ついに宣戦布告!再登板を狙う菅義偉が二階元幹事長とタッグで「岸田降ろし」へ

0 Shares

菅義偉前総理が「再登板」へ向け、不穏な動きを見せ始めている。

昨年10月に岸田政権がスタートして以降、菅氏は要職を外れて、非主流派に身を置いてきた。と

ころが、9月27日に行われた安倍晋三元総理の国葬儀で、その菅氏が雌伏の時を打ち破るかのよう

に動き始めたという。

いったい、どういうことなのか。岸田派の有力幹部が明かす。

「その日、菅さんは『友人代表』として安倍さんへの弔辞を述べたが、弔辞には現職の総理である

岸田さんの名前が一度も出てこなかった。政治の外に身を置く人たちにはピンとこないかもしれな

いが、ズバリ、岸田さんは『岸田』の2文字が登場しなかったこの弔辞を『再登板へ向けての宣戦

布告』と捉えている。しかも、菅さんはこの日のために、知人のアナウンサーに話し方まで教わっ

ていたというから、用意周到だ」

それだけではない。再登板を虎視眈々と狙う菅氏の背後には、「昭和の妖怪」とも言われる二階

俊博元幹事長の姿が見え隠れしていた。

安倍派の中堅議員が畳みかける。

「昨年8月に自民党総裁選への出馬を表明した際、岸田さんは当時の菅総理の政権運営と二階幹事

長の党運営を、厳しく批判した。当然ながら、岸田さんと菅さんはむろんのこと、岸田さんと二階

さんも犬猿の仲に。党内では今、菅さんが二階さんとツルんで『岸田降ろし』を仕掛けていく、と

噂されている。しかも党内最大派閥の安倍派は、安倍さん亡き後、跡目争いで分裂の危機にある。

菅さんが再登板への動きを加速させる中、老獪な二階さんはいずれ安倍派にも手を突っ込んで、多

数派工作を仕掛けてくるだろう」

もともと、二階氏は勝ち馬に乗るのが巧みな「政界のタヌキ」と言われてきた。キツネ顔の岸田

総理は、これをどう迎え撃つのか。

永田町の奥の院で始まった「キツネとタヌキの化かし合い」の今後が見モノである。

0 Shares