安倍元総理、韓国に「英知ある判断をしてもらいたい」日韓合意について「それぞれ国にある批判はそれぞれの政府が説明をして、その国の責任を果たしていきべきだ」

自民党の安倍晋三元総理は、韓国新大統領について「安全保障については日本や米国と認識を共にしている」と述べた。日韓関係については「英知ある判断をしてもらいたい」と訴えた。

日韓外相会談では、日韓関係について「これ以上の悪化を放置してはならない」「日韓関係の改善はまったなし」との認識で一致したとの報道があったが、安倍氏は韓国代表団に重要な指摘をしていた。

安倍元首相は、韓国の尹錫悦新大統領について「安全保障については日本や米国と認識を共にしている」と述べ、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮などを巡る問題について、日韓や日米韓の連携の重要性を訴えた。

その上で、日韓関係については「英知ある判断をしてもらいたい」と述べた。戦後最悪とまで言われる両国の関係改善に向けた努力を促した形だ。12日、自らの派閥の会合で述べた。

安倍氏は、大型連休前に訪日した韓国代表団との面会している。

12日の会合では、面会での自らの発言を紹介した。

まず首相として自らがまとめた2015年の日韓合意について「お互いの主張が100%通るのではなく、両国それぞれの国益に適うという大きな判断で決断に至った」「それぞれ国にある批判はそれぞれの政府が受け止めながら説明を果たしていくことで、その国の責任を果たしていきべきだ」と韓国代表団に伝えたことを明らかにした。

また、いわゆる元徴用工問題については「日韓関係の基礎は1965年の日韓基本条約や日韓請求権協定に伴って対応してもらいたい」と述べたことも明らかにし、尹新政権の発足に合わせ韓国側の対応を改めて求めたことを説明した。

尹新大統領は冷え切った日韓関係の打開策として両国の首脳が相互訪問する「シャトル外交」の再開など関係改善に意欲を示している。

引用元 安倍元首相「英知ある判断をしてもらいたい」韓国の尹錫悦新大統領就任に

『2015年の日韓合意について「お互いの主張が100%通るのではなく、両国それぞれの国益に適うという大きな判断で決断に至った」「それぞれ国にある批判はそれぞれの政府が受け止めながら説明を果たしていくことで、その国の責任を果たしていきべきだ」と韓国代表団に伝えた』まさにその通りだ。国民が日韓合意に対して批判を持ったのならば、政府が責任をもって国民に理解を求めるべきだが、文政権は国民感情に流され、政府がとるべき対応を取らず、あまつさえ支持率獲得のために合意を反故した。

「英知ある判断をしてもらいたい」というのは、韓国政府が合意について国民を理解させ、約束を守ってから信頼関係を築こうという事だ。

関係改善ありきで物事を進めようとするのが韓国だが、日本としては韓国が関係改善するに値するかをしっかり見極め、これ以上騙されないようにしなければいけない。本来、安倍氏のような主張は、林外相や外務省から発信してほしいものだ。