( ´_ゝ`) 原口一博議員「『審議拒否』は呪いの言葉。『審議整理』と呼べ」

2019年11月05日20:09 / カテゴリ:民主党

1: ボマイェ(東京都) [US] 2019/11/05(火) 18:00:57.49 ID:FgvuE9TU0

相次ぐ閣僚の失言とされる問題について、野党は例の如く安倍政権に「任命責任」を求め「審議拒否」を敢行しているが、国民は大臣の失言よりも、むしろ野党の行為を「国会議員としての責任を果たしていない」「またサボりか」
「一足早い冬休み」「休んだ分の給与を返上しろ」などとネットを通じて批判・揶揄している。

この事態に、国民民主党・国対委員長の原口一博氏(佐賀1区)は自身のTwitter上で、「野党の審議拒否」は「呪いの言葉」とし、「審議整理」と呼び替えるよう主張している。

「審議整理には膨大な労力と調整が必要」「与党が頼み込んできたのを~譲ってやろうと折り合いをつけた」と “審議整理” の理解を求めた。

以下、原口氏のTwitterより引用

原口 一博 @kharaguchi

「野党の審議拒否」これも「呪いの言葉」です。「審議整理」と呼び替えるべきです。審議の前提となっている政府の信頼が崩れたり法案の根拠となるデータが非開示だったりすればまともな審議はできません。まして閣僚辞任ともなれば任命責任を国会で果たしてもらわなければなりません。審議整理には膨大

(続き)な労力と調整が必要です。今回の事案でも国会を「正常化させるため」与野党でどれだけ協議を重ねたかわかりません。
質問を再開するにも準備と時間が要ります。
「2日前通告!」と非難していた人達は今日、開かれる予定の委員会を説明できないのでは?正常化して委員会合意したのは金曜日。

(続き2)すなわち委員会質問の1日前。物理的に2日前通告はできない日程です。与党が頼み込んできたのを私達が相手もこれだけ努力したのだから譲ってやろうと折り合いをつけたのでした。本来なら審議整理にもっと時間が必要だったのです。質問者にも負荷をかけました。
審議整理の理解を広めましょう。

「野党の審議拒否」これも「呪いの言葉」です。「審議整理」と呼び替えるべきです。審議の前提となっている政府の信頼が崩れたり法案の根拠となるデータが非開示だったりすればまともな審議はできません。まして閣僚辞任ともなれば任命責任を国会で果たしてもらわなければなりません。審議整理には膨大

返信先: @kharaguchiさん
(続き)な労力と調整が必要です。今回の事案でも国会を「正常化させるため」与野党でどれだけ協議を重ねたかわかりません。
質問を再開するにも準備と時間が要ります。
「2日前通告!」と非難していた人達は今日、開かれる予定の委員会を説明できないのでは?正常化して委員会合意したのは金曜日。

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)