【慰安婦】ラムザイヤー教授、沈黙を破り批判に反論 強制連行に証拠なし

ラムザイヤー教授が批判に反論 強制連行に証拠なし
・「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を公刊し、学界内外で批判されていた米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、このほど沈黙を破り、批判者たちへの反論を公表した。

論文は、慰安婦が当時政府規制下で認められていた国内売春婦の延長線上の存在で、売春宿と期限付きの契約関係にあったことを理論的実証的に示したもの。一昨年、法と経済学に関する学術誌『インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス』のサイトでネット先行掲載(65巻)され、昨年1月31日付の本紙に論文要約が掲載されたところ、韓国発で激しい批判キャンペーンが起こり、米国にも飛び火。リベラル・メディアが教授の批判を繰り広げただけでなく、同じハーバード大の教授をはじめ、米国の日本研究者が歩調を合わせて同誌に論文の撤回を迫る事態となり、学術誌編集部と出版元は論文をめぐる最終的決定をまだ行っていない。

以下に掲載するのは、ラムザイヤー教授の反論を、教授ご本人の了承を得て、要約したものである。

https://www.sankei.com/article/20220114-TGQAHT3XQZNLFEUAR7GJDHN62U/

関連動画

J・マーク・ラムザイヤー

ジョン・マーク・ラムザイヤーは、アメリカ合衆国の法学者。ハーバード・ロー・スクール教授。専門は日本法及び法と経済学。シカゴ生まれの宮崎県育ち。
生年月日: 1954年 (年齢 68歳)
出生地: アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
全名: John Mark Ramseyer
研究分野: 会社法、法と経済学、日本法
研究機関: カリフォルニア大学ロサンゼルス校; シカゴ大学; ハーバード・ロー・スクール
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・結局無双でしたね

・支持する

・異国の方が頑張ってくれているのに自国内に敵方のスパイが横行していて何だか申し訳なく感じる

・本来は日本政府、外務省がやること。ラムザイヤー教授感謝いたします。

・言ってくれてありがたい…

・証拠もなく、謝罪、補償を求める輩に政府は毅然とした態度で臨むべきだ

・本来なら、日本政府がなすべきこと、ありがとうございます。

日本のニュースを24時間配信(ANN)