中国報道官「日本は『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている」 実際に脅威だから仕方がない。中国がちょっかい出さなければいい話だ!

0 Shares

中国外務省の報道官が、日本の防衛費増額や反撃能力など、国防力増強について「日本はいわゆる『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている。断固として反対する」と批判。

口実も何も実際に脅威を感じているのだから仕方がない。いろいろちょっかいを出して日本の警戒心を煽っているが、あれで中国は日本に脅威を与えていないつもりなのだろうか?だとしたら無自覚ほど恐ろしいものはない。

中国外務省の報道官は、日本の岸田総理大臣が中国を念頭に「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」と述べたのに対して、強く反発しました。

岸田総理は5日、イギリスで行われた記者会見で、中国を念頭に「力による一方的な現状変更をインド太平洋、とりわけ東アジアで許してはならない」「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」などと述べました。

これに対して中国外務省の報道官は、6日の記者会見で「日本はいわゆる『中国の脅威論』を煽り、自国の軍備増強のための口実にしている。断固として反対する」と批判しました。

さらに「台湾問題は中国の内政であり、ウクライナ情勢とはまったく同列に論じられない」とした上で、「日本が本当に東アジアの平和と安定を望むなら、大国間の対立を煽るのをやめ、地域の平和と安定を促進することに役立つべき」と強調しています。

引用元 「日本は自国の軍備増強のための口実にしている」中国外務省・報道官、岸田総理“ウクライナは明日の東アジア”発言に強く反発

「台湾問題は中国の内政であり」と、報道官は口を出すなと言わんばかりにけん制しているが、日本の国防力増強も内政問題だ。しかも、脅威は中国だけでなく、ロシアと北朝鮮に対しても日本は備えなければいけない。中露北はお仲間で、そんな国に囲まれている日本に防衛力を高めるなというのが無理な話だ。

日本がいくら防衛力を高めようとも、中国が攻めてこない限りは、中国にその力を発揮することはない。それだけの話だ。日本が防衛力を高めるのを警戒しているという事は、中国は日本に侵攻するつもりがあるということだ。それとも、北朝鮮やロシアに日本を攻撃するよう指令でも出して、そのどさくさに沖縄侵攻でもするつもりだろうか?そのつもりがないのなら日本が強くなっても中国が困る話ではない。

0 Shares