握りずしを一緒に食べ、握手でお別れ… 死刑執行の「事前告知」

0 Shares

死刑囚と拘置所長らのやり取りを収めたテープについて説明する原告弁護団の植田

豊弁護士=2022年10月21日午後1時59分、大阪市北区、阿部峻介撮影

2日前に死刑の執行を告げられた死刑囚と拘置所長らの67年前のやり取りを収めたテープの記録が

21日、大阪地裁の民事裁判に証拠提出された。国に損害賠償を求めている死刑囚2人は、提出した

記録などをもとに「事前告知をしても問題はない。当日に告知している現在の運用は憲法に違反す

る」と訴える。

テープは1955年、大阪拘置所長が録音した。2日前に執行を告知し、「送別お茶の会」や「送別

俳句会」を開催。死刑囚が姉と面会し「笑って別れましょう」と伝えた後、絞首刑を執行したとみ

られる音声などが収められている。法務省は「このテープ以外に、告知から執行までを録音したよ

うなケースは承知していない」としている。

原告側は、不服を申し立てる時間を与えず、最後の別れもさせない当日の告知は「適正な手続き

によらなければ刑罰を科されないと定めた憲法31条に反する」などと主張。国側は、遺体や遺品の

扱いをめぐる意向確認などのために告知しているだけで、死刑囚には告知を受ける法的な権利はな

いと反論。原告の請求を退けるよう求めている。(阿部峻介)

窓越しに「先ほどお召しの通知」

原告側は、テープに録音された事例のほか、執行前日までに告知した事例が4件あると主張して

いる。

最も古い71年の事例は執行…

 

0 Shares