小泉進次郎氏「ガソリン価格が高騰している今こそ、EVを普及させてガソリンに依存しない社会への移行を加速させよう」

0 Shares

ニュージーランド アーダーン首相との朝食会に出席しました。
記事によると…
・こんにちは。小泉進次郎です。今朝はニュージーランドのアーダーン首相と朝食。久しぶりに再会してお互いの子どもの成長を写真や動画を見せ合い、有意義な政策の意見交換もできました。

・政策の意見交換で特に印象的だったのは、カーボンニュートラルと自動車政策についてでした。

・カーボンニュートラルで自動車業界は100年に1度の大変革期を迎え、3年後にはノルウェーががガソリン車の販売禁止をする中で、日本も2035年以降は新車販売は100%電動車になる予定です。

・日本は世界でも代表的な自動車製造大国ですが、電動車の取り組みは遅れています。この日本の遅れは、ニュージーランドをはじめとする自動車輸入国の交通分野の脱炭素を遅らせることにも繋がるだけでなく、他国の電動車が日本車よりも先に海外のマーケットを獲ってしまうことになりかねないことを意味します。

繰り返しますが、日本の電動車の普及の遅れは、日本の国内問題にとどまらず、世界の脱炭素の流れにブレーキをかけ、日本の産業競争力の低下、海外マーケットを失うことを意味します。

ニュージーランドのアーダーン首相から、自動車輸入国の立場からの見方を披露して頂き、改めて日本が脱炭素を加速させる必要性を痛感しました。

・日本では、原油価格の高騰に伴うガソリン価格の上昇対策に補助金でガソリン価格を下げることが中心になっていますが、短期的には合理的だとしても、中長期で考えれば、今こそガソリン依存度を下げる経済社会への移行を加速させるための電動車普及策を大胆な投資で強化すべきです。

https://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-12738812106.html

小泉進次郎

小泉 進次郎は、日本の政治家。学位はM.A.。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党総務会長代理、自由民主党神奈川県連会長。血液型はAB型。 環境大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長、自民党厚生労働部会長などを歴任した。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 40歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・じゃあまず電力確保のために原子力発電所の再稼働をしなきゃね。

・原発動かさないと電気代も高いべ。頼んでもいない再生エネルギー何とかを勝手に上乗せされてるし電気代お高いのよ。車は所有するなって断言した方がエコだわよ。

・太陽光発電パネルを車に設置しましょうとか言い出さないだけまだギリギリ生きてるか

・電力不足起きてるのに?

・電気代はもっと高騰しており、再エネ賦課金まで取られている。

・EV車買う金くれ!

・最後は強く推奨で逃げる

0 Shares