武漢の新型肺炎は報道より遥かに深刻か! 現地の声!(朝香 豊)

人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型肺炎に関して、武漢で拾った多くの生の声を集めた動画を紹介したい。

これによると、武漢の新型肺炎は報道より遥かに深刻であるように感じられる。

以下、そうした声を列挙して見た。

協和医院では神経外科フロアのスタッフと患者の全員が感染し、病棟はすでに封鎖された。

協和医院の感染科主任、武漢市中心医院の乳腺・甲状腺外科主任も感染し、すでに人工呼吸器を装着している。

同済医院では、1989年生まれの若い医師が感染し、死亡した。

現在病院の外来には毎日長蛇の列ができ、受付してから診察まで1日かかる状態が継続している。

実際の死亡者数は政府の発表よりはるかに多く、医者は全員口封じされられている。

市場ではもうマスクが買えない。どこも入荷と同時に売り切れる。

ここ数日で帰省の人はほとんど出発した。(そのうち半分ほどが戻ってきている。)

ある20歳の大学生は、帰省の途中に武漢で10分ほど下車しただけで、感染した。

実際の状況はみんなが想像している最悪な状況よりはるかに深刻かもしれない、感染状況は2003年のSARSを超えると推定していると、ある医者がSNSに載せた。

「人から人への感染」があるだけでなく、空気感染する可能性も強まった。

ウイルスが重篤化している可能性も強まった。

今からでも日本政府は対応の抜本的強化を図るべきだ。

中国からの飛行機については、水際対策で隔離対応ができる人数しか受け入れるべきではない。

十分な水際対策ができない飛行場では、中国からの便の受け入れを完全に停止すべきだ。

なお、動画はこの下に貼り付けてある。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ
最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)