社民党・福島党首「やるっきゃない!」「大変だから助けて」

0 Shares

社民党が政治団体“格下げ”崖っぷち 福島瑞穂党首も危機感「大変だから助けて」

記事によると…

・第26回参院選(7月10日投開票)で、社民党が政党としての存続危機に直面している。現職の国会議員は衆参各1人で、今回の選挙で政党要件を満たすには3人の当選が必要だが、直近3回の参院選では当選者は1人だけ。もう一つの条件である「得票率2%以上」をクリアできなければ、政治団体に“格下げ”となる。自身も改選を迎える福島瑞穂党首(66)は「私も社民党も正念場」と危機感をあらわにした。

・福島氏は同党で女性初の委員長となった土井たか子氏(故人)の名言を使い、「『やるっきゃない!』という気持ちしかありません」と自らを鼓舞するが、約1万2000人いるとされる党員は、高齢化が進む。

比例に8人、選挙区で4人を公認した今回は、党のホームページでも「2000年代以降は振るわず、今回の参院選挙が背水の陣です」と自虐的に記載するが、福島氏に下を向いている暇はない。「党がなくなることは考えないようにしています。伸びるしかないから。(党が)ニュースになるのは悪くないし、けなされてもいい。大変だから助けて、と。この政党がなくなるのは困る、と思ってもらいたいです」。果たして、悲痛な訴えは有権者に届くのか。

6/26(日) 7:00

https://news.yahoo.co.jp/articles/82d5ff8524fbc93e2d5221e5cf763bd10ac9a0ae

福島瑞穂

福島 瑞穂は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党党首、同参議院議員会長、社会主義インターナショナル副議長。宮崎県出身、神奈川県在住。内縁の夫に海渡雄一を持つ。 内閣府特命担当大臣、社会民主党幹事長、同副党首、学習院女子大学客員教授などを歴任した。
生年月日: 1955年12月24日 (年齢 66歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・政治家が助けてって言ったらおしまいやろ

・自業自得。

・誰が助けるかよ。お前は誰も助けてないから誰も手を差し出してくれない。国民を舐めるな‼️

・社民党の存在より 自民党が左傾化していることが問題

・嫌ですね💢😤

・諦めて落選しな。

・助けてとかみずぽの都合でしょ? 政治ってみずぽを助けるためのものじゃないから。

0 Shares