【高市早苗は正しかった】高市氏が反論ツイート/「消費税は社会保障の赤字の穴埋め」(agora)/「消費税は社会保障の穴埋め。全て使われているは事実」(FLASH)

0 Shares

高市早苗氏の「消費税は社会保障に使われている」は正しかった。

高市早苗氏「消費税は社会福祉のみに使われる」発言に「平気で嘘をつく」の声…安倍元首相も明言した「借金返済」“内訳”

6/20(月) 6月19日、NHK『日曜討論』での、自民党・高市早苗政調会長の発言が物議を醸している。

れいわ新選組の大石晃子政審会長が、「数十年にわたり法人税は減税、お金持ちはさんざん優遇してきた」として、消費税減税をしないのはおかしいと追及すると、高市氏は「れいわ新選組から消費税が法人税の引き下げに流用されているかのような発言がこの間から何度かあったが、まったくの事実無根」と、色をなして反論。さらに、消費税は法律で社会保障に使途が限定されているとして「デタラメを公共の電波で言うのはやめていただきたい」とまで言い放った。

高市氏の発言はTwitterで拡散され、《♯平気で嘘をつく高市早苗》がトレンド入り。

Twitterでは、1990年度の税収と2020年度の税収を比較する表をつけ、高市氏を批判する声が巻き起こった。

たしかに、拡散した税収表を見ると、1990年度の消費税収(税率3%)は4.6兆円だったが、2020年度(10%)は21.7兆円に。一方で、1990年度の法人税収(40%)は18.4兆円だったが、2020年度(23.2%)は、12.1兆円。この数字を見ると、消費税が法人税減税の穴埋めに使われているように見える。

「しかしこの税収は、30年間で増えた莫大な社会保障給付を見過ごしています。この30年で社会保障給付(年金、医療、介護、子育て)は40兆円から140兆円に増え、その赤字分を一般会計から穴埋めしています。

2022年度でいえば、赤字の穴埋めは36兆円に対して、消費税収は22兆円。つまり消費税だけでは赤字を穴埋めできず、国債の発行、つまり借金を重ねている状態なのです。

『消費税が社会保障にすべて使われている』というのは、あながちウソではないのです」(FLASH)抜粋

消費税の増税は法人税減税のためではない
NHKの日曜討論で、高市政調会長が切れた。これは高市氏が正しい。

1990年度の税収は60.1兆円だが、2020年度は63.5兆円と、30年間で3兆円しか増えていない。つまり90年代以降の税制改革は税収に中立だった。

「反緊縮」派のいうのとは逆に、日本はこの30年、増税しないで支出増を国債でまかなう放漫財政を続けてきたのだ。

法人税の減税6.1兆円より、消費税の増税17.1兆円のほうがはるかに大きい。それは法人税では説明がつかないのだ。残りの11兆円はどこへ行ったのだろうか。

消費税は「社会保障の赤字の穴埋め」
それは一般会計だけを見ていてはわからない。小黒一正氏も示すように、この30年で社会保障給付は40兆円から140兆円に増え、今後も激増する。そのうち社会保障特別会計の赤字を一般会計(公費)で穴埋めしている分が、今年度は36兆円だ。

それに対して消費税収は22兆円。つまり消費税が増税された最大の理由は、激増する社会保障の赤字の穴埋めだが、全額を使っても穴は埋めきれない。それが「消費税が社会保障にすべて使われている」という意味である。

(agora)抜粋。全文は👉こちら

高市氏のツイート

「消費税法、地方税法も「社会保障に充てるもの」と記載している」

ネットの声
高市さん、ど正論。一般会計しか見ていないとこうなる。

消費税を下げてくれるにこしたことはないが、れいわが指摘すべきはそれではなく、社会保障。自民党は年金減額すると高齢者の票が逃げるので言い出せないでいる。そして情弱な若者から金を吸い取ってる。

社会保障費が膨らんでいるのが知られていない。現役世代から抜かれて全て高齢者世代に回っている。れいわはそこを指摘して、若者の社会保障費を軽減して、年金を減額すべきというべき。

高齢者の医療費窓口負担を2倍にしようとしたり、生活保護基準を引き下げたりしているのは、老人が激増して、消費税を増税しても社会保障の赤字が埋まらないから、高齢者の自己負担を増やしている。

消費税は社会保障の穴埋めは事実。焦点を当てるべきは社会保障。若者が負担しているということを気づいていない悲しさ。消費税減税ではなく、若者や現役世代の社会保障の負担減額でしょ。

自民党は楽だ。多くの人消費税消費税と言っている限りは、もうどうしようもなくなっている社会保障への目を逸らすことができる。

高齢者の年金を半額にするべき!この世代は60歳から年金もらってきて今も高い年金をもらっている。少しは若者に振り向けろ!

0 Shares