自民・佐藤外交部会会長「政権が代わったからバラ色の日韓関係が待っているという妄想は捨てた方がいい」「首脳会談はやってはいけない」

0 Shares

韓国新大統領が誕生して、マスコミは日韓関係の改善がどうなるかばかり取り上げるが、自民党の佐藤正久外交部会会長は「政権が代わったからバラ色の日韓関係が待っているという妄想は捨てた方がいい」と指摘し、関係改善ムードにくぎを刺した。

佐藤正久外交部会長は、新政権誕生に祝意を表しつつ、「政権が代わったからバラ色の日韓関係が待っているという妄想は捨てた方がいい」と指摘。いわゆる徴用工問題や慰安婦問題を念頭に、「日本側が受け入れ可能な解決案を韓国側がスピード感を持って提示することを腰を落ち着けて待つことが大事だ。それがない中で、首脳会談はやってはいけない」と訴えた。

会合で出席議員からは「こちらが譲歩することはやってはいけない」「ボールは向こうにある」といった声が目立った一方で、「首脳同士も含めて会談を持ち、韓国側が動きやすい環境をつくるやり方もある」との意見もあった。

引用元 韓国新政権でも「首脳会談やってはいけない」 自民・佐藤外交部会長

「韓国側が動きやすい環境をつくるやり方もある」といった声もあったようだが、それが譲歩に繋がる恐れがある。日本としては一貫した主張を行い、まずは国と国の約束を果たしてもらう所から始めなければいけない。

さらに、佐藤氏は岸田総理も、二度も三度も騙されることはないだろうと語る。

佐藤氏は、悪化している日韓関係の改善に意欲を示す尹氏が韓国の新大統領に就任したことについて「政権が変わったから、改善意欲があるから、バラ色の日韓関係が待っているという妄想は捨てた方がいい」と指摘した。さらに「岸田首相も、二度も三度も騙されるわけにはいかない。二度も三度も騙されたら、日本の名誉にもかかわる」と強調した。

引用元 自民・佐藤正久氏「バラ色の日韓関係が待っているという妄想は捨てた方がいい」韓国・尹錫悦新大統領就任に

韓国に一番煮え湯を飲まされたのが岸田総理だ。

一部のマスコミは「日韓関係改善は待ったなし」と、岸田総理が関係改善に前のめりと思わせるように強調しているが、韓国代表団との面会後にこれまでの日本の主張と何も変わらないことを語っていた。

「日韓関係を健全な関係に戻すべく、日本の一貫した立場に基づき、尹次期政権とは緊密に意思疎通を図りたい」「国と国との約束を守るのは国家間の関係の基本だ」

岸田首相は、韓国代表団との面会後、記者会見でこう語った。両国関係の改善は韓国側の努力次第と、くぎを刺した。

引用元 韓国代表団〝特別面会〟は失敗か 岸田首相、反対意見押し切り…韓国メディアは「譲歩」示唆、報道放置すれば事実捻じ曲げる危険

「日韓関係改善は待ったなし」だけど「国と国との約束を守るのは国家間の関係の基本だ」日韓関係を発展させていくには、日韓間の懸案の解決が必要であり、そのボールは韓国が持っているというのが日本の一貫した立場だ。マスコミは変な誘導が今の時代無理なのをいい加減に気付かないといけない。

いたずらに歓迎ムードを煽るのではなく、今は新政権の親日が本気か表向きかを見極めなければいけない。佐藤氏が述べる「腰を落ち着けて待つことが大事だ」はまさにその通りだ。関係改善ありきで物事を進めていくと、またも振り出しに戻るだろう。

0 Shares