プーチン大統領の最新映像、座り方が不自然だと話題に…「ものすごく違和感」「やはりパーキンソン病なのでは」

0 Shares

チャード・リクソンさんのツイート
やっぱりプーチンがパーキンソン病というのは本当かも…

ルカシェンコの時に右手で椅子の脚を強く握ってたけど、今回も右手で机の縁をずっと掴んでいる

そうしないと手が震える

パーキンソン病

パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson’s disease)は、手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す、進行性の神経変性疾患である。進行すると自力歩行も困難となり、車椅子や寝たきりになる場合がある。40歳以上の中高年の発症が多く、特に65歳以上の割合が高い。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・体全体が突然びくりと震えるシーンもありますね。よほど病状が進行しているのか……。

・ニュースで視た時に首をすくめ縮こまっている様な座り方に、ものすごく違和感があったんですが成程。手で机を掴み足が震えてる。未来にこういう事も歴史の一場面として言われるのかもしれないですね。

・肩を不自然に寄せて首をすくめた姿勢で良く見ると机の下、足も震えてる。あのマイケル・J・フォックスも確か、こんな感じだったよ…(´- `*)

・親指が小刻みに動いていますね

・肩など姿勢を見ても、パーキンソン病は間違いないでしょう。

・パーキンソン病は程度の差こそあれ高齢者なら普通にある事ですから。マッチョを地で行く人だったから、体が弱ってきた事で焦りが生まれたのかも。

・確かに不自然な座り方なんだよね。姿勢も変だし。治療はしてるだろうと思うのだが。リプ欄、病気を揶揄する人もいて不快。パーキンソン病は多くの患者がいる。それを考慮して発言して頂きたい。

0 Shares