石原良純さん、東京都の太陽光パネル義務化の動きに「あり得ないことを真顔で言っているのは信じられない」

0 Shares

石原良純 東京都の太陽光パネル義務化の動きに「あり得ないことを真顔で言っているのは信じられない」
記事によると…
・タレントの石原良純(60)が22日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演。東京都の太陽光パネル義務化の動きに語気を強めた。

・2010年に自宅に太陽光パネルを付けたという石原は「僕のところは平場だから影になることはないけど、これはまったく意味がないと思う、戸建てに付けるって。ましてや東京の住宅事情で日当たりとか見て、1日何時間も当たらなかったら意味がない」とバッサリ。「再生可能エネルギーの限界をみんなわかってない。風力発電と太陽光発電で日本の電力がすべて賄うなんてあり得ない。あり得ないことを真顔で言っているのは信じられない。本当に隣にマンション立ったらどうするんだよ!って。これはあくまでもアドバルーンというか、“みんなで考えましょう!”ってことだと思う。義務感なんかされないでしょ」と私見を述べた。

2022年5月22日 11時21分
https://news.livedoor.com/article/detail/22203673/ 

関連動画

石原良純

石原 良純は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。本名同じ。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」「ニンデマン」など。神奈川県逗子市出身。慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。湘南ブラザース所属。
生年月日: 1962年1月15日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・慎太郎が乗り移った

・聞いていてスカッとしました!

・都知事選出たら当選まであるかも

・お父さんのちか

・正論

・東京には「日照権」という言葉はないの🤔まぁ言いたいことは分かる

・でも、本当に言うべきと頃そこじゃないよ😌火事おきたら大火になって消せないとことかは?言わないのね😑

0 Shares