を離れ遠方の工場まで運ぶ事が多くなった」というJAFの人のコメントを掲載。

その上で「政府は2035年までに新車販売はEV車100%と宣言。これは現場の声を聞き多角的に再度検討すべき」と訴えた。

EV車は走行時は二酸化炭素排出がなく環境に優しいと言われている。だだし、製造過程ではガソリン車以上のエネルギーが必要と言われている。また、電力供給の問題も指摘されている。

0 Shares