中国各地で「習近平退陣」や「共産党退陣」といった抗議デモ広がる

0 Shares

日中問題や中国問題を評論している評論家の石平氏が、28日に次のようなツイートをした。

投稿内の動画は、四川省成都市で、独裁色を強めている習近平国家主席に対する抗議デモの様子

だ。

習主席や中国共産党への抗議デモは四川省だけでなく、中国各地に広がりを見せている。

北京市中心部で27日夜から28日未明にかけ、中国当局の新型コロナウイルス対策に反対する抗

議活動が行われた。大規模な抗議活動はすでに上海市、広東省など中国各地に広がっているが、首

都でこうした行動が公然と実施されるのは異例の事態だ。習近平政権が掲げる「ゼロコロナ」政策

に基づく厳格な行動制限が長期化しており、庶民の不満や怒りが沸点に達しつつある。

北京での抗議活動は、日本大使館にも近い朝陽区の繁華街で行われた。広場に市民が集結してデモ

行進を始めると、若者らが続々と合流。数百人が抗議の意思を示す白い紙を手に持ち、「PCR検

査は不要だ」「隔離を解除せよ」「自由がほしい」などとシュプレヒコールを上げた。「個人独裁

は要らない」と習近平国家主席を批判する声も出た。

抗議活動のきっかけとなったのは、新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチ市で24日に起きた

10人が死亡した住宅火災だ。感染対策としてとられていた封鎖措置で消火活動が遅れたとみら

れ、その後に同市内で大規模な抗議活動が起き、上海でも26、27両日に追悼活動が抗議活動に

発展。「習近平退陣」や「共産党退陣」といったスローガンが叫ばれた。

習政権は、新型コロナの感染拡大を徹底的に封じ込めるゼロコロナ政策を続けている。感染拡大が

起きると居住地域の封鎖や、大規模なPCR検査を住民に求めるなど、経済・社会活動にも影響を

与える防疫措置をとっている。

北京でも今月に入って感染拡大が続いていることを受けて封鎖された居住地域が多く、出勤や通学

も制限されて市中心部でも人通りは少なくなっている。飲食店も休業を余儀なくされており、庶民

の負担は増しているのが現状だ。

習政権は、感染拡大を効果的に封じ込めているとしてゼロコロナ政策の優位性を強調してきた。し

かし、対策の長期化で庶民の反発は確実に増しており、一部では批判が習政権にも向かうという事

態に陥っている。

引用元 北京でも「ゼロコロナ」抗議デモ 不満の矛先は習氏にも

やはり、独裁を打倒するのは民衆の結集しかない。習主席は3期目に入り、盤石の布陣を敷いたよ

うだが、かえって国民の反発を招いてしまったようだ。

ここは中国国民を応援したいところだが、中国が生まれ変わることができるのだろうか?万が一、

中国が民主主義になったらどのような影響が出るのだろうか?と考えずにはいられない。しかし、

少なくとも習主席退陣と中国共産党の打倒が成されれば周辺国への圧力が無くなるとまでは言わな

いが、激減すると思いたい。

0 Shares