高市大臣「安倍元総理を偲んでいた世論の空気が変わってしまった」櫻井氏「報道に大きな責任がある。安倍氏殺害の背景等を調査すべきなのに、統一教会ばかり報道している」

0 Shares

高市大臣、櫻井よしこ氏「国葬儀は絶対に必要」(FUKUDA MAKOTOさんのツイートより)

櫻井よしこ氏「安倍総理が本当に理不尽な形で暗殺されてしまった。本当は安倍総理が何故に殺されなければならなかったのか、犯人の背景はなんなのか等、いろいろなことを調べなければならなかったのに、メディアが、統一教会関連の組織とどういうふうに関わっていたのかということに焦点を当てて報道をしている」

高市早苗大臣「多くの方がショックを受け、安倍元総理を偲び、偉大だった功績に思いを馳せていたのが、何か最近空気が変わったというか、国葬に対しても国葬儀を行うことに対しても最初は好意的な世論であったのに、今や反対が上回るということは信じ難い」

櫻井よしこ氏「国葬儀で安倍総理を送ることが一番いい形だと思うが、時が経つにつれて反対の意見が増えてきた。これは報道に大きな責任があると思う」

ネットの声
現状のマスゴミには消えて欲しい

共産党が初めに火をつけ立憲が食いつきマスコミが一斉に追いかける図式。

マスゴミに対しては怒りしか湧かない。コロナ報道といい、テレビなんか見ているから日本人の痴呆化が進行する。あんなくだらないバラエティー番組は日本でしかやってない。

世界の指導者に愛されインドが喪に服すまでその功績を称えたのに同じ日本人として恥ずかしい限り。

お金がかかるとか言う人がいるが、2億5千万円。70兆円を無駄に使ったコロナ費用のゴミの費用。世界の安倍総理をおくるのに高いはずがない。

国葬儀反対が上回っている訳では無いと思います。そういう風に誘導されたことが目立っているだけ。

メディアの馬鹿さ加減が今浮き彫りになってきています。洗脳装置に騙されるのは年寄りの情弱に多い。国葬反対もコロナ肯定も主に年寄り。

 

0 Shares