小野寺元防衛相、反撃能力の早期保持へ検討促す

0 Shares

小野寺元防衛相、反撃能力の早期保持へ検討促す 中国弾道ミサイルで

記事によると…
・自民党の安全保障調査会長を務める小野寺五典元防衛相は5日、自民党の政調、外交部会・外交調査会合同会議で、ペロシ米下院議長の訪問を受けて中国が実施した軍事演習で弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを受け、政府に対して早期の反撃能力保持の検討を促した。

小野寺氏は会合の冒頭で、政府が年末までの策定を目指す防衛3文書と防衛力強化について「進んでいない、ぜひ急いで進めてほしい」と指摘。その上で「日本は何もしていないのに中国が日本のEEZに弾道ミサイル撃ちこむ状況になった。与那国を含めわが国国民は非常に不安に思っている」とし、「しっかりした防衛力・特に反撃能力の保持について、一刻も早く政府として方針を決め整備に当たって欲しい」と呼び掛けた。

https://jp.reuters.com/article/onodera-china-idJPKBN2PB0CC

小野寺五典

小野寺 五典は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、衆議院情報監視審査会長、自由民主党広報本部長代理。旧姓は熊谷。 外務大臣政務官、外務副大臣、防衛大臣、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自由民主党政務調査会長代理、自由民主党宮城県連会長等を歴任した。 気仙沼市長を務めた小野寺信雄は義父。
生年月日: 1960年5月5日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント
・何かもう、頼りになるの小野寺さんと佐藤さんしかいないわ。でも、お二人共政府に入ってないし。

・岸田派なのに不遇な小野寺議員。

・疑問なのがその発射したミサイルどうしてんだろう…ちゃんと回収してるんだろうか?でないと海洋ゴミなんてレベルの話じゃないと思うのだが…🤔

・よろしくお願いします

・検討だけにしないでね。

・実弾撃ってんだから速く実弾用意しないと北京と上海狙わなきやだめだわ

・まともなこと言ってくれる政治家は安心できる。

0 Shares