昭和天皇の肖像燃やすシーン「憎悪や侮辱の表明ではない」名古屋地裁 愛知トリエンナーレ/ネット「これが憎悪や侮辱でなかったら何?」

0 Shares

昭和天皇の肖像燃やすシーン「憎悪や侮辱の表明ではない」 名古屋地裁 愛知のトリエンナーレ

愛知県の大村秀章知事が会長を務める芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会が、名古屋市に未払いの負担金を支払うよう求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(岩井直幸裁判長)は25日、請求通り約3380万円の支払いを市側に命じた。

愛知の芸術祭訴訟判決で名古屋地裁は「表現の不自由展・その後」で展示された昭和天皇の肖像を燃やすシーンがある映像作品について「天皇に対する憎悪や侮辱を表明することのみを目的とした作品と解されるとは言い難い」と述べた。

訴状などによると、市は令和元年7月までに芸術祭の負担金約1億3700万円を支出。同8月に芸術祭が開催された。

だが、昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やすシーンがある映像作品などが展示された企画展「表現の不自由展・その後」に問題があったとして、河村たかし市長が2年に残りの負担金の不支出を表明した。

ネットの声
名古屋市は控訴すべき。

あれが憎悪と侮辱でなければ、今後、それは存在しなくなる。それほどひどい。

こんな反日活動に公金使うのいいかげんやめろよ。いくら屁理屈こねたって誰がどう見ても完全に反日活動だろがバカが。

私は日本人です。なぜ日本人への侮辱を我慢しなければならないのか。日本人に生まれたというだけで、尊厳を傷つけられても仕方がないとでもいうのか。全く理解できない。

そもそも人権というものは、その尊厳や誇りを傷つけられることがないという権利です。日本の伝統や文化を誇りに思うことは、守られるべき尊厳でしょう。

日本人の心の中にある皇室への敬意というものは、安易に侮辱されてはならない。当たり前の話ではありませんか。

この裁判官。自分や自分の家族が同じことされてみたらどう感じるか考えて判断してもらいたい。いずれにしても控訴だ。

これはハラスメント。犯罪だろ?

0 Shares