岸田総理「原発1基はLNG100万トンに相当」

0 Shares

岸田総理大臣は26日夜、テレビ東京の「WBS」に出演し、「原発を一基動かすことができれば、世界のLNG市場に年間100万トンを新たに供給する効果がある」と述べたうえで、「今の枠組みの中でどこまで原子力の再稼働できるのか、追求していかなければならない」として、本格的な原発再稼働に意欲を示しました。

また、原子力規制委員会による審査についても、「合理化・効率化を図り、審査体制も強化して、しっかり手続き進める」として、現行の審査の枠組みのもとで「できるだけ可能な原子力発電所は動かしていきたい」と述べました。

ウクライナ情勢によるエネルギー価格高騰や、日本政府のロシアからの石炭禁輸の方針などを受けて電力の安定供給に向けて経済界からは原発の本格的な再稼働を求める声が出ていて、岸田総理としては、こうした意見に配慮したものとみられます。

一方で、岸田総理は「安全は譲れない。国民の理解を得て進めていく」として、本格的な原発再稼働には、国民の理解が重要であるとの認識もあわせて示しました。

0 Shares