安倍元首相葬儀で麻生氏「私の弔辞、読んでほしかった」「日本を思い、国益を最優先する信念が先生と私をつなぐ絆だった」/ネット「また麻生さんが泣かせる・・」

0 Shares

安倍元首相葬儀で麻生氏「私の弔辞、読んでほしかった」

自民党の麻生太郎副総裁は12日、銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の葬儀で弔辞を述べた。安倍氏の遺影を前に「正直申し上げて、私の弔辞を安倍先生に話していただくつもりだった。無念です」と語りかけた。

「いかなる局面でも日本という国を思い、国益を最優先する信念が、先生と私をつなぐ絆だった」と振り返った。「各国が進むべき羅針盤を必要とする今このときに、あなたを失ってしまったことは日本という国家の大きな損失だ」と盟友の死を悼んだ。

「私もそのうち、そちらに参りますので、これまで以上に冗談を言いながら楽しく語り合えるのを楽しみにしている」と呼びかけた。

安倍氏の妻、昭恵さんは謝辞で「主人は麻生先生のことを本当に憧れていたので、喜んでいると思う」とこたえていた。

ネットの声
また麻生さんが泣かせることを言う。せっかく乾いた涙がまた溢れてきました。

こんなん泣くわ・・

人生は理不尽だ。。こんないい人が、こんなに国を想う人がなくなるなんて。。

今まで現実感なくて、どこか違う世界の話って感じだったんだけど、これはもう無理だ。一気に来る。。

うう、これは泣いちゃうな。麻生さんもムリしないで。

泣いた。こんなに泣いたのは親が亡くなって以来だ。

ただただ、悔しくて泣けてくる

麻生安倍中川の3人で自分が最後になろうとは当人には予想だにしなかっただろうに。。。

0 Shares