石原良純&玉川徹氏が“放送事故レベル”の激論 再生エネルギーめぐり一触即発

0 Shares

テレビ朝日系「モーニングショー」で、コメンテーターの玉川徹氏と石原良純が再生エネルギー

をめぐって激論を繰り広げた。

【写真】石原伸晃に忍び寄るコラアゲンはいごうまん

5日放送の同番組では、世界の異常気象を取り上げた。現在、異常な大雨が続くパキスタンでは

大洪水が発生し、国土の3分の1が水没したといわれる一方、欧米や中国南部などでは記録的大干

ばつで河川や湖沼が干上がる事態に陥っている。

異常気象がテーマとあって、気象予報士の資格を持つ石原はまさに〝水を得た魚〟だったが、温

暖化の話から話題は電力供給へと脱線。カーボンニュートラルな再生可能エネルギーの話へ展開す

ると、玉川氏との白熱激論に発展した。

温暖化による異常気象対策として、電力を再生可能エネルギーで賄うことを主張する玉川氏に対

し、石原は「再生可能エネルギーで日本のエネルギーを賄えるわけがない!」と真っ向反論。これ

に対し、玉川氏は「原発のことを言いたいんだろうが、自然エネルギーは問題ない」と返すと、石

原は再び「関係なくない! 自然エネルギーは頼りにならない」と玉川氏を否定した。

その後も「蓄電技術がなければ再生可能エネルギーの有効利用はムリ」と主張する石原に対し、

今度は玉川氏が「日経新聞を読めば、いろんな蓄電技術は載ってる!」などと反論。石原と玉川氏

の一触即発な空気を察した司会の羽鳥慎一アナが、「電力の話はまた今度にして、気象の話をしま

しょう」といさめる場面もあった。

2人の白熱議論を受けてネット上では、「おっさん同士の言い争い醜い」、「もはや放送事故レ

ベルの言い合い」などの反応が相次いでいる。

0 Shares